uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「悩め!マット・デイモン!」のコーナー。

<<   作成日時 : 2004/10/08 21:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像
太陽がいっぱい」について
私は『リプリー』をちょっと前に映画館で見ました。
マット・デイモン主演と聞いて、
見に行かずにはいられなかったのです。

アラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』のリメイクということでしたが、
『太陽がいっぱい』を見たことがなかったので、
まったく予備知識ゼロで見ました。
ある知識は、光GENJIの「太陽がいっぱい」だけです。

さて内容ですが、マット・デイモン好きの私としては、
マット・デイモンらしさがよく出ていたと思います。
マット・デイモンが当時よくやっていた役は、
頭はキレるが社会になじめなかったり、
境遇に恵まれていなかったりで、
思い悩んで迷走する感じが多かった気がします。
グッド・ウィル・ハンティング』でもそうでしたね。
こういった役をやらせると、彼は実に繊細に演じ上げます。
ただ、そういった「天才」の役しかやりたくなかったのかな、
と思ってしまう節もありますが。

この『リプリー』でも、そんなマット・デイモンらしさが伏し目がちに爆発。
おぼっちゃま・ジュード・ロウへの、ゆがんだ嫉妬と欲望。
マット・デイモンの迷走っぷりは、
ビーチでジュード・ロウとグウィネス・パルトロウに出会うシーンでの、
彼のあの異様な肌の白さにも十分表れています。
スケソウダラのようなあのボディーは、
ちょっと箸を通せば簡単に身が皮からほぐれそうな勢いです。

『太陽がいっぱい』の方が評価の高い意見が多いようですが、
見ていない私にとっては十分楽しめました。
ラストの終わり方も心にずっしり残る、印象的なものです。
ただもう一回見ろと言われたら、重くてちょっとヘビーかも知れません。

正直言って、男前とはいえないマット・デイモンですが、
それが逆にどの映画でも良い効果を生んでいる気がします。
トム・リプリー役をブラピではできません。
ブラピはあんなに悩んじゃいけません。あくまで「♪ごーまりさぉん」です。
ラッセル・クロウとかがやったらかなり面白い気がします。
もしビーチでジュード・ロウとグウィネス・パルトロウがいるとこに彼が現れたら、
どう見ても、

「その女をよこしやがれ!!」

みたいな雰囲気ですから。
一緒に住むなんて流れには絶対になりません。
レオナルド・ディカプリオなんかは、本当はああいう役がはまるかもしれません。

私は性格的によく考え込んでしまうタイプですから、
マット・デイモンの演じるような役柄に共感してしまう部分もあるのかもしれません。
そんなマット・デイモンが、ちょっと前、
ボーン・アイデンティティー
というサスペンス・アクションに挑戦しました。

「やだ!!こんなのマット・デイモンじゃない!!」

あんなに動いちゃダメなんです、
あんなにやっつけちゃダメなんです、マット・デイモンはぁ!!

ただこの映画にあたり、肉体改造をはかり、見事に新境地を開拓した彼は立派です。
スリル満点の見事な娯楽映画に仕上がっています。
ただ、

「やだ!!こんなのマット・デイモンじゃない!!」

でも、次回作『ボーン・サプレマシー』もたぶん映画館で見ます。

最後に、
時々日本のメディアなどで、マット・デイモンの代表作が、
『プライベート・ライアン』などと書いてあったりしますが、
あれはやめていただきたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめましてm(__)mネットの波に乗ってたどり着きました。
こんなに熱くマット・デイモンを語っていただいて、ちょっと感激(笑)
嬉しくてつい足跡を残しました。また立ち寄らせていただきます。
http://homepage2.nifty.com/~misa/mattdamon.html
みーちゃん
2005/01/13 19:52
みーちゃんさん、はじめまして!
ホームページのぞかせていただきました!すごかったです!!
マット・デイモンへの愛が感じられます!
私はこの映画のマット・デイモンが一番忘れられないかもしれません。
今、来日してますよね〜☆
『ボーン・スプレマシー』も『オーシャンズ12』も楽しみ。
というか、「サプレマシー」ではなく「スプレマシー」になんですね。
uchi-a
2005/01/13 20:12
みーちゃんへの「さん」は無しでお願いしますm(__)m
洋画のタイトルとか俳優名の英語をカタカナにするのに無理があるんです(笑)
え?えっ〜〜??!!マット君、日本にいるの?
知らなかった(^O^;;・・・どうせ田舎住まいだから、会いにも行けないし(涙)
みーちゃん
2005/01/13 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
「悩め!マット・デイモン!」のコーナー。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる