uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS Love Song 探して

<<   作成日時 : 2005/05/13 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像
最近はあまりやりませんが、
子供の頃は結構テレビゲームやってました。
毎日我が家にはいろんな子供がやってきて、
散々ゲームやって帰っていたような毎日でした。
小栗君(小栗)や志賀君(しがちゃん)がよく遊びに来てました。

さて当時全盛はファミコンですが、
当然のことながら、今のプレステ2ゲームキューブや、
Xボックスメガドライブとは性能が違います。
当時のファミコンは、いかにもテレビゲームといった画像に音楽。
でもそんな映像が子供にはちょうどよかった時代なのかも。おもちゃ感覚で。
今のゲームは、おもちゃとバーチャルの境界線で、
非常に微妙な立場におかれている気がします。
「ゲームは子供がやるもの」というわかりやすいマーケットだった昔に比べ、
売り手側も相当苦労しているだろうなぁと容易に想像できます。

おっと、若干ワールドビジネスサテライト的なテンションになってしまいました。
このブログでそんな話はありえません。
今日は当時の『テレビゲームの音楽』の話。
『テレビゲームの音楽』・・・。
当然この記事のテーマ設定は、『テレビ』と『ゲーム』と『音楽』となります。
まぁいいですけど。

こないだネット上をぷらぷらしていたら、
こんなのを見つけました。
http://www9.big.or.jp/~haro/midi-Only.html

この音楽を聞いて、私の童心の頃の思い出が、
走馬灯のように一気に呼び起こされました。
この曲、当時のゲーム好き(特にドラクエファン)なら誰もが知っている曲でしょう。
そうこの曲は、

『ドラクエ2』でパスワード入れる時の画面で流れる曲

です。
この曲は今でもすごく頭の残っています。
おそらく同年代の方も同じ気持ちでしょう。

なにがそんなに印象的かというと、
その要因は、『ドラクエ2』のパスワードというものの性質によるものに他なりません。

『ドラクエ2』のパスワードの特徴として、
決定的なのが、

パスワードが長い。

です。
たしか50文字くらいあったと思います。
前回の続きをプレイには、必ずこの長いパスワードを入力しなければなりません。
そしてプレイが終わると、最後にまた新たなパスワードを書きとらなければならないのです。
当時『ドラクエ3』から、
バッテリーバックアップシステム(メモリー)というものが導入されましたが、
『ドラクエ2』の段階ではまだパスワードでした。
我々は『ドラクエ2』をやるたびにこのパスワードを書きとめていたので、
それをメモしておくメモ帳なんか、
あっという間に奇怪な文字列で埋め尽くされてしまっていたものでした。

そして当然のことながら、文字数が多いということは、

間違える確率も高くなる

ことになります。
「ぱ」と「ば」とか、「さ」と「き」とか、「は」と「ほ」とかの見間違いは日常茶飯事。
落ち着いてゆっくり見て書けば問題ないのですが、
だいたいパスワードを書くときはみんなあせっているので、
丁寧に見たり、書いたりしなかったりします。
そうすると『悲劇』が怒ります。
それによって、その日プレイした内容がすべて台無しになってしまうのです。

パスワードが違います。

ああ、なんて怖い一文なんでしょう。

その悲劇の瞬間に流れる音楽が、
この音楽なわけです。
あんな明るい音楽ですが、
何人の子供があの陽気な音楽をバックに涙を流したことでしょうか。
そして枕を涙でぬらしたことでしょうか。
教室の窓ガラス壊して周ったことでしょうか。

ちなみに一説では、『ドラクエ3』をパスワード方式にすると、
毎回発行されるパスワードは、1万文字くらいにもなるといいます。

これは大変です。

毎回ダーマ神殿の入り口の人が、
1万文字の意味不明の文字の羅列を我々に延々としゃべりだしたら。
あのおじさんも毎度毎度大変でしょう。
そしてパスワードを書き取るノートは、
最終的にはまったく中身のない広辞苑のようになってしまうでしょう。

この『ドラクエ2』の音楽、
タイトルは『Love Song探して』だそうです。
当時歌詞をつけてレコードも出ているようです。知らなかった。
「視聴」
ちょっと美里渡辺っぽいテイストです。

ということで今日もマニアックな話題でした。
あと最後に。
みなさんが私の記事にコメントしてくださいますと、
私の携帯に通知してくれる機能がウェブリブログにはあるのですが、
その時の着メロは、

『ファイナルファンタジー』で敵をやっつけた時のファンファーレ

に設定してあります。
パソコンの前のあなたがコメントしてくださるたびに、
私の携帯は、

♪パパパパー パーパー パッパパー

ってメロディーが流れます。
なのでとてもご機嫌です。




ですので、よろしく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
あのパスワードには散々泣かされました。
でも、明確に自分が間違えて起した悲劇であった2の時よりも、
唐突に、無情に突き付けられる3の「ぼうけんのしょ2はきえてしまいました」の方が
心に負う傷は大きかったと思います。
「ちゃんとやればちゃんとした結果が得られる」
・・・この世の中ではそんなのが甘い幻想だって言う事実を、
あのゲームが教えてくれたと思います。
大人になった今ならわかる・・・生きて行くってそんなもんです。
ナカジマ
2005/05/13 12:57
ドラクエ。[もぞんぶんに楽しみました。
パスワード時代が懐かしいですね〜
裏技もありましたよね^^<みやおう・・きむこう・・・>←こんな感じの。
弟と本屋で攻略本を立読みして、裏技GETしていたあの頃。
淡い思い出です。
まほ
2005/05/13 17:22
ピンポイント直撃の話題でした。
私の携帯の着信音って、「Love Song 探して」なんです!
もうびっくりですよ!
ちなみに、メールの着信音は、ドラクエのレベルアップのときのアレです(笑)。
エマ
2005/05/13 18:30
やぁナカジマ、元気かい?
たしかにぼうけんのしょ消えた時はもっとショックだなぁ。
完全にやり直しだし。
しかもあの画面はまったく音楽なしの真っ暗い画面だし。
人生の厳しさを表現したかったのかな、エニックスは。
uchi-a
2005/05/13 20:39
まほさん!またしても登場ですな!
8はどうでしたか?
「ゆうていみやおうきむこう・・・」ってパスワードの王道ですよね。
「ぺぺぺぺぺぺぺぺ」みたいな。
素敵な姉弟だったようで(笑)
uchi-a
2005/05/13 20:41
ちなみにキャリアとしては、ナカジマ→私→まほさんとなります。
これは内輪の話です。
uchi-a
2005/05/13 20:42
エマさん!そりゃピンポイントですね!
メール着信音のドラクエは、昔私もそうでしたよ(笑)
uchi-a
2005/05/13 20:54
私もドラクエ欠かさずやってますが、
この曲覚えてないです。。
きっと、パスワード入れるのに必死だったんだと思われます(笑)
あのパスワードはやっぱ間違えますよね〜。
でも、なんか楽しかったです。
ぷちもんち
2005/05/13 21:08
ぷちもんちさん、どうもです!
おや、それは相当必死にパスワード入れていたんですね(笑)
私としてはこの曲、もはや結構恐怖です。
でもあの頃のゲームはなんか楽しかったなぁ。
今の子供はどんな気持ちでゲームをやっているんでしょうねぇ。
uchi-a
2005/05/13 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
Love Song 探して uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる