uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ベルヴィル・ランデブー』 in 吉祥寺(初)

<<   作成日時 : 2005/03/17 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

画像
以前ジムに設置してあるテレビで、
あるアニメ映画のCMをやっていて、
ちょうど『ウソ自転車』でキコキコやっていた私は、
その不思議な映像に目を奪われました。
その映画とは、
『ベルヴィル・ランデブー』

その独特のタッチで描かれたキャラクターと、
小気味のいいアニメーション。
ジム内のテレビだったので音声はなかったですが、
私はあの映像だけで、一瞬にして心を奪われました。

でも結局帰る頃には、
「んー。だいぶ腹筋がしまってきたな。」
という、寺門ジモン的な感情によって脳が支配されてしまっていたので、
最終的にこの映画の存在など忘れてしまいました。

それからしばらくたって、昨日。
時間があったので、「なんか映画でも見に行くか」と思っていろいろ検索していると、
『ベルヴィル・ランデブー』を発見。
「そういえば、これなんか面白そうだったよなぁ」と思いだした私は、
時間的にもちょうど良かったので、思い切って見に行くことにしました。

『ベルヴィル・ランデブー』


戦争直後のフランス。
内気なシャンピオンに自転車への興味があることを知ったおばあちゃんは、
彼のトレーニングを見守り、ツール・ド・フランスに参加するまでに育て上げる。
しかし、レースの最中に謎のマフィアが救護車になりすまし、
リタイアした選手を次々に誘拐してしまう。
その選手たちの中にシャンピオンもいた。
それを知ったおばあちゃんは、愛犬ブルーノとともにマフィアの後を追う。
するとおばあちゃんとブルーノは、海を渡って『ベルヴィル』という謎の巨大都市に辿り着く。


実際に見た感想ですが、
想像していた通りのテンポと、高揚する音楽が実に絶妙、
重過ぎないストーリー展開も軽快で、あっという間の80分でした。

見る人から見れば、深くもないしよくある話だし、
出てくるキャラクターもあんまりかわいくない感じだし、若干暗いしで、
受け入れられない人にとってはダメなタイプのアニメーションかもしれませんが、
少なくとも私はかなり楽しかったです。

この映画ですが、なんと言っても大きな特徴は、

「ほとんどセリフがない」

というところです。
これが最大の特徴であり、そして最大の魅力でもあるでしょう。

おばあちゃんと孫のシャンピオンの間で交わされる会話は、
最初から最後までほとんどなし。
しかもおばあちゃんはものすごいポーカーフェイス。
それでもおばあちゃんがシャンピオンの気持ちを察していて、
そしてシャンピオンのことを本当に愛しているのが、すごく伝わってきます。
むしろ言葉がない分、余計に絆を感じてさせてくれるのかもしれません。
基本的に私がセリフの少ない映画が好きだと言うのもありますけどね。

アニメーションは本当に独特で引き込まれます。
なんと言ったらいいのでしょうか、言葉にするとむずかしいですが、
「大きいものはすごい大きいし、ほそ長いものはすごいほそ長いし」と言うか・・・。
んー、こればっかりは実際見てもらわないとを魅力をうまく表現できないです。
セリフがないですから、感情表現などはキャラクターの表情やアクションに頼ることになりますが、
どのキャラクターも実に表現豊かで、セリフなんかいらないです。

なんでしょう、あのおばあちゃんの雰囲気。
とにかくかわいくて、とても強いです。
そして愛犬ブルーノもおそるべしです。二人ともむちゃくちゃタフ。
最近のみのもんたよりタフかも知れません。

この手のアニメ映画って、すごいシュールだったりしてわけわかんなかったりしますが、
その点ではこの映画のストーリーは実にシンプルです。
だからこそ、おばあちゃんのあったかさも余計に伝わってきます。
 ・こむずかしいアニメ映画は見飽きたという人
 ・説教臭いアニメ映画は見飽きたという人
 ・細かいことを気にしない人

には、ぜひおすすめです。





さてこの映画、現在都内では吉祥寺のバウスシアターでしかやってなかったので、
私は吉祥寺まで観に行ったのですが、
実はこれが、私の人生初の吉祥寺上陸だったのです。
我が家からだと吉祥寺は結構遠いように感じてたし、
行くまでに渋谷や新宿も経由しますから、
普段はわざわざ吉祥寺まで行く必要もなく、
今まで上陸することなんてありませんでした。

ということで、着くやいなや私、

いきなり道に迷いました。

一応携帯の『シネマぴあ』で大まかな地図検索をしてから向かったのですが、
さっぱり映画館の場所がわからない。
そうこうしている間にあっという間に上映時間になってしまい、

「もう無理だ・・・、この砂漠に水はない・・・。」

的な気分で、半分あきらめかかっていたその時、
視線の先にバウスシアターの看板を発見。
いくつもシアターがあるという話だったので、
シネコンみたいのを想像していたのですが、
実際はすごいコンパクトで、しかもレトロな雰囲気。
しかもアーケードの中にあるのにはびっくりで、
まったく想像していたものと違いました。
これじゃ見つけらんないよ。

あわててかけこんだ私は受付まで行きました。
そして、

「み、水を!私にはやく水を!!」

ばりに、「さ、3時50分の回見れますか!?」って聞くと、
「予告はじまってますがよろしいですか?」とのこと。
なんとか間に合いました。サンキュー・バウス。
でもドアをあけて中に入ると、そのシアターの小ささにまたびっくり!
おそらく今まで行った映画館の中で一番小さい劇場だと思います。
結局真っ暗だし、席の状況も暗くてよくわからないしで、
仕方なく一番後ろの通路で座ってみることにしたのでした。(『座り見』と命名)

でも、『座り見』だったものの、
私は一瞬にしてこのかわいい映画館のとりこになりました。
最近シネコンとかにばっかり行っていたので、この雰囲気は実に新鮮。
「やっぱり小さいシアターはいいなぁ」となんとなく思いました。

映画の後は、ちょっとだけ吉祥寺探検。
伊勢丹もあるし丸井もあるし東急もあるし西友もあるしでなんでもござれです。
さらに私がよく行く『taka-Q』までもありました。
なんか新宿をきゅっと凝縮したような街です。
『taka-Q』があるということは、もはや『新宿』です。

ちなみに私にとって見れば、『taka-Q』=『新宿』です。
「新宿に行く」ということは、「taka-Qに行く」ということと同義なのです。
言い換えれば、『taka-Q』が新宿を支配していると言っても過言ではありません。
そう、『taka-Q』がニッポン放送で、
新宿がフジテレビみたいなものなのです。
そして、ジーンズメイトライブドアなのです。
そういうことなんです。

そのうえ吉祥寺には商店街までもあるし、
すごい住みたくなりました。
なんて素敵な街なんでしょう。

というわけでいいリフレッシュとなった昨日だったわけですが、
そんな中、

とてつもない大事件が勃発したのです!

衝撃的な出来事でした。
悲劇です。
詳細はまた次回。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベルヴィル・ランデブー
 デフォルメし過ぎじゃないかと思うほど変形させたキャラクターたち。直線がほとんど描かれてないのではないかと思うほど柔らかな線で人間味あふれる絵画を感じさせ、茶色を基調としたエキゾチックで不思議な映像が目の前に迫ってくるのだ。 ...続きを見る
ネタバレ映画館
2005/03/18 00:29
別離。
「『ベルヴィル・ランデブー』 in 吉祥寺(初)」について 前回の記事の通り、おととい私は、 『ベルヴィル・ランデブー』 という素敵な映画を吉祥寺に見にいきました。 なかなか楽しいアニメ映画で楽しかったし、 はじめて行った吉祥寺もなかなかいい雰囲気で、 なかなかいい休日でした。 程度で言うなら、「中の上」くらいのいい休日でした。 ミスチルのヒット曲で例えるなら、『I’ll be』くらいのレベルの休日でした。 ウルトラ兄弟だと、帰ってきたウルトラマンくらいのレベルの休日でし... ...続きを見る
uchi-aぶろぐ@WebryBlog
2005/03/19 00:01
movie
「ベルヴィル・ランデブー」見てきました ...続きを見る
ミチミチ
2005/03/19 03:28
おフランスアニメ「ベルヴィル・ランデブー」
孫が誘拐され、それを追い海を渡る老婆と犬の大冒険。「ベルヴィル・ランデブー」をレンタル。 ...続きを見る
絵描人デイズ
2006/02/22 16:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて映画にコメントします(笑)相当そそられる映画なのでHP見ました。そして帰って来れなくなりました(笑)残念ながら大阪はやってないのでDVDまで待ちます。
それと吉祥寺初上陸だったのですね。『taka-Q』でオッケーサインが出るとは思いませんでした。ちなみに東急の自転車置き場は、並んで待たないと自転車を置けないのには少々カルチャーショック。関西人の涼は勿論、GAP前に路駐しました。
そして続きが早く読みたいです。

2005/03/18 09:53
涼さん、映画ははじめてだったですか!?はじめまして(笑)
実際に映画を見てみると、もっと帰ってこれなくなりますよ!
おばあちゃんが最高です。
吉祥寺は素敵でしたぁ。また行きたいです!
でも自転車は厄介なことになりそうですな。

そして続きをどうぞ。
uchi-a
2005/03/19 00:14
おっと!これも見たんですね。ぼくは高島屋のタイムズスクエアーで見ました。ホントいい楽しい映画でしたよね!サントラもイイですよ!おすすめ
zattchi
2005/03/19 03:30
zattchiさん、コメントありがとうございます!!
タイムズスクエアですか!
あそこで見たらかなりいいでしょうねぇ!
サントラ惹かれます!!
uchi-a
2005/03/19 11:23
こんばんは、はじめまして。
いつもとても楽しく拝読させて頂いてます。
ベルヴィル、いいですよね〜〜!!自分は二回観ました。
おばあちゃんとワンコがマフィアの船を追って海に出るシーンが
無駄に美しくて感動&大笑いでした。思い出すだけでムズムズします…
それでは。
おりがみ
2005/03/21 00:54
おりがみさん、はじめまして!
いつも読んでてくれているなんて感激です!
ベルヴィル、2回見る気持ちわかります!
あのシーン・・・おばあちゃん、スタミナありすぎでしたよね。
でもそんな無茶な設定さえも許せてしまう素敵な映画でした!
uchi-a
2005/03/21 21:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ベルヴィル・ランデブー』 in 吉祥寺(初) uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる