uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『アダプテーション』は衝撃だった。

<<   作成日時 : 2004/10/21 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

さっきラ・テ欄を見たら、
今日の木曜洋画劇場は、『オクトパス』でした。
巨大なタコが船を襲うという、『ジョーズ』のタコ版のような話なのですが、
そのラテ欄が笑えました。

木曜洋画劇場
00『オクトパス』
(2000年・米)
〜中略〜

[声]藤原啓治▽巨大タコが原
潜撃沈!デカいにも程がある!!


『デカいにも程がある!!』

…なんだそりゃ。
この映画は前にもテレビ朝日かなんかで放送したことがありました。
前に見た方はわかると思いますが、
たしかに「たこデカすぎ」です。
にしても、放送する局側が最初からツッこんでどうすんだよ!
内容とかそんなことよりも、「タコのデカさ」を強調してますからね。
前に放送された時、私はザッピングしながら見てたのですが、
(というか、ほとんど見てなかった)
後半タコが出てくるシーンを見た時はすごかったです。
すごいですよ、あのタコのシーン!ある意味すごいです。
今回も私は、タコが出るシーンだけを狙って見たいと思います。

さて、そんなこととは関係なく、今日は、
アダプテーション』を取り上げます。
マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズ&チャーリー・カウフマンの作品で、
主役がニコラス・ケイジ演じるチャーリー・カウフマンというすごい設定。
ポスターやスタッフ、設定から見て、
シュールな感じで笑える映画かなと思い、シネマライズへふら〜っと行ったのですが、
見終わった時の私は、あまりの衝撃にぐったりしてしまいました。
前半は結構期待通りな展開で、悩む脚本家の心理が描かれていますが、
とにかく後半の後半で急展開していきます。
これだけ前後半でトーンが変わる映画もめずらしいです。

今まで見た映画の中で、これだけ途中でまったく違うような映画に変貌した作品は、
フロム・ダスク・ティル・ドーン
以来です。
私は『フロム・ダスク…』をビデオで見ていて、ある瞬間に思わず、

「なんじゃそりゃ!!」

と叫んでしまいました。

「今までなんだったんだよ!!」

って感じです。見たことない人は見てみてください。
まるで、前半はなかったかのような展開です。
見所はその瞬間と、タランティーノがあまりにもあっさり死ぬところです。
たぶん作った人は相当楽しかっただろうと思います。
映画ファンの中では賛否両論かと思いますが、
私は好きです。こういう人たち好きです。
お笑い的に言うと、「すかし」みたいな感じかなぁ。
マルホランド・ドライブ』も同じ感じですね。

その点、『アダプテーション』のストーリーはまだつながりがあります。
ただ後半の後半あたりから映画の質がかわり、
一転してドキドキなサスペンスタッチになっていきます。
私は前半の比較的ゆったりとしたテンションでかなり油断していたため、
後半の展開には、例えるなら、
小学校の時、放課後に自分のスニーカーを誰かに隠された時のような衝撃で、
最後にはもはや酸欠状態になっていて、いそいそと上履きで帰るしかありませんでした。

「すごいの見ちゃったなぁ」

が私の正直な感想です。

ちなみにストーリーに関してはうまく説明できません。
現実と空想が混ざり合って、ちゃんと整理するのが困難でしょう。
是非もう一回見てみたい作品ですが、
後半のドキドキは、ジェットコースター嫌いの私としては少々怖いです。
そう、最後の最後で急降下みたいな展開です。
ディズニー・シーの『センター・オブ・ジ・アース』みたいな感じでしょうか。

…うん、ちょっと違うかな。

普通の映画に飽き飽きしてきた方は是非ご覧ください。
そんなこんなで、『オクトパス』やってますね。
タコです。タコなんです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パトリシアの全裸…『ヒューマン・ネイチュア』
「『アダプテーション』は衝撃だった。」について 『アダプテーション』を書いている時に思い出しましたが、 ちょい前に『ヒューマン・ネイチュア』という映画を見ました。 これも『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズと、 チャーリー・カウフマンのコンビの作品ですが、 スパイク・ジョーンズは製作に専念しております。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ@WebryBlog
2004/10/26 23:24
節分〜フロム・ダスク・ティル・ドーン(96・米)
2月3日は節分ですね。丸ごとの巻き寿司に無言でかぶりつきながら、 このページをお読みの方も多いことでしょう。(いないって) ...続きを見る
毎日が映画記念日@WebryBlog
2005/02/03 00:47
『シネマ坊主2』坊主
「松本人志・『シネマ坊主2』」について さて、前回お伝えしたとおり、 松ちゃんの『シネマ坊主2』を読みつつ、 いろいろ語ってみようと思います。 映画とそして、松ちゃん評について、 ゆるいテンションでいきたいと思います。 ちなみに松ちゃんと言っても、 松ヶ根親方のことではないので気をつけてください。 松ヶ根親方じゃない方の松ちゃん、そうダウンタウンの松本人志です。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2005/08/18 20:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
『フロム・ダスク・・・』以来の、衝撃でしたか?
う〜ん・・どんなだろう?私も、ジェット・コースターは
苦手なんですよね。でも、見てみたい気もするし・・
病み上がりには、キツイでしょうか?
くるぶし
2004/10/22 19:57
こんばんは!くるぶしさん、再びコメントありがとうございます!
『フロムダスク…』はいきなり落とし穴にはまる感じですが、
『アダプテーション』はジェットコースターというか、
途中からスピードが2倍速になるというか…。
最後は結構来ますので、んー…健康な時の方がいいかも!?
ただ面白い映画ですよ!
uchi-a
2004/10/22 20:58
テレビ欄を見て、私も思わず笑ってしまいました。 どんなに大きいのかな〜って、想像をさせてしまい、ついでに見てみようかなあという気にさせます。座布団1枚〜。笑
クローバー
2004/10/23 13:44
クローバー様、毎度ご訪問&コメントありがとうございます!
あのテレビ欄、私としてはかなりハイセンスだと思いました。
見ますよね、あれは!
uchi-a
2004/10/23 21:06
はじめまして。自分のブログにフロム・ダスク・ティル・ドーンの感想を書いたので、トラックバックさせてもらいました。この映画私もけっこう好きです。
見たときは「なんじゃこれ」と思ったのですが、なぜか忘れられない・・・。
ぴむ
2005/02/03 00:50
はじめまして!
私からもトラックバックさせていただきました!
アダプテーションですか??
なんか軽い気持ちで見に行ったら、かなりヘビーでした。
すごい作品だとおもいますけど。傑作です。
「エターナル・サンシャイン」はそんな感じじゃないようですね(笑)
uchi-a
2005/02/03 01:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『アダプテーション』は衝撃だった。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる