uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 無意味な映画。

<<   作成日時 : 2005/03/10 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

妄想好きな私としては、
いろんな映画を妄想するのはとても楽しいです。
こないだ書いた「夢のような映画」という記事も、
そういった私の妄想から発生した記事と言えます。
でもあれは比較的いろんな人に共感してもらえるお話。
言わば、表uchi-aです。
ということで、今日は裏uchi-a
『こんな映画を作りたいシリーズ』としては同じ系列ですが、
考え方や視点が180°違います。
今日の私の話に共感した方は、相当私と相性いいです。
そして相当なへそ曲がりと言えるでしょう。

私は基本的に、のどかなストーリーとかベタな話とか、結構好きな人間です。
しかしそれがすべてというわけではありません。
時には、ある種の『裏切り』も好きです。「そう来るか!」的な。
そういう感じの映画って、実際よくあります。
しかし今日お話する私の頭の中で妄想する映画というものは、もはや、

『裏切り』だけの映画』

です。
ひたすら見る側の想像の逆逆をついていく映画。
しかも世間一般で言う、「意外な展開」という意味での『裏切り』ではなく、
もっと無意味な『裏切り』。
どちらかと言うと、お笑いで言う『すかし』に近いものです。
笑ってしまうくらいに無意味な『裏切り』。
そういうことを考えるのが、困ったことに私は大好きなのです。
ああ、うまく言葉で説明できない・・・。

例えば私は、「平和な日常」とか、「お決まりのパターン」とか、
「幸せな家庭」とか、そういうものが、
あっさりと破壊されていることを想像するのが大好きなんです。
別に世の中に対するアンチテーゼでも、幸せに対する嫉妬でも、
平凡なハッピーじゃ物足りない、ということでもありません。
ただ見てみたいだけです。そういう無意味なものを。
逆に言えば混沌としているものが急に平穏になったり、
のほほんとさせたりすることも好きです。

具体的に言って、それはどういうものなのか、
実際にあるアニメやドラマなどを持ち出して、わかりやすく説明してみましょう。
例題として、アニメ・『サザエさん』。
これは『裏切り』どころ満載です。
私に「裏切ってください」と言わんばかりです。
まず誰しもが思いつく『裏切り』は、

『濡れ場』

でしょう。
『サザエさん』に「濡れ場」があったら・・・、これはみんな結構思いつくことでしょう。
ですがこういうありきたりの発想ではないです。
それに昼ドラっぽくって、ある意味ありきたりです。
もっと無意味な展開にしたいのです。

例えば、

「サザエさん、料理中にちょっと指を切る」

とか。
その日のサザエさんは、
どのシーンでも、左手のひとさし指のケガをずっと気にしています。
そしてそのケガは、まったくストーリーに影響しません。
伏線でもなんでもないのです。

あるいは、

「マスオさん、いつもよりちょっと無愛想」

とか。
たぶん仕事で疲れているんだと思います。
そしてこれも、まったくストーリーに影響しません。
これが原因で、サザエさんとマスオさんがケンカしたりもしません。
ただ、なんだかいつもより無愛想なのです。

あと、「なぜかその日の放送では、晩ご飯のシーンで波平の姿が見えない」、とか。
そしてそれに関する説明もまったくされないまま、その日の放送が終わり。
こういう、まったく『無意味な裏切り』を私の頭は欲しているのです。

昼ドラとかも例えやすいです。
例えば、
「うっ!」って口元を抑えて女性が洗面所にかけこめば、
大体その女性は妊娠してますが、

全然妊娠してません。

そしてその「妊娠していなかった」という事実すら、
ストーリーになんら影響しません。
「お、お前、お前まさか!!」のセリフすらないです。
でも「うっ!」の時に、それらしいBGMは入ります。

あるいはたいていドラマでは、
ヒロインが「ごほっごほっ」と咳き込んで道路とかでうずくまったら、
その人は2、3話後に病気で死ぬパターンが多いですが、それも、

単なる風邪。

でも必要以上にどのシーンでもうずくまります。
「大丈夫!?」
「大丈夫大丈夫。なんか最近咳が出るんだよね〜。風邪かなぁ。ははは。」

とかのやりとりもありますが、実際ただの風邪です。

端的に言えば、

ベタベタな伏線風のものがたくさん散りばめられていて、
それらがどれもまったく伏線じゃないという映画


が見てみたいのです。むしろ作りたいのです。
こういう映画は、ある意味こないだの『夢のような映画』よりも実現は困難でしょう。
そして映画自体のクオリティは落としたくないので、お金はかけたいです。

でもこんな映画、おそらく誰も作りません。
こんな映画の製作に関わった会社はすべて倒産することでしょう。
だから妄想の中だけでいつも楽しんでいる次第です。
さすがにこの妄想は誰も理解できないだろうなぁ。
でもいいです。
今日は誰にもわかってもらえなくていいです。
わからない方が正常です。

ちょっと違いますけど、
『ロード・オブ・ザ・リング』で、みんな道に迷ったままエンディングとか。
『ロッキー』で、最後反則勝ちとか。
『タイタニック』で、最後誰1人死なないとか。
今までなんだったんだ的なオチもいいなぁ。

ああ、見たい。
ビル・ゲイツかアブラモビッチかシェイク・モハメド殿下、
もしこのブログを読んでくれたら、ぜひこんな映画作ってみてください。
みんなお金持ってんだから、そんな金の使い方もたまにはいいじゃん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いやん、楽しい。
初回から臨月妊婦で登場してきて、最終回までに産まないで終わるってのもいいね。
同じ家に住む親子なのに、苗字が違うのに誰も不思議に思わないとかね。
もしお金持ちにお金を貰えることがあれば、その映画で意味なく雇ってください。
もちろん、何もしませんけど。ただただ雇ってください。

2005/03/10 23:19
はじめまして。
私は、単純明快な映画が好きなのですが、たまにワナに陥ることがあります。
「散歩する惑星」のような映画を観たとき、のように。
この映画は、無意味さに楽しさ感じるひとにはすごい面白い…と思います。
とにかく、変なひとしか出てきません。なにがどうなってるのか、
全然解説じみたシーンもありません。
私にとっては…つまらなくはなかった…のですが、やはり、見終わった後は
かなりくらくらきました。まだ観てないようでしたら、オススメします。
そうそう、観るときは、普通のSF映画だと自分に言い聞かせて観ると、
「裏切り」感倍増まちがいなし、です。
駄文失礼しました。では。
るなうー
2005/03/11 01:13
涼さん、もしそんなチャンスがあったら登用します。
終始意味のないものを作り上げましょう。

そしてランキング抜かれました。くそー(笑)
uchi-a
2005/03/11 11:29
るなうーさん、はじめまして!
「散歩する惑星」は初耳です。
無意味なんですね!?それは気になる…。
しかし実際そんな映画を2時間も見たら、
頭の中がおかしくなりそうです。

なんかピーター・セラーズのコメディが、
意味のないシーンが満載らしく、
とっても楽しいと小堺さんが前ラジオで言ってました。
見よう見ようと思っているのですが、なかなかタイミングなくて。
とっても気になっております。
ただ「コメディ」という時点で、多少意味を持ってしまいますが。
uchi-a
2005/03/11 11:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
無意味な映画。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる