uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『レザボア・ドッグス』

<<   作成日時 : 2004/11/27 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

画像
レザボアドッグス?レザドアボッグス?
レザボアボックス?
一瞬すごい悩みました。
みなさんも言っているうちに、
どんどん混乱してくると思います。
マナカナぐらい混乱します。
最近斉藤祥太・慶太は、
だいぶ区別がつくようになって来ました。

ということで正解は、『レザボア・ドッグス』なのです。

「レザージャケットを着たBoAが、
     『VALENTI』を歌いながら犬たちに囲まれている」


と覚えてください。
途中の「『VALENTI』を歌いながら」ってとこは、入れても入れなくてもいいです。

さてこの映画を見るきっかけは、
以前このブログに頂いた書き込みでした。(『ウッディ・アレンには、ダメダメ男』
前からなかなか評判な映画だったので気にはなっていたんですが、
いいきっかけだったので見てみました。
なかなか魅力的な出演陣で、これがタランティーノ初監督作品です。

レストランでの食事。
黒いスーツに身を包んだ6人は、自分たちを色で呼び合っている。
ホワイト・オレンジ・ブラウン・ブルー・ブロンド・ピンク。
彼らはお互いの本当の名前を知らない。出身も。
彼らはジョーとエディの支持のもと、宝石強盗をたくらむが、
宝石店で警察の待ち伏せにあい、あっさり計画失敗。
逃げたメンバーは集合場所に集まり、
メンバーの中の誰かが警察とつながっているのでは、と考え始める。


このあらすじを書いていて思ったのですが、
考えれば考えるほど、実にシンプルな映画だということに気ずきました。
これ以上書いたらネタバレになります。

一見よく練られた話に見えますが、実にシンプル。
かといって単純という意味でもありません。
「ストレート」といった方がいいかも。

この映画を称して、よく「クール」という言葉が使われているようですが、
私は「クール」ともまた違う気がします。
出てくるキャラクターはサングラスに黒いスーツという姿でクールな感じですが、
男たちはどこか不器用な連中で、
ティム・ロスをかばうハーベイ・カイテルの姿とか、
冒頭のレストランのシーンで、チップという慣習を嫌うスティーブ・ブシェーミ、
マドンナの「ライク・ア・バージン」の歌詞について語るタランティーノなど、
みんな大人になりきれていない感がすごくあります。
あのガキっぽさは、「クール」とは違う気がします。
確かに銃撃戦もあるし、ちょっとバイオレンスなシーンもありますが、
それらと黒スーツを除けば、
私はこの映画は『青春映画』に近いと思ってしまうのです。

そしてこの映画、『フロム・ダスク・ティル・ドーン』『デスペラード』にも通じる、
いい意味での「あっけなさ」がありました。
この「あっけなさ」は私にとってはかなりな快感なのですが、
ダメな人には、「なんだそりゃ!終わりかい!」みたいな感じかもしれません。
でもあの「あっけなさ」が逆に臨場感を持たさせてくれます。
こういう演出はタランティーノ独特なものでしょう。
この映画において、特にこの「あっけなさ」を出すスパイスとなっているのは、
「雑談」です。
あの細かな「雑談」がストーリーに挟まれば挟まるほど、
余計にあっけなさが際立ってきて、
「あっけないフェチ」としてはたまりません。
そういう意味では「クール」かも。

それにしても、ティム・ロスかっこいい!
オープニングがメンバー紹介みたいな感じでかなりかっこいいんですが、
最後にティム・ロスが出てきて、画面下に、

「and Tim Roth」

って出た時は興奮でした。
実は私、今回これの他に、ティム・ロス主演の、
『神に選ばれし無敵の男』 
という映画もレンタルしてきたので楽しみです。
今度は『フォー・ルームス』にもチャレンジしたいと思います。
そしてハーベイ・カイテルも渋い!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レザボア・ドッグス
タランティーノの監督デビュー作。 宝石強盗をするために集められたお互いに素性を知らない6人のワル達。 実はこの中に裏切り者が出て、宝石強奪はしたものの身内・警察等に犠牲者を多発してしまった。 果たして誰が警察の密通者なのか?疑心暗鬼の中、ストーリーは進行していく。 ...続きを見る
多感な奴
2004/12/02 00:42
レザボアドッグスにみるタランティーノの真髄
どうもはじめまして。主にデザインを担当しているDon-Chuckです。 私は映画や音楽のことを書いていきたいと思います。 ...続きを見る
★期間限定NYOI出張所★ クラウドの...
2005/10/16 04:30
レザボアドッグスにみるタランティーノの真髄
どうもはじめまして。主にデザインを担当しているDon-Chuckです。 私は映画や音楽のことを書いていきたいと思います。 ...続きを見る
★期間限定NYOI出張所★ クラウドの...
2005/10/16 04:31
レザボアドッグスにみるタランティーノの真髄
どうもはじめまして。主にデザインを担当しているDon-Chuckです。 私は映画や音楽のことを書いていきたいと思います。 ...続きを見る
★期間限定NYOI出張所★ クラウドの...
2005/10/16 04:32
僕がクエンティン・タランティーノを嫌いになった訳
前の記事の続きで今日は  クエンティン・タランティーノ について書きます。 彼も昨日のティム・バートン同様、好きになったり嫌いになったりの 浮き沈みが非常に激しかった映画監督です。 ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2006/10/26 22:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメントありがとうございました。
「パルプ・フィクション」はティム・ロスもハーベイ・カイテルも出てますよ。
また来ますねー。
多感な奴
2004/12/02 21:46
こちらこそありがとうございます!
「パルプフィクション」、近いうちチェックしたいと思います!!
またお越しくださ〜い!
uchi-a
2004/12/02 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
『レザボア・ドッグス』 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる