uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 来年見たい映画。

<<   作成日時 : 2004/12/23 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2004年もあと少しで終わり。
グッバイ2004。アディオス2004。
とはいうものの、
今年は特に良いことない一年でした。
むしろ「やや悪かった」かもしれません。
農業の指数で言ったら96くらいのデキでした。
でもとりあえず生きていただけよかったです。
ありがとうニッポン。
さて前回、『uchi-aが選ぶ・2004年映画ベスト5』を発表しましたが、
今回は、『来年公開の映画で、私が今観たいと思っている映画』について、
何本かご紹介したいと思います。
はるか昔から、

「来年の話をすると、セルジオ越後が笑う」

との迷信もありますが、
かまわず発表したいと思います。

まずひとつめは、あのジョニー・デップ様主演、
来年年明けに公開される、

『ネバーランド』


この映画、結構評価が高いようですね。
今日、友達に、
「『ネバーランド』見たいんだよね〜。」
って言ったら、
「マイケル!?ジャクソンの!?」
って言われました。
そっちの『ネバーランド』じゃないし。
私はあのヘリコプターからの空撮映像でお腹いっぱいです。
ていうか、入るのこわいし。

永遠の名作・『ピーター・パン』ができるまでの、
原作者バリとある少年の物語。
ジョニデ様は相変わらず美しい顔をしておられます。
サイトやポスター・広告看板などの写真を見る限り、
これだけちゃんとした(?)格好をしているジョニデは、『ニック・オブ・タイム』のパパ役以来でしょう。
今回も『シークレット・ウインドゥ』に続いて、作家の役のジョニー・デップですが、
あれとは違う感じです。かなり違います。
ジョニー・デップは、思い悩んでいる役もうまいですが、
一番合っているのは、

『子供みたいで、夢を追いかけている役。しかもかっこいい役』

だと思います。(別に『森田健作みたいな役』という意味ではありません。)
『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジャック・スパロウ役や、
『エド・ウッド』のエド役も、自分の夢を追いかけている感じでしたよね。
今回もイントロダクションなどを読む限り、そんな感じのように見えるのですが。どうでしょうか。

さらに他に、ケイト・ウインスレットも出演しています。
『タイタニック』で一躍スターになった彼女。
一時低迷したものの、『アイリス』、『ライフ・オブ・デビッドゲイル』などで、
演技派女優への脱皮に成功しています。私のフェイバリット女優のひとり。
そして、ダスティン・ホフマン・・・。もはや鼻血ブーです。
私は結構キャストで映画を見てしまうところがあるので、
これだけ私のツボの俳優がそろえば、多少の鼻出血も致し方ありません。
まず、確実に映画館に足を運ぶことでしょう。


続いては、またしても私の好きなジム・キャリー様主演の、

『エターナル・サンシャイン』


こちらもかなりの前評判の高さ。
いや、『ネバーランド』以上かもしれません。

テーマは恋愛。
「クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」

終わった恋を「捨てきった」彼女と、「捨て切れなかった」彼のラブストーリー。

主演はご存知、ジム・キャリー(ジョエル)。
『ブルース・オールマイティ』で再び存在感をしめした彼が、ラブストーリーに挑戦。
そして相手役は、な、なんと!またしてもケイト・ウインスレット(クレメンタイン)!!
ケイト・ウインスレット当たり年です!
それに加えて「フロド」ことイライジャ・ウッドに、
『スパイダーマン』のキルティン・ダンストという旬な2人。
贅沢なキャスティングです。

しかしこの映画、キャストもさることながら、
やっぱりストーリーにかなりひきつけられます。
脚本があのチャーリー・カウフマン!
当然さまざまな仕掛けがあることでしょう。
下手したら、
「イライジャの穴にイライジャが入って、イライジャイライジャ。」
みたいなことも十分ありえます。
(でも結構静かな感じの雰囲気の映画だとか。)
とにかく設定からして魅力的。
そしてそこにジム・キャリーが絡むわけですから、
面白くないわけありません!
いいダシにいい麺がからめば、まずいわけがないのです!
(期待しすぎはよくありませんが。)
これも確実に、絶対に見に行きます。そして泣くかもしれません。
*さらに詳しくは、「アカデミー最有力?!ゴールデン・グローブ賞ノミネート発表!」で

3つめは、『オーシャンズ12』
これは言わずもがなでしょう。
こちらは『オーシャンズ12』のとこを読んでください。
全く説明になってないので、さぞ驚くことでしょう。

そして最後に番外。

『チャーリー・アンド・チョコレートファクトリー』(原題)


こちらはちょっと先で2005年の夏に公開。
久々のティム・バートン&ジョニデコンビ復活
そしてそのあらすじもこのコンビにぴったり。
児童文学が原作らしいのですが、
ジョニデはお菓子作りの天才で、チョコレート工場の所有者役。
いったいどんなチョコレート工場なんでしょうか。
まだ日本の公式サイトもオープンしていないですし、
ゆっくり楽しみにしていたいと思います。
っていうか、このポスターかっこいい!!

ということで、セルジオが腹をかかえて、
リビングの真ん中で転げまわって大爆笑したところで、
今日はお開きにしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネバーランド
永遠の瞬間を失わないためにある、 心の隠れ家“ネバーランド” そこでは誰もが、い ...続きを見る
エンタメ!ブレイク?
2005/01/06 03:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
で、早速のツッコミで申し訳ありませんが
『エターナル・サンシャイン』の監督はミシェル・ゴンドリーさん。
チャーリー・カフマンさんは脚本です。

いきなりでこんなけの書き込みで失礼しました。。。
SKIP
2004/12/24 03:40
SKIPさん、はじめまして!!
なっ!?本当だ!!うっかりしてました!!
わかっていたことなのに…。
ご指摘ありがとうございました!!
修正しておきます!!
uchi-a
2004/12/24 10:00
そうですよね、やはりご存知ですよね。
失礼な書き込みでしたので
uchi-aさんさえよろしければ削除して下さい。
新たになにか書き込みします。
SKIP
2004/12/28 01:32
いやいや!
SKIP様の指摘がなければ、
まったく間違いに気づきませんでしたよ!!
これからもこんなブログですが見てやってください!
そしてまたなにか見つけたらご一報ください!!
uchi-a
2004/12/28 15:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
来年見たい映画。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる