uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS これでいつでも『シザーハンズ』が見られる。

<<   作成日時 : 2005/07/04 20:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 3

画像
先日、五反田のブックオフ(かなりでかい)に行って、
DVDをば購入してまいりました。
最近なんとなくなんですが、
DVDを買いたくなってきてですね、
所有欲なんでしょうか、
一度見てよかった作品は買いたくなってくるんですね。

でもいくらいい映画だったとしても、
前にも似たような話題で書きましたが、
重い映画のDVDを買おうという気にはなれません。
先日の『砂と霧の家』なんかもっての他です。
買うとしたらテイストとしてやっぱり、
「さらっとした映画」、「ノリのいい映画」、
「楽しい映画」、「美しい映画」
がよいです。

ということで今回2作品選んで買いました。
それは、

『シザーハンズ』と『世界中がアイ・ラブ・ユー』。

今あげた4つの要素の中に強引に当てはめるなら、
『シザーハンズ』は美しい映画、
『世界中がアイ・ラブ・ユー』はノリが良くて、楽しい映画となるでしょうか。

この他にも過去に私は、
チャップリンの『街の灯』と、 『ラブ・アクチュアリー』を買いました。
この2本だと、『街の灯』が楽しくて美しい映画で、
『ラブ・アクチュアリー』もやっぱり、ノリが良くて、楽しい映画となりそうです。

さてせっかく買ったので、さっそくさきほどそのうちの一本見てみました。
今日はまず『シザーハンズ』から。


山の上の屋敷に一人で住む、人造人間・エドワード。
ある日なにも知らない化粧品セールス員のペグがその屋敷を訪ねる。
手がハサミでできているというエドワードの姿に驚くペグだが、
ペグは自分達家族の暮らす家へ彼を連れて帰る。
慣れない社会生活の中でエドワードは、そのハサミで、
庭木を切ったり、ヘアカットなどで才能を発揮し、人気者になる。
そしてエドワードはペグの家の娘・キムに恋をする。
しかしある時、そのハサミが原因で、
エドの意に反して人を傷つけてしまうことに・・・。


この映画、私の周りの観た人は、
たいてい「良かった」と言っていますが、
世間一般では結構「ダメ」って言ってる人も多いようです。
まぁ、この映画が大好きな私からしてみても、
「ダメ」って言う人の気持ちもわからないでもないです。
アボカドおいしいけど、嫌いな人は嫌いなのです。
そんな感じです。

おそらく「ダメ」という人の心理を推測するに、
以下の点がひっかかるのではないかと思われます。

・なんか暗い
・ジョニデがなんか気持ち悪い
・ストーリーが強引


「暗さ」や「気持ち悪さ」は、ティム・バートンの味でもありますから、
合うか合わないかの問題でしょう。
好きな人から見たら美しいし、ダメな人から見たらちょっとグロい。
そして「強引なストーリー展開」。
具体的にあげれば、エドワードの周辺の近所の奥様連中の、
態度の急変の仕方とか、
映画を論理だてて観たいという人なんかはちょっと納得いかないかもしれません。
いろんな映画レビューサイトでこの映画を批判しているような人の意見を読むと、
たいてい上記のいくつかの理由で、点数が低かったりします。

この中にあげた「強引なストーリー展開」ですが、
逆に言えばこの点は、この映画で最も魅力的な部分で、
意義のあるポイントではないかと思います。
なぜならこの映画は間違いなく、
「現代版おとぎ話」
だから。

「おとぎ話」ってたいていツッコミどころが満載なものです。
勧善懲悪だったり、
キャラクターの個性がわかりやすいほど過度にあらわされているものです。
『シザーハンズ』もそういう要素を多分に含んでいます。

『シザーハンズ』を「おとぎ話」と評する人は他にもたくさんいますが、
中にはジョニー・デップ演じる、山の上の屋敷に住む人造人間エドワードという、
そのキャラクターそのものが「おとぎ話」だから、
『シザーハンズ』は「おとぎ話」だと位置づける人も少なくないかもしれません。
あるいは、その美しく幻想的な映像が「おとぎ話」なんだと思う人もいるかもしれません。

でも私はこの映画が「おとぎ話」だと思う点は、むしろ設定や映像よりも、
エドワードを街に連れてきちゃったペグ、
ちやほやする近所の奥様連中、
彼を悪用しようとする人々
・・・などなど、
周りに流されやすく、単純で、
見ようによってはとても感情的で本能的な周辺の人々の存在が、
この映画をより童話チックにしていると思っています。
そんな人々の中に飛び込んでしまったエドワードを含めて、
すべてのキャラクターが、みなある意味「素直」で、
とても「子供」なのです。

コロコロと気持ちが変わる奥様たちはとても自分勝手に見えますが、
でもその気持ちも理解できないわけではありません。
だからこそ、あまりにも無垢なエドワードの姿に感動し、
せつない気持ちになってしまうのです。
この映画にあまり共感しない人は、そういう意味からすれば、
ちょっと子供の心を失ってしまってるのかな?と思ってしまいますが、
逆に言えば私が子供過ぎるのかもしれません。
んー、どっちなんでしょう。
でも私、たまにテレビで『それいけアンパンマン』とかやってると、
うっかり最後まで見ちゃったりしますから、
どちらかと言うと後者かもしれませんです。

主演のジョニー・デップですが、
もはや言わずもがな。
少ないセリフで見事に人造人間・エドワードに染まっています。
おそらくこの役ができるのは他にいないでしょう。
いや、ティム・ロスならできるかも。
ショーン・ペンがやったら、ちょっとウソ臭くなりそうです。
嫌な感じになりそうです。
私は個人的に、ハサミを使ってエドワードが、
「タタタタタタタター」と、一生懸命キャベツの千切りをするシーンが好きです。

他にも、ウィノナ・ライダーもチャーミング。
この映画がきっかけでジョニデと彼女は一時恋仲になりましたね。
そしてダイアン・ウィーストの好演がひかれます。
ちょっと抜けた感じでやさしくて、あったかいです。
でもやはり、ジョニデ様。素敵すぎます。
是非みんなに見てもらいたい作品のひとつですな。



はぁ、髪切りたい。




ということで今度は、『世界中がアイ・ラブ・ユー』についても、
また後日書きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ジョニー・デップでしょう♪
 私が大好きな俳優さん。 ジョニー・デップです。 ジョニー・ディップではありま ...続きを見る
SMILEY^^☆日和
2005/07/04 22:23
シザーハンズ
懐かしいなぁ。久々に観たら、やっぱ良かった。究極の恋愛映画です。・・・ぷ。恋愛とかね。いいなぁ、響き。特典映像のジョニー・デップ若い!まだまだ子供に見えますが、あれでけっこう年とってんだろうか。それより、ウィノナ・ライダー、めっちゃキレイ。可愛い。傷つ... ...続きを見る
cube1555.com
2005/07/10 10:39
シザーハンズ
監督 T・バートン  出演 J・デップ &nbsp; 独自の世界観で人々を魅了するバートン監督。 本作でも遊び心溢れるマンガチックな設定とストーリーを 巧みに演出する。 デップの好演も相俟ってファンの多い作品だ。 彼は本作以降、主役級のスターとなり、演技も年々.... ...続きを見る
TOKITAMA少年マンボー
2006/03/13 10:30
ティム・バートンと私(?)
映画監督のティム・バートン監督が来日し、 デジタル・ハリウッドで特別講義をしたそうです。 ちなみにデジタル・ハリウッドはデジタルコンテンツ(CGとか)の学校。 よくデジハリとか言われますね。(なんかオリラジと間違えそう・・・) ...続きを見る
映画、鉄蔵のつぶやき。
2006/10/25 23:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 トラックバックさせて頂きました。^^
というのも実は、先週からジョニーのことをブログに
書きたいとずっと思っていて、その中で『シザーハンズ』のことを書こうと
心に決めていたんです。
で、昨日書いたはいいんですが、思うようになかなか書けなくて、
これはもう明日だな!と思ってエドワード画像もPCに落としていたんです。

 そしたら昨日、uchi-aさんとこに来てみたら
エドワードがいるもんだからびっくりしました(笑
運命を感じましたね(爆 ということで、私も髪切りたい・・・
あずさ
2005/07/05 08:26
あずささん!運命ですね☆
奇跡的なトラックバック!!
uchi-a
2005/07/05 18:18
Very useful comments - good to read

<p><a href="http://www1.freehostingguru.com/onlinepoker/online_poker_game_it.html" title="Gioco in linea della poker">Gioco in linea della poker</a></p>
− ニックネームなし −
2005/09/05 04:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
これでいつでも『シザーハンズ』が見られる。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる