uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ブ」と「ヴ」とか、「デップ」と「ディップ」の話。

<<   作成日時 : 2004/11/24 20:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サイトによって、ウッディ・アレンのことを、
「ウディ・アレン」
と書いてあったりなかったりしますが、
あれはどちらが正解なんでしょう。
どちらもありなんでしょうか?
英語をカタカナにすると、検索かける時とかとても不便です。
「ジョニー・ディップ」って書いてあるのも見たことあります。
「ブ」「ヴ」とかもわかりません。
ケビン・スペイシーが、「ケヴィン・スペイシー」だったり。
アントニオ・バンデラスが「アントニオ・ヴァンデラス」だったり。
こないだは、「ラブ・アクチュアリー」か「ラヴ・アクチュアリー」なのかで悩みました。

ウディ・アレン、ジョニー・ディップ、ケヴィン・スペイシーとか言われると、
なんかしっくりきません、っていうか微妙にイライラするかも。
ちなみに私はFMのDJ(日本人)とかが、普通に日本語をしゃべっていて、
その間に入るカタカナ語を、わざわざ英語っぽくしゃべるのが大嫌いです。
わかりにくいでしょうか。
例えば、

「今週発売、平井堅さんのニュー・スィンゴーで…」

ムカツクー!!!!!
「スィンゴー」って!!「シングル」だよ!!
「シ・ン・グ・ル」!!

テニスの選手の名前とかっていろんな呼び方をします。
かつての男子の名選手、ステファン・エドバーグなんかは、
メディアによっては、「エドベリ」でした。
たぶんスウェーデンでは、「エドベリ」なんでしょう。
私は最初似た名前の別の選手だと思っていました。
坂井真紀と酒井美紀ぐらいな。
最近では、最初ドーキックって言っていたのに、「ドキッチ」になったり、
クリスタースだったのが、「クライシュテルス」になったり。

前なにかのスポーツ新聞を読んでいたら、
F1ドライバーの、「皇帝」ことミハエル・シューマッハのことを、

「ミヒャエル・シューマッヒャー」

と書いてありました。
確かにドイツ語の発音的には、「cher」は「ヒャー」と発音するため忠実ではありますが、
どうなんでしょう。なんか字面が良くないですよね。
少なくとも『皇帝』風ではないです。
なんか、引き気味に笑っているような気がしませんか。
だって、「ヒャー」ですよ。
すごいお調子者なイメージありませんか。
誰かが失敗したら、指さして「アヒャヒャヒャヒャー」とか言って笑いそうです。

「前田のやつ、牛乳頭からかぶってやんの!アヒャヒャヒャヒャヒャー」

超嫌なやつです。

ちょっと違いますが、マイケル・J・フォックスの「J」ってなんですか?
あそこにひょっとしてすごい長い言葉が集約されているのでしょうか?
本当はマイケル・ジェイムズウォーザースプーン・フォックスだったりするのでしょうか?
あるいは、『横浜・F・マリノス』のような、止むに止まれぬ深い事情でもあるのでしょうか?
本当はマイケル・フォックスとジャッキー・フォックスがいて、
ジャッキーが経営的にやばくなって、しょうがないから合併〜みたいな。
でもジャッキーファンもいるから、『J』は残すか!的な。

トビー・マグワイア?トビー・マクガイヤ?
わからない。

蔵野孝洋?ホンコン?
わからない。

謎は深まるばかりです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ブ」と「ヴ」とか、「デップ」と「ディップ」の話。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる