uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 試写会 『エターナル・サンシャイン』・・・最高。

<<   作成日時 : 2005/03/15 01:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 22

画像
今日は試写会!
待望の『エターナル・サンシャイン』!!
ずっと昨年から見たかった映画でした。
先週、
『ロング・エンゲージメント』
の試写会も当選して見に行ったのですが、
あの試写会も今日と同じくJ-WAVEの試写会だったので、
先週の試写会に当たった段階で、
この映画の当選はあきらめていたのですが、
なんとこちらも当選でした!
ありがとう、エイティー・ワン・ポイン・トゥリー・ジェイウェイブ!

今日の会場は、汐留にある小さめのライブスペースみたいなところで、
先週の東京厚生年金会館とは大違い。
150人くらいしか入れないところで、すぐに満席状態。
自分では早めに行ったつもりだったんですけど、
なんとか前の方の席に座れた、と言った感じで、
「これは結構な倍率だったのでは!?」と思ってしまいました。
きっとよほど私の日ごろの行いがいいのでしょう。

ということで期待度120%で見に行ったのですが、
結論から言わせていただきますとね、


最高!!!!!


素敵な映画を見てしまいました・・・。



ジョエル(ジム・キャリー)はある朝、
会社に行きたくなくなり、ずる休みしてモントークに向かう。
寝起きの悪さと、朝つけられていた車の傷を見たのが原因。
するとモントークの海岸で、クレメンタイン(ケイト・ウインスレット)と出会う。
ちょっと気まぐれな彼女とジョエルは、すぐさま打ち解け、
二人は恋に落ちるが、やがてジョエルは興奮して、
クレメンタインにひどい言葉を言ってしまう。
そして傷ついたクレメンタインは、彼の記憶を消してしまう処置をうける。
ジョエルはそのことを知り、自らもクレメンタインの記憶を消す処置を受けるが、
処置中の無意識の頭の中で、クレメンタインとの記憶が消えていくのを見て、
徐々に気持ちが揺らぎ始める・・・。


アカデミー・脚本賞受賞も納得の、本当に素敵なラブストーリーでした!
あまりも素敵で最高だったので、これからこの文章、
5行ごとに『(最高。)』って入れていきたいと思います。

チャーリー・カウフマンはやはりすごい人です。
下調べの段階でこの映画は、
過去の彼の作品とは違う雰囲気、という話だったので、
いったいどんな仕上がりなんだろうと思っていたら、
しっかり彼らしさが残っていました。
(最高。)
『マルコヴィッチの穴』を思い起こさせるシーンもあったり、
『アダプテーション』のようなジェットコースター的なところもあったり。
でも、それらの要素がこれまでの映画のように全面に出ていなくて、
映画の中でのひとつの要素と言うか、歯車となって、
絶妙にストーリーの中に溶け込んでいるのです。
(最高。)
具体的にどこか『マルコヴィッチの穴』だったか、
どこが『アダプテーション』だったかと言いたいとこですが、
ネタバレになってしまうので内緒。

また今回、この映画をより面白くしているのが、
魅力的なキャスティングです。
(最高。)
まずは主役のジム・キャリー。
年を重ね、結構シワも増えてきて渋さも出てきた彼ですが、
今回はその『渋さ』が見事にハマりました。
脱・コメディーとして、以前に『マジェスティック』という映画に出ていましたが、
あの時はなんとなく違和感がありました。
(最高。)

しかし!
今回は見事。新たな一面を発揮しました。
『マジェスティック』では、彼の魅力でもあるあの過度な表現が、
盛り上げよう盛り上げようって感じに伝わってきてしまい、
私としては裏目に見えたのですが、
(最高。)
今回はいい感じに「自然」でした。
そしてその中に秘める熱い気持ちというものが、
いつものあの表現力で、場面場面でぐっと際立ってくるのです。

あのー。自分で言いだしてなんなんですが、
(最高。)←やめていいですか?
自分で書いてて大分ウザくなってきました。
「1,2,3,4,5」って5行数えるのがウザくなってきました。
やめます。今日限りでやめさせていただきます。

さて、相手役のケイト・ウインスレット!
さすがアカデミーにノミネートされただけある、素晴らしい存在感でした。
本当にいい女優さんです。
もう言うことないでしょう。間違いなく今が円熟期ではないでしょうか。
ファッションにも注目。

そして若手では、イライジャ・ウッドとキルティン・ダンストが出演。
例の人気シリーズで大スターとなった二人ですが、
この映画ではその「若さ」がいい味出しています。
イライジャ・ウッドは、とにかくダメな若者というかなんというか・・・。
ちょっと前まで指輪をどうしたこうしたしてた人とは思えません。
しかし、そのダメ加減がなかなかいい感じ。
(今回の映画では、特に最初の登場シーンを要チェックしといてください。)
キルティン・ダンストは物語の本筋とは一見関わりないように見えましたが、
この映画において、実にいいスパイスとなっています。

映画を見終わった後、私はよく、
「あの役を誰か他の人がやるなら誰がいいかな」
とか考えたりするんですが、
この映画に関しては、他のキャスティングではありえないぐらい、
それぞれが、それぞれの役にピタリとはまってました。
(キルティン・ダンストは、他の若手の女優さんでもいけたかな??)

「記憶を消す」と決心するも、
失っていく過程で彼女の存在の大きさを知るジョエル。
しかし記憶はひとつひとつ、新しいものから確実に消去されていく・・・。
その時、意識の中で彼がとった行動とは!?
現実と非現実が入り混じって、私はすっかりスクリーンのとりこ。
あっという間の107分でした。
最後の展開と結末もとても共感し、そして感動・・・。
掛け値なしに、uchi-aオススメ映画です!



*この映画の中の、後半の重要なあるシーンを見た時、
ダスティン・ホフマンのあの映画のような雰囲気で、
ケイト・ウインスレットがメリル・ストリープに見えてしまいました。
たぶん私だけでしょうねぇ。あそこでそんなこと思ったのは。



このシーンじゃないよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(21件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
また恋がしたくなる
さよならの代わりに記憶を消した ...続きを見る
こんなまいにち
2005/03/15 01:38
「エターナル・サンシャイン」試写会
&gt;「エターナル・サンシャイン」 脚本 チャリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴) 監督 ミシェル・ゴンドリー(ヒューマンネイチュア) CAST ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット ...続きを見る
ミチミチ
2005/03/15 01:38
エターナル・サンシャイン
誰かを愛し、たとえ傷ついても、 その瞬間を生きた証が、「記憶」という人生なのだろ ...続きを見る
エンタメ!ブレイク?
2005/03/16 12:13
「エターナル・サンシャイン」
「エターナル・サンシャイン」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。 あぁ、久しぶりに胸が一杯で何から書いていいのかわからない映画です(ので追記するかもしれません)。 チャーリー・カウフマンにミシェル・ゴンドリーと聞くと ...続きを見る
るるる的雑記帳
2005/03/17 22:59
「エターナル・サンシャイン」
 2004年/アメリカ  監督/ミシェル・ゴンドリー  出演/ジム・キャリー      ケイト・ウィンスレット      キルスティン・ダンスト      イライジャ・ウッド ...続きを見る
It's a wonderful cin...
2005/03/17 23:49
「エターナル・サンシャイン」Eternal Sunshine of the Spotless Min...
Qさまの計らいで観てきた。脚本チャーリー・カウフマンだもん、おもしろくないわけがない☆ 「こうだったりして」「ああだったりしてね」と悪ノリで書いてるなーという彼の特徴は1作目の「マルコビッチの穴」ほど顕著でない。監督は、ケミやカイリーのPVで有名なミシェル・ゴンドリーで、監督2作目。「ヒューマンネイチュア」はやっぱ脚本ありきって感じでめっちゃ笑った。2度同じ映画をみることは殆どないけど「マルコビッチの穴」と「ヒューマンネイチュア」は2度みた..というのは「アダプテーション」公開前の「カウフマン・... ...続きを見る
+ 星 見 閑 話 +
2005/03/17 23:54
映画2 エターナル・サンシャイン(2)
遂にコレクターズ・エディション(DVD2枚組)を買ってしまった。以前、一口レビューを書いた際に「Scientia est potentia? Pravda?」のころりさんに薦められて以来、気になっていたのだが、本当に好きな映画は手元に持っていたい病が出て購入。 &nbsp; まだ少ししか観てない ...続きを見る
Earthly pleasures:映画...
2005/03/20 15:11
映画2 Eternal Sunshine of the Spotless Mind エターナル サン...
好みは分かれるのかもしれないけど、僕はすごく好きです。絶賛に近いかも(珍しい・・・)。ファンタジーのような(もしかしたら近い未来で現実になるのか?)デバイスを使った、心情描写の上手い映画。ジムキャリーは過去最高の出来だと思うし、ケイト・ウィンスレットも今 ...続きを見る
Earthly pleasures:映画...
2005/03/20 15:26
エターナル・サンシャイン
実はこの作品のレビューに関して、自分の思っていることを全部書き記す為には、残念ながら現在の私では、英語力、映画知識力、撮影・編集技術解説力と、更には文章表現力が大いに欠如しているので無理である。だから、思ったことだけを羅列することにする。解釈の間違い等はお許し頂きたい。 ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2005/03/21 01:03
☆★★ 『エターナル・サンシャイン』観ました♪ ★★☆(画像...
   エターナル・サンシャインを観てきました☆   公開されるのを楽しみにしていた映画です。   ヒルズでは公開されないので   久しぶりにワーナー・マイカル・シネマズに行きました。   ちょっと文句言っちゃってもいいですか?   並ぶのが嫌なのでネッ... ...続きを見る
★SASASAWAのよくばり日記★★☆
2005/03/21 13:50
「エターナル・サンシャイン」鑑賞
ごくせん最終回まだ見てない! 石塚です。 ...続きを見る
壁紙担当者ブログ@WebryBlog
2005/03/23 02:01
「エターナル・サンシャイン」
先日観に行ってすでにリピーター状態。iTunes Music Storeでサントラを即買いしてしまった。なんだかカップル向けのチャラいオサレ映画っぽく宣伝されてるけど全然そういうのじゃないですよ。私は恋愛ドラマが苦手で誰が誰とくっついて〜奪い合って〜ゲットして〜とか観てると脱力してしまうんですが、これはシビアでいいです! 以前アカデミー賞の選考って地味なんじゃないか?てなことを書いたんだけどごめんなさい、私が間違ってました。大撤回!脚本賞にふさわしい!でもできれば俳優陣にも賞あげてほしかった。 ... ...続きを見る
お金のこと
2005/03/23 21:32
エターナル・サンシャイン
★本日の金言豆★日本銀行券(お札)に使われている色の数は、二千円札で15色、1万円と5千円が14色、千円が13色。 ”ハリウッドの個性派強面ハゲキャラスター”の中に入れる”穴”があったら何が起こる!?という超異色映画を世に送り出し、世の映画ファンを賞賛と混乱と不眠のどん底に& ...続きを見る
金言豆のブログ
2005/04/24 15:29
『シネマ坊主2』坊主
「松本人志・『シネマ坊主2』」について さて、前回お伝えしたとおり、 松ちゃんの『シネマ坊主2』を読みつつ、 いろいろ語ってみようと思います。 映画とそして、松ちゃん評について、 ゆるいテンションでいきたいと思います。 ちなみに松ちゃんと言っても、 松ヶ根親方のことではないので気をつけてください。 松ヶ根親方じゃない方の松ちゃん、そうダウンタウンの松本人志です。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2005/08/18 20:38
エターナル・サンシャイン 評価額・700円
●エターナル・サンシャインを鑑賞。 バレンタインデーを目前にしたある日、ジョエル ...続きを見る
Blog・キネマ文化論
2005/09/08 14:16
映画 試写会プレゼント ダイヤモンドインパラダイス
映画試写会プレゼントの情報です。映画好きな方で当選された方に 映画の感想を書いていただくと、とてもうれしいです。 ...続きを見る
休日だけの気分は社長?イケメンお得情報・...
2005/09/15 08:22
「エターナル・サンシャイン」(飯田橋ギンレイホール)
時間の針を戻すとき  二人の記憶は戻らない ...続きを見る
なつきの日記風(ぽいもの)
2005/10/01 03:41
エターナル・サンシャイン
DVDで、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、イライジャ・ウッド 出演の「エターナル・サンシャイン」を観ました。 ...続きを見る
Rohi-ta_site.com
2005/10/31 05:38
エターナル・サンシャイン その5
最高(泣)! ...続きを見る
tosiブロ 物欲優等生
2005/11/09 08:40
『エターナル・サンシャイン』
『エターナル・サンシャイン』(今年2本目) 公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライ.... ...続きを見る
honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜
2006/01/07 19:16
エターナル・サンシャイン
評価:★ 4点 監督:ミシェル・ゴンドリー 主演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット イライジャ・ウッド キルスティン・ダンスト 2004年 107min ...続きを見る
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)
2006/03/16 13:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
ミチミチのzattchiです。
TB、コメントありがとうございました。
この映画ほんと最高!!!!ですよね
思わず連発する気持ち分かります。
僕は明日、J-WAVE試写会「恋の風景」行ってきます。
いやぁ〜映画って本当にいですね!
zattchi
2005/03/15 01:48
コメント&トラックバックありがとうございました☆
わたしはまだ観ていないので今からとても楽しみにしています。
ひとみん
2005/03/15 01:49
zattchiさん、どうもです!
本当に素敵な映画で、私の中での最近の恋愛映画No.1の、
『ラブ・アクチュアリー』を抜きました!
J-WAVE会員なのですね?親近感湧きます(笑)
uchi-a
2005/03/15 10:47
ひとみんさん、コメントありがとうございます!
ぜひぜひ見てくださいね!!
uchi-a
2005/03/15 10:50
きゃあ!
最高ですか!?
「楽しみ」グラフの登り具合が、急角度上昇中です。
観てきたら、また感想報告しますね。
エマ
2005/03/15 12:46
エマさん、コメントいつもありがとうです!
おすすめですよ〜。
こんだけ期待して観た私がこの状態ですから!!
でもあんまり期待してみるのもよくないので、
ちょっと気持ちを落ち着けてから観てくださいね(笑)
uchi-a
2005/03/15 22:52
TBありがとうございます。
この映画良かったですよね〜。時間が経つとまた、じわじわと蘇ってくる、長く残る作品です。
確かに、5行ごとに「最高」って入れたい気持ちも解る(笑)
hiyo
2005/03/15 23:18
hiyoさん、コメントありがとうございます!
なんかふんわり幸せな気持ちになれる映画ですね!
もう一度見てみたいなぁ。
本当に最高でした☆ 期待通り!
uchi-a
2005/03/15 23:28
こんにちは
つたないながらも「恋の風景」アップしました。
ちなみにごめんなさい‥J-WAVE会員ではないです。(T_T)
迷ってますが‥
今回の試写会は数十倍の倍率だったらしいです
奇蹟ですね!

あしたは「エレクトラ」の試写会です
zattchi
2005/03/16 01:02
最高でしたね、ほんと(笑)
こんなに奇抜なのに、泣けるなんて凄いなぁって思いました。
るるる@fab
2005/03/18 17:37
zattchiさん、そんなに試写会当たってうらやましいですよ!
試写会はたまになんかくれるので、それも楽しみです(笑)

るるるさん、コメントどうもです!
最高でした〜。
奇抜ですけど、それまでの作品に比べて奇抜さがマイルドになって、
いい塩梅になってますよね!
最近、会う人会う人に勧めています(笑)
uchi-a
2005/03/19 00:05
はじめまして☆
私は昨日観てきました。
いいですよね〜。。。

uchi−aさんの感想も楽しく読ませて頂きました。
TBさせていただきます☆
SASASAWA
2005/03/21 13:49
どうもTBありがとうございます。

設定がが非現実的だけど人々は現実的ってコメントいただいたのが
非常に的を得てる気がしましたね。
それにキャスティングもすばらしかったですね。

僕はキルスティンダンストに関しても
彼女だからこそ良かったと感じましたよ。
石塚@壁紙
2005/03/23 02:11
石塚さん、こんばんは!
コメントとトラバ返しありがとうございます!

なんか設定の中でみんな正直に動いていて、
それがすごいナチュラルに感じました。

キルティン・ダンストに関しては、
ああいう女優さんは今ハリウッドにはたくさんいそうだなぁと思って、
こういう感じのことを書いてしまいました。
でもかわいいですし、ちょっと悲壮感もあって、
役に合ってましたよね〜。
uchi-a
2005/03/23 21:59
uchi-aさん、ブログにコメントありがとうございました!

レビュー(最高。)です♪
私も同じ意見です。
今まで観た中で一番好きな映画は?って聞かれたら私はこれだと答えます。
ジムキャリーは今まで注目したことなかった俳優ですが今回でファンになりました。
ケイトも可愛かった。
どこにでもいるかっこよくないカップルが主役になり得てるところがすごいですね。
役者をこういう使い方する監督は上手いな〜
ガチガチに演じさせるより役者の持ち味出せてると思います。
aoi
2005/03/24 20:00
aoiさん、コメントありがとうございました!
(最高。)と言ってくれてうれしいです!
ジム・キャリーはどうしても日本では、
「マスクの人」ってイメージが先行しているから、
この映画でそのイメージを払拭してくれたらと思います。
監督、脚本ともに絶妙な作品です!!
uchi-a
2005/03/24 20:08
今頃ですが・・・
少し前に観に行ったのですが、仕事がどうにも忙しく遅くなってしまいました。スミマセン。
ストーリー的には、冒頭の展開からして、やっぱり予想通りなんだろな〜と思って観てたら、途中まで当たってましたが、最後にうまくかわされて、おおぅ〜と心の中で奇声をあげてしまいました。
現実にはありえないファンタジーとして、いい気分にさせてくれるのは映画の良いところだと思いますが、こんなタイプの映画って今まで見たことないかも!?って感じの不思議な読(観)後感でした。
確かにこの映画は、前向きな気持ちになれますね。
エマ
2005/04/16 14:19
エマさん、コメントどうもです!
二重コメントは大丈夫です!こちらで修正いたします!
本当に脚本がすごいですよね〜、この映画は。
いつもチャーリー。カウフマンの発想力には脱帽です。
前向きですし、心に余裕が出てくる映画だと思います!
uchi-a
2005/04/16 23:42
コメントありがとうございます。
ほんとですねえ、ぶっとんでますけどこれだけオリジナルで強烈なパワーの有る脚本は無いですもんね
出ること自体がステータスになってるのかも・・・
hary
2005/04/25 10:54
またまたコメントありがとうございますです!
今回も強烈は強烈でしたが、
これまでの数作に比べるといい意味で力が抜けてて絶妙でした!
uchi-a
2005/04/25 20:44
コメントありがとうございました。
本当だ。「最高」いっぱい使ってる(笑)。
気持ちはよーくわかります。
だって最高だもん。
こちらにもTBさせていただこうと思います(じゃまでしたら削除してくださいな)。
tosi
2005/11/09 08:39
tosiさん、コメントまでもありがとうございます!
トラックバックも大歓迎です☆
本当に最高ですよね。
どんな頭の構造をしているんでしょうか、チャーリー・カウフマン☆
uchi-a
2005/11/10 11:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
試写会 『エターナル・サンシャイン』・・・最高。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる