uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ココニイルコト』・・・「ま、ええんとちゃいますか?」

<<   作成日時 : 2005/06/13 11:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

画像
前々回の記事で、
「スガシカオの新曲発売」、
「シカオ、J-WAVE LIVE出演」などについて語りましたが、
その記事の最後で、
シカオっちととてもかかわりのある映画
について、ちろっと書きました。
先日この映画、テレビ朝日の深夜に放送されて、
私はビデオに撮ってみました。
これが思いのほかいい映画だったです。
「じゃあ、全然期待してなかったってことかい、ダンナ?シカオファンのクセに。」
とみなさん思わずツッコんでしまいたいところだと思いますが、

はい、あんまり期待してませんでした。

でも観てみたら本当よかったんです。
見終わってよかったということが大事です。とりあえず。
その映画のタイトルは、

『ココニイルコト』


Woo Darling 悲しいことは 大事な人 そこにいるのに
届かぬ思いのまま 今日も夜がきてすべてを包むの

Woo Baby 愛する人は 抱き合うたび 涙を流す
ふるえる指を包んでも あなたの悲しみを知るには足りない

別れの瞬間は闇をつたって やがて思い出のすべてを
いたみに変える

かんじるいたみは ココニイタコト
ふるえるあなたと ココニイタコト

Woo Brother いやしいことに 失うたび 誰かを求める
ひろいこの街で生きて行く それはくり返すことかもしれない

ぼくらが瞬間に放つ光は たとえ届かない距離でも
あなたを目指す

ゆがんだ光は ココニイルコト
伝える全ては ココニイルコト


まず映画のレビューの前に、タイトルの『ココニイルコト』について。
実はこのタイトル、スガシカオの『ココニイルコト』という曲から来ていて、
監督の長澤雅彦氏がこの曲にインスパイアされて作られた作品なのです。
上の歌詞はその『ココニイルコト』の歌詞。
ちなみにこの曲、「シカオさんが初めて作った曲」とかいう話を、
昔本人が『トップランナー』でしてました。
こんな曲をいきなり作れるなんて、素敵です。

さらにこの曲、SMAPにも提供していて、
『SMAP 011 ス』というアルバムに収録されてます。
なんでも木村・香取ボーカルらしく、ちょっと聞いてみたいです。
他に『リンゴジュース』という曲もシカオなので、

SMAPファンの方よろしくお願いします。

『ココニイルコト』は、あまりにも青臭い歌詞なので、
スガシカオ本人は恥ずかしくて当初は歌えなかったらしいです。
確かにゆがみながらも、不器用にまっすぐな感じが伝わってくる曲です。
でもSMAPに提供したことによって、
「セルフカバーなら自分も歌える」って気分になったとか。
これも『トップランナー』で言ってました。
ちなみに当時は司会が田辺誠一とはなちゃんでした。
はなちゃんかわいいね。仏像マニアだもんね。

若きコピーライター・相葉志乃(真中瞳)は、
不倫相手の妻に慰謝料を渡されて、大阪支社に転勤を命じられる。
志乃は大阪での勤務を受け入れるが、
なれない勤務と虚脱感の中で、自分の気持ちを閉じ込め無感情になってしまう。
そこに現れたのが、中途採用で入社した前野(堺雅人)。
「ま、ええんとちゃいますか?」が口癖の彼と接するうちに、
志乃は徐々に心を開いていくが・・・。


最近、たんたんと流れていくストーリーに惹かれている私としては、
この映画は本当に好きな雰囲気でした。
真中瞳の演技ってまともに見たことはほぼなかったのですが、
この映画に関しては、とてもナチュラルで透明感がありました。
(演技?と言えるかどうかわかりませんが。でもそれが魅力的。)

どこがどうってポイントはないんですが、
すべてが日常的で、それでいて「大阪」という場所の温かさも感じるし、
その中での不器用な志乃と前野のふれあいは、
アンバランスにして心が安らぎます。
随所随所に、思わず「くすっ」ときてしまうような強引の展開もありますが、
それもすべて温かく、共感できるものです。

当然この映画にも結末があるわけですが、
観終わると、すごく志乃の未来も感じます。
決して超ハッピーではないですが、
小さくな幸せをそっと感じることができる映画です。
前野の、「ま、ええんとちゃいますか?」ってセリフも、
最初ちょっと取ってつけたような感じに聞こえてしまいますが、
観終わるとすごく心に残る優しい言葉に聞こえてきます。
きっと落ち気味の人が見たら前向きになれる作品でしょう。

ちなみに大阪が舞台ということで、
取引先の社長が島木譲二だったり、
骨董屋の主人が鶴瓶だったりして、どちらもいい味出してます。
鶴瓶は常に寝てばっかですけど、エンドロールは必見です。

とても悲しくも切ない話ですが、
心があったまる映画で、元気になります。
最後にスガシカオも流れるし。

シカオファンの方、そしてSMAPファンの方は、ぜひごらんください。


↑『ココニイルコト』は、この『sugarless』ってアルバムに入ってます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「ココニイルコト」 見ました。
9月8日の日記つながりで、見ました、「ココニイルコト」 DVDを探す DVDを借りる 「出会いって、すばらしい!!」と、あらためて実感させられました。あまり、期待してなかったんですけど、、よかったーーーーーー!!舞台は関西。なっつかしい雰囲気が漂いまくってました。... ...続きを見る
【楽天市場】24時の秋のそら【楽天広場】
2006/09/20 22:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「スガー!」
今日は久保さんも応援してくれてます!
「ココニイルコト」。
シカオちゃんのナンバーの中では ちょっと青臭いかも^^;
「リンゴジュース」って爽やかなのかなぁ!?
シカオ→ジュースとくれば「バクダン〜」を思い出してしまうので・・・
ろこ
2005/06/13 11:58
ろこさん、どうもです!
「夜明けまえ」のカップリングですね。
「リンゴジュース」はSMAPが歌っているところも、
比較的想像できますよね〜。さすがシカオ氏。
はじめてシカオライブに行った時、
「リンゴジュース」歌ってました。
今考えるとかなりレア。
uchi-a
2005/06/14 20:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ココニイルコト』・・・「ま、ええんとちゃいますか?」 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる