uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『F1 2005』 開幕。

<<   作成日時 : 2005/03/04 15:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
雪がざんざか降っています。
そんな中今日はお休み。
こんな時はブログの更新に限ります。
さて今週はF1開幕。
F1が好きな私ですので、毎年この時期はドキドキ。
昨年いくらミハエル・シューマッハの独壇場であったとしても、
そんなこともうすでに忘れています。

気分を高揚させるために、昨日の夜中、
私は家にある『93年のイギリスGP』のビデオを見ました。
(『91年の日本GP』からビデオを撮っているのだ。)
はっきり言って、当時のF1の方が今のF1よりドキドキしますし、
レース展開もスピーディでアグレッシブでスリリングです。
なんせ給油がないですから、
みんないつピットインするのかわからないですし、
下手したらピットインしないかもしれないですから。
そうなると、なんとしてもコースで抜かなくちゃいけません。
当然コース上でのバトルも増えると言った感じです。

当時は円熟したプロストとセナ、そして若かりし日のシューマッハ
さらにデビュー一年目(厳密に言うと2年目)のデーモン・ヒル
このグランプリでは、ヒル家悲願の地元イギリスGP優勝がかかっていて、
(デーモンの父、グラハム・ヒルは、ワールドチャンピオンでありながらイギリスGPは勝てなかった)
しかも優勝経験すらないというデーモン・ヒルの前に、
3度のワールドチャンピオンが立ちはだかると言う、なんとも刺激的な展開。
そしてレースもセナVSプロスト、プロストVSヒルなどバトル満載で、
古舘節も冴え渡ってたまりません。
迫り来る2005年F1シーズンを前に気分を高めるためにはうってつけのレースです。

ということで、気分が高まったところで今日。
ついに2005年シーズンが開幕しました。
今年からまたレギュレーションがかわり、
エンジン1基につき2GP使用、レース中のタイヤ交換禁止という新ルールが導入されました。
基本的にこの2つに関して私は大反対ですが、
実際グランプリが始まっていると未知数な部分も多いので、楽しみではあります。
(どんどんF1がスプリントレースではなく、
耐久レースの短い版みたいになってしまっている気がします。
我慢比べのF1なんか見たくありません。)
今日のフリー走行の結果では、日本の佐藤琢磨は18番手。
というか、1エンジンで2グランプリはとってもヘビーなルールなので、
これからのグランプリではみんなフリー走行は無理に走らさそうな気がします。
だから今後のF1において、フリー走行はあまりあてにならなくなってくる気がします。
事実上予選は本当に一発勝負になるでしょう。

さて、今年のF1の勢力分布図ですが、
いろいろと私なりに予想してみます。

フェラーリ
まず、王者フェラーリですが、今年も順調。
間違いなくチャンピオンに最も近い存在でしょう。
スキがあるとすれば、「皇帝」ミハエル・シューマッハのモチベーション。
昨年の上海GPでも一瞬見られましたが、
やる気ないときの「皇帝」には結構スキがあります。
もう手に入れられる称号とギャランティはほとんど手にした彼ですから、
そろそろ飽きてきても・・・と思うんですけど、
毎年そう思いつつ、レースに行くと実に完璧です。
彼をこれだけ長い間走らせるモチベーションって一体なんなのか、とても知りたいです。
おそるべき皇帝、シューマッハ。「アウトバーンの狼」だった頃が懐かしい。
そんなこんなで、今年も優勝候補筆頭です。

マクラーレン
さあ、問題は対フェラーリがどのチームになるか。
野党第一党候補の一番手は、やはりマクラーレンだと思います。
昨年のマクラーレンは序盤にエンジントラブルが多発し、
カレンダーが立て込んでいる現在のF1において、
あれはかなりのダメージでしたが、今年は比較的順調にテストを消化。
しかもドライバーが魅力。
ポスト・シューマッハ候補No.1の2人が揃いました。
モントーヤがシューをアグレッシブに攻め、
それを後方から虎視眈々とライコネンが・・・、こうなってくると面白いです。

ルノー
三番手はルノーが来ると思います。
ベネトン時代からソツのないチームで、
今年も昨年同様上位に顔を出すでしょう。
しかしこのチーム、エンジンパワーで一歩譲るので、
どうしても突き抜けるだけの力がありません。
やはりいい意味でも悪い意味でも関脇級。
そんな中注目は、久々にトップチームに戻ってきたフィジケラ
F1アッパーミドルクラスからの脱却なるか!?
過去唯一の優勝は繰り上がりだったため、
ポデュウムでのシャンパンファイトはできなかったので、
今年は正真正銘の表彰台の真ん中を狙います。

一方、ウィリアムズBARと言ったところはテストで不安を露呈。
ウィリアムズは不安定さ、BARはテストが思うように進まず、
前半戦は苦戦するかも。
特にウィリアムズはドライバーも若く、
私は確実にあの二人はケンカする気がします。
BARは正直、今年はかなりきびしい一年になると踏んでいます。
もちろん、「山田優、本当にハタチなの!?」って思いつつ、
「がんばれ琢磨」の気持ちでいっぱいですが。

と言った感じ、私は毎年こうやってシーズンを予想しますが、
だいたいその通りには行きません。
フタを開けてみたらウィリアムズがすごい速かったりするかもしれません。
でもそれはそれでうれしい誤算です。
どんどん我々の予想を裏切って、ごちゃごちゃなシーズンを期待したいとこです。

と、この記事を作っている間に、さきほどフリー走行2回目が終わり、
マクラーレンのサード・ドライバー、ペドロ・デ・ラ・ロサが初日トップだった模様。
さらにライコネンとモントーヤが2、5位とやはり好調な様子。
決勝に向かって、どんな展開になっていくのでしょう。
ところで開幕戦・オーストラリアGPの決勝のフジテレビの放送時間は昼間の1時。
リアルタイムで見れないので、レースは夜ビデオで見たいと思います。
なのでくれぐれもみなさん、

コメントやトラックバックなどで、その日は結果を私に伝えないでください。

コメント入ると携帯にメールが来るようにしてあるので、
携帯で結果見たらわかっちゃいますから。

くれぐれもコメントその他は次の日にしてください。

結果わかっちゃったら泣きますよ、私。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
セナ&プロスト&マンセルひげ親父なんてとても懐かしい。
あの頃のF1はホントドキドキでよかったですね。
当時見に鈴鹿に行った人に大量に写真をとってもらい、今でも持ってます。
(セナとプロストが第一コーナーでいきなりクラッシュした時のやつ。
 予選時に撮ったのだ。)

それはそうと「ラジオDE−」近くの書店回ったけど、
売り切れ&在庫なしで入手できませんでした。超残念。

2005/03/04 16:55
お、まさかここに涼さんが現れるなんて!
ピケ、ベルガーとかアレジもよかったですね。
私はあの『セナプロ1コーナークラッシュ』は、
まだ本格的なファンになる前でしたが、印象に残ってます。
うらやましいなぁ。

書店まわったんですか!!いやはや!
本当に小さい記事で、普通の解説文なのであまり期待しないでください。
ただ、私の本名が出ています(笑)
uchi-a
2005/03/04 17:26
ネットでも売切れだね〜。相当入手困難。
本名て(笑)てか本名みたいなもんじゃないの?uchi-aって。
ネットでチラホラ漢字表記の貴方を見ますが(笑)

2005/03/07 09:41
そんなにもともとの数がないのかも(笑)
ありゃ、もうすでにチェック済みですか。
まぁ確かに本名に近いですね。
最初本名でやろうかなぁと思っていたくらいですから。
ちなみに私、1999年のランキングで2位です(笑)
uchi-a
2005/03/07 11:08
Thank you, I just wanted to give a greeting and tell you I like your blog very much.

<p><a href="http://online-casino-en.rainbowcircus.com" title="Online Casino">Online Casino</a></p>
− ニックネームなし −
2005/05/13 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
『F1 2005』 開幕。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる