uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 高田純次、おそるべし。

<<   作成日時 : 2004/11/29 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

さっきまで『東京フレンドパーク2』を見てました。
今日のゲストは高田純次さんとユンソナ。
高田純次57歳、素敵すぎます。
とにかく若い。
最初のジャンプのやつで、2回とも50・40でした。
あとなんか球が落ちてきて、シーソーみたいのでガッタンガッタンってやるやつもクリアしてました。
とても57歳とは思えません。
私も30年後くらいにこうなっていたらなんて素晴らしいんでしょう。
かなり難しいことだと思いますが。

子供の頃はじめてみた高田純次さんはまだ40歳になるかならないかだと思いますが、
あの頃となにもかわってないのがすごいです。
私がはじめて見た高田純次さんは、もちろん『元気が出るテレビ』でした。
あの番組は今考えるともはや、「高田純次さんのもの」と言っても過言ではなかったです。
『早朝バズーカ』シリーズや清川虹子の指輪を飲み込んでみたり…。
今の彼は多少ソフトですが、基本的にはあの頃のスタンスのままです。
たいていみんな少しは変わっていくものですが、
あれだけ昔と変わらない人は、高田純次さんと関根勤(ラビー)さんくらいです。

今日の番組を見ながら、高田純次さんの若さの秘訣をいろいろと考えてみました。
そして最終的に出た結論は、
「常になにか言っている」
ということでした。
言っている内容に実があるかどうかは別にして。
そのうえ今日は常にせわしなく動いてました。
あれだけせわしなくしていれば、いい運動になります。
でもただなにか言うにしても、
知識がなければ言葉は空っぽになってしまい、
言うこともなくなってしまいます。
その点高田さんは、結構最近の流行とかにも敏感なようですし、
多分情報収集能力はかなり鋭いものと思われます。
つまり、高田純次に学ぶ若さを保つ方法とは、

「常に社会にアンテナをはり、そしてしゃべり続ける」

だと思います。

どうでもいいけど、この番組出てみたいですね。
出てみたい番組ベスト1はこれです。
音楽聴いてピカピカ光ってるとこを押すやつがやりたいです。
普段携帯で『太鼓の達人』をやり尽くしている私として、たぶん相当いけると思います。
ホッケーは恵さんサイドをせめればなんとかなると思っています。
あと、出てみたい番組2位は、『クイズミリオネア』。3位は『トップランナー』
ミリオネアは、確実に100万持って帰る自信があります。
『トップランナー』は、なんかよくないですか?トップランナー!って感じで。
ともあれ、2位は別として、1・3位はなにかのジャンルで有名にならなければいけません。
なにがいいですかね。
芸能人とかスポーツ選手とかは無理っぽいので、
あとはエッセイストでもなりますか。
『サッパリ!』みたいな本を出して。

「本屋に行って、『こち亀』の75巻と76巻の位置を入れ替えてみる」…サッパリ!

「いつもと違うタイプのヅラをかぶってみる」…サッパリ!


みたいな。
あ、いいかもこの本。

「カセットテープを、ボールペンだけで全部巻き戻してみる」…サッパリ!

「人目も気にせず、電信柱に登れるだけ登ってみる」…サッパリ!

「『人生ゲーム』のお金を部屋にばらまいてみる」…サッパリ!


あ、やっぱりいいかもこの本。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高田純次の集中力は30分らしい♪
「高田純次、おそるべし。」について ええ、大好きですね、高田順次♪ えせ笑顔大好きです。私の高校時代の友達のあだ名は「高田順次」でした。 どんな人物かはすぐわかりますよね。友達は女の子です。 ...続きを見る
涼・微量・微妙@WebryBlog
2004/11/30 13:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高田純次、おそるべし。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる