uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに…『ネバーランド』!

<<   作成日時 : 2005/01/31 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 19

画像
さてさて、私事で恐縮なのですが、
昨日1月30日は私、誕生日でした。
つまり言い方をかえれば、26年前の昨日、
私の母はちょうど産気づいたということになります。
これはすさまじいことです。

こんな微妙な年齢になった私ですが、
最近はジムに通うなどして、
老化防止につとめています。
そんな理由からでもありませんが、
今日は私、ついに、
『ネバーランド』
を見てまいりました。
ジョニー・デップ最新作!

行った劇場は日比谷映画。
入ってみると入口に右上のようなものが。
でもなんか知らないですけど、その存在に気付いたのは、
映画を見終わった後。
入る時はなぜか気付きませんでした。
なんでも映画の中でジョニデが着ていた衣装そのものだとか。ビックリ。
この衣装を見ても、やっぱりジョニデはそんなに大きい人ではないんだなわかります。
この隣にはケイト・ウインスレットが来ていた衣装も展示。
ちょっとドキドキしました。

見る前、いつものジョニデ映画を見に行くよりも、
実は若干期待薄な感じでした。
期待度では『シークレット・ウインドウ』を見る前の方がドキドキしていたかもしれません。
おそらく、その『シークレット・ウインドウ』が私にとってイマイチだったのと、
予告などを見た段階では、なんかいつものジョニデに比べると、
普通の人っぽい感じに見えたからです。
でも逆に言えばこのテンションは、
映画を見る前としては、程よく適したテンションな気もします。
だいたい期待して見に行く映画は、無駄にハードルがあがるものです。

劇作家・ジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、新作の出来が芳しくなく、
新聞や批評家からたたかれた。
ある日、バリがふらふらと犬と散歩をしていると、
公園である家族に出会う。
母親シルヴィア(ケイト・ウインスレット)と子供4人のその家族はバリとすぐに仲良くなるが、
兄弟の三男・ピーター(フレディ・ハイモア)は、
バリの非現実的な話に耳を傾けようとしない。
ピーターや一家には、父の死別という暗い過去があったのだ。
バリはそんなピーターを自分の過去と重ね合わせ、心を開こうとする・・・。
永遠の名作『ピーター・パン』が生まれるまでを、
バリとピーターの交流を通じて描く。


まず率直に見た感想ですが、

すいません、また泣きました。

ジョニー・デップ、相変わらずかっこいいですが、
それに加えて説得力のある演技が光りました。
一時は『怪優』というニックネームまでも頂戴していたジョニデですが、
年齢や実績を重ねたからか、今回の映画では「渋さ」が感じられ、
なにかピーターに語りかけているようでいながら、
実は我々観客に訴えてきているような、そんな説得力がありました。

「僕にピッタリの役だと本能的に感じた」と語るジョニデですが、そんな気持ちになったのも、
「演じること」、そして「映画そのもの」を本当に愛しているからだと思います。
あまりにハマリ役だったからでしょうか、
若干「劇作家・バリ」という「役」よりも、「ジョニー・デップ」という「役者」が強くて、
一瞬、ジョニー・デップとピーターの話に見えたくらいです。
(ジョニー・デップファンの私が見たからなんでしょうか・・・)

いろんな番組の特集で、この『ネバーランド』でのジョニー・デップを特集していましたが、
(ちょっと前、『とくダネ』でジョニー・デップを特集していてビックリしました。
すごーいゆるーい特集でしたが。)
どの番組でも、

「めずらしくスーツ姿のジョニー・デップ」

のような取り上げられ方をしていましたが、
いざ見てみると、実際はそうでもないので、
ジョニー・デップファンの方、ご心配なく。
このへん、この映画でのジョニデの隠れた見せ場かも。
さすがジョニー・デップ、エンターテイナーです。
途中、「あの」映画のジョニーデップを彷彿とさせるシーンもあったりします。

そしてジョニー・デップはもちろんですが、
なんと言ってもこの映画でなくてはならない存在が、
ピーター役のフレディ・ハイモア少年です。

ポスト・ハーレイ・ジョエル・オズメントの呼び声高い彼ですが、
本当にうまいし、かわいいし、せつない顔です。
同じ「フレディ」でも、フレディ・マーキュリーとは大違いのフェイスです。胸毛もナッシングです。
ポスト・ハーレイ君と呼ばれるのも納得で、
顔見ただけで泣けてきそうな、実に卑怯な顔です。
あの顔で見つめられたら、
もし私が「父さん」だとしたら、思わずプラレールを山ほど買ってあげてしまうかもしれません。
JR渋谷駅を忠実に再現できるほどに、たくさんの車両とレールを買ってしまいそうです。
そしてダイヤブロックもたくさんあげて、
109Qフロントなんかも再現させてしまうかも。
ちなみにレゴだとちょっと高いので、あくまでダイヤブロックで。
次作『チャーリー&チョコレートファクトリー』でも、このフレディ少年はジョニデと共演。
今から楽しみです。

ところでこの映画を見て思ったのですが、
去年上映されたティム・バートン監督、ユアン・マクレガー主演の映画、

『ビッグ・フィッシュ』

と、テーマ性がかなりダブるものがあると思います。
『ビッグフィッシュ』は父と子という設定ですが、
訴えるテーマは同じではないでしょうか。
「夢を持つ」こと、そしてその夢が叶うか叶わないではなく、
「その夢を信じる」ことが大切でだと、どちらの映画も訴えているように感じました。
映画自体のテイストもそうですが、
ジョニー・デップとティム・バートンというつながりも考えると、
『ビッグ・フィッシュ』を見て感動した方なら、
きっと『ネバーランド』もいけると思います。

ということで、私も『ネバーランド』目指して、
これからも元気に、ジムに通いたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
初めての夫婦50割引
今年初めての映画鑑賞は・・・久々にふたりで(何年ぶりだろう?)。もちろんこの割 ...続きを見る
あのね・・・
2005/01/31 23:33
ネバーランド
20日に日比谷でジョニー・デップ主演の『ネバーランド』を観に行った。今回、ジョニデが演じるのは、あの「ピーターパン」の生みの親である劇作家のジェームズ・バリである。子供のように天真爛漫で、創造力あふれる作家という役柄は、今までジョニデが演じてきたイノセ ...続きを見る
Matsuno-FC Blog
2005/02/01 01:31
「ネバーランド」を観た★★★★☆
劇作家ジェームス・バリの「ピーター・パン」が出来るまでのサイドストーリーを映画化した物語。「ピーター・パン」と言えば・・・高校生の頃、女友達と一緒に、街の小さな映画館でリバイバル上映していた、ディズニー・アニメの「ピーターパン」を観に行ったことを思い出... ...続きを見る
FindingMovie映画っていいね♪
2005/02/01 01:52
ネバーランド
あらすじ 1903年のロンドン。劇作家ジェームズ・バリの新作の劇評は最悪だった。 ...続きを見る
素直な時間
2005/02/01 11:17
ネバーランド (映画館)
『ピーター、そこは夢がかなう場所なんだ。信じれば、必ず行ける。』 今年のアカデミー賞主要6部門ノミネート作品。主演男優優秀賞ノミネートのジョニデかっこよかった。最近はジョニデよりD.ワシントンとブラピの方が好きだった私ですが、「ネバーランド」観てジョニデ株がグンっと上がりました。なんて優しい演技をするのでしょうか。あの瞳に心を奪われました。 観ててピーターたちと一緒にバリにネバーランドに連れてってもらったような気がしました。優しい作品。 号泣とまでとはいかなかったけれど、鼻水がちと垂れるくらい感... ...続きを見る
ひるめし
2005/02/01 20:16
ファインディング・ネバーランド
 この作品は、12月1日、全米批評家協会作品賞を受賞しました。アカデミー賞へ向けての、賞レースの一番最初の賞です。 http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFRJAPAN-163852/index.html  シカゴでは、まだ街外れの小劇場で上映しているだけで、来週から街中の大きな劇 ...続きを見る
シカゴ発 映画の精神医学
2005/02/02 13:59
ネバーランド
この「ネバーランド」も12月の試写会で見た作品です。 ...続きを見る
欧風
2005/04/12 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
uchi-aさん、お誕生日だったのね(^O^)
夢を忘れない大人になれたことに・・・1日遅れの「おめでとう!」
みーちゃん
2005/01/31 23:29
二日遅れで…お誕生日おめでとうございます!
ハルク・ホーガンのような上腕二等筋目指して頑張ってください。
くじらの花子
2005/02/01 00:14
ありがとうございます!
これからも映画で大いに泣いていきたいと思います(笑)
uchi-a
2005/02/01 00:15
くじらの花子さま、お祝いありがとうございます!!
ホーガンめざして着ている黄色いランニングをやぶれるように頑張ります!
でも本当はマッチョはノーサンキューです(笑)
uchi-a
2005/02/01 00:17
TBありがとうございます。

僕も日比谷映画で観に行ったのですが、
ジョニデの着ていた服装があったとは知りませんでした。
映画観て、すぐに映画館をでちゃったからな〜。
惜しいことしたな〜。

ではでは。
誕生日おめでとうございます。(^0^)
まっつん
2005/02/01 01:39
誕生日おめ〜。
マッチョもいいよ〜マッチョも〜。
って俺はマッチョじゃないけどさ。
ホーク☆
2005/02/01 03:20
私もトラックバックさせていただきます。
ありがとうございました。

ほんと、いい映画でしたよね。
「ネバーランド」に出会えて、私もしあわせでした。

お誕生日おめでとうございます。
ジム、頑張ってくださいね。

プチネコ(素直な時間)
2005/02/01 11:26
出遅れた〜〜(笑)
お誕生日おめでとうございます!!!
これからの一年が良い年になりますように。

私も観ましたよ〜〜『ネバーランド』!
やっぱり泣きました。最後の「うるうる」には耐えられませんでした。
信じる事は自分の世界を作る事。妖精や大切な人を、信じ感じる事でその存在は永遠になるのです〜〜〜(T-T)
でもなかなか『信じ続ける』事は容易ではないですよね。。。
にゃ〜ご
2005/02/01 13:33
まっつんさん、コメント&お祝いありがとうございます!
あらら、あの衣装を見逃したのは痛いですね・・・。
外からでもちょっと見れるかも!?(笑)
また遊びに来てくださいな!
uchi-a
2005/02/01 20:13
ホーク☆さん、こんばんは!
マッチョが似合う人、似合わない人がいますが、
私はきっと似合わないのでしょう。
「ジムに通っている」という話を友人に話すと、大爆笑されます。
uchi-a
2005/02/01 20:15
プチネコさん、はじめまして!コメントありがとうございます!
「ネバーランド」、すごいビックリ!な場面はないですが、
ナチュラルな感じでよかったですよね!
お祝いありがとうございます。明日ジム行きます。
uchi-a
2005/02/01 20:17
にゃ〜ごさん、こんばんは&ありがとうです!
最後のシーン、印象的でしたねぇ。フレディ少年すごい。
『ビッグ・フィッシュ』は見ましたか!?まだだったら是非!
信じること、それが「素直さ」とか「やさしさ」とかにつながるのかも。
「信じる」=「自分に正直になる」ってことなのかも!?
uchi-a
2005/02/01 20:23
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。^^
とうとう年齢を明かしましたね。笑
26!まだまだ若いじゃないですかぁ!!(T∇T) ウウウ

りこ
2005/02/01 21:46
あっ、忘れてた・・
移転しました!!

http://riko.sunnyday.jp/

勝手にリンク貼ってますけど、もし不都合があればおっしゃってください。
りこ
2005/02/01 21:52
遅すぎですが、誕生日おめでとうございます〜!
「ネバーランド」私もあまり期待してなかったというか、
観に行く予定もない感じなんですが、良かったみたいですね〜。
どうしようかな。
「チャーリー&チョコレートファクトリー」は絶対観に行きます!
ティム・バートンというと「ビートルジュース」を思い出しますです。
ぷちもんち
2005/02/01 22:42
りこさん、誕生日お祝いありがとうございます!
そういえばちゃんと明かしていませんでしたね。ふふふ。

あ、移転している!!びっくり!!
じゃあ今度BBSに書き込みますよ!
「好きなBLOGさん」に入れてくれてありがとうございます!!!!
uchi-a
2005/02/01 22:53
ぷちもんちさん、ありがとうございま〜す!
「ネバーランド」いいですよ〜。感動できるし、ほんわかできるし。
反面、すごいびっくりな様子もないですが。
私も元々は、「チャーリー…」の方が気になっていたのです!はやくみたい!
…「ビートルジュース」、初耳です!
uchi-a
2005/02/01 22:57
「ビートルジュース」初耳でしたか!
私もあんまり内容は記憶にないんですが(笑)
たしか中学だったかなぁ、深夜にテレビが見たい年頃だったのか、
夜中にテレビつけたら、たまたま「ビートルジュース」をやってて、
寝ようと思いつつ、ついつい最後まで観てしまった映画です(笑)
主人公?の人がものすごく印象に残ってて、それだけは今でもはっきり思い出せます。
内容忘れてるし、もう一回見てみようかな〜。
ぷちもんち
2005/02/02 20:23
なんだかんだ言って初ティム・バートンは「シザーハンズ」だったので…。
今度調べてみますね!!
深夜にやってる映画をたまたまつけたら、
それからじっと見ちゃうことありますよね〜。
あ、またなんか記事にかけそう(笑)
uchi-a
2005/02/02 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに…『ネバーランド』! uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる