uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『踊る!さんま御殿』スペシャル。

<<   作成日時 : 2005/09/27 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像
最近あんまりゆっくりテレビを見てなかったのですが、
今日は久々にどっしりとかまえて、
テレビの前に対峙し、にらめっこしてみました。さっきまで。
見てた番組は、『踊る!さんま御殿』の3時間スペシャル。
ということで今日は珍しく、テレビ番組のレビューでも書きたいと思います。
Roimiさんの専売特許ではございますが。

この番組、毎週毎週見ているわけではないですが、
本当にレベルが高い!
純粋にテレビ番組を楽しむ人にとっては普通に面白いでしょうし、
あれこれと深読みして見る人にとっても、非常に興味深い。
私は完全に『深読み派』なので、
面白いのはもちろんなのですが、
それ以上にとても興味深かったです。


さんまのトークって、この番組を見てるといつも思うのですが、
とても数学的だなと思います。
何十、何百の公式が頭の中に入っていて、
状況に応じてその方程式を引き出す感じ。
所謂『トークの引き出し』みたいなものの数が、猛烈にたくさんある感じ。
「えーと、そう来た時は、Aの24番・・・」、みたいな感じ。
しかもそれを、スーパーコンピュータ並みの解析スピードで瞬時に引き出してます。
そしてその公式の良さを一番引き出せるように、
自分で種をまいたり、周りに種をまかせたり。
時には周りにゴールを決めさせたりもします。
そういう風に見えます。
だからもしさんまが学問を極めた場合、
たぶん彼は理系の人間になると思います。
勝手にそう思ってます。


ちなみに島田紳助の場合は、
どんな話題でも自分の世界に引き込んでしまう感じのトークですね。
どちらも同じようなマシンガンですが、
そのへんが決定的に違うと思います。
さんまの場合は全体の流れをすごく気にしてますよね。
そしてその流れにかなりこだわっています。
そのへんがとても興味深いです。


ごめんなさいね、私はこういうお笑いの話を小難しく話すことがすんごく楽しいんです。
でも今日はずっとこんな感じですよ。
マギー司郎っぽく言わせていただきますと。
ずっとこんな感じですよ今日は。
松本人志は芸術家です。


しかし久々に見ましたけど、今日も『さんま御殿』はすごかったです。
特に1部2部はすごかった。
1部は紳助を筆頭とした『行列のできる法律相談所』グループで、
2部はナイナイなどの『ぐるナイ』のグループ。
どちらもかなりキャスティングが強力で、
私としては、上質のオーケストラに酔いしれた気分でした。


ちなみに私はあまりに集中して番組を見ていたので、
親と見ていたんですが、
親が見ながら、
「この人面白いのよねぇ」とか、
「ユンソナは料理うまいのよねぇ」とか、
いろいろ言ってきても、
私はそれらを完全無視してしまいました。
それくらい私は出演者の一言一言、ひと間ひと間に集中して見てました。
だって目が離せなかったんですもの。


1部2部が素晴らしかった要因は、
やっぱりさんまを補佐する人々の存在。
1部だと東野、2部だとホンコン
この両者のさんまの盛り上げ方が実にうまい。
二人とも番組の流れの中で、まったく同じ役割を果たしてました。
数学的なさんまのトークを絶妙にバックアップしてます。
このへんの作業は、今田とかも天才的にうまいですね。


ある意味、
さんまが勇者で、周りが武器や防具
というか。
RPGゲームで例えるならそうなります。
勇者がいろんな武器や防具を装備して能力があがる感じ。
攻撃力アップ!守備力アップ!みたいな。
これは他の大物芸人ではない図式ですよね。
相性とかならありますけど。
「鶴瓶と松嶋の相性が合う」、とか。


だから結局、トーク全体が「即興のコント」に近いです。
そしてやっぱり「RPG」に近いです。
そう、

「みんなでさんまのパワーをアップさせて、そして最終的に、
見えない大魔王みたいなものに立ち向かっている」

と言いましょうか。
その大魔王が何なのかとかさっぱりわかりませんが、
でもみんなからは、「魔王を倒さなきゃ!」っていう使命感がひしひしと感じられました。
そして結果的に、ものすごいハイレベルなものが出来上がってる感じがしました。


ちなみに私がこの番組によく出る出演者で、
いつもすごいなと思っているのは、
勝俣と伊集院と土田です。
いつも隅っこの席に座っているこの3人ですが、
さんまに唐突に話題をふられた時に、
はずしてるところを見たことがないです。
彼らは東野やホンコンとはまた違うポジションですごいです。
「ドラクエ」で言うなら、「ホイミン」とか「コドラン」です。
さんまが疲れたら「ホイミ」って感じです。


ということで、ご覧のように、

この番組を純粋に笑えなくなっている自分がいます。

でもいいか。それもまた楽しいです。
ともあれすごい番組です。
レベルが高すぎますね、この番組。
競技会ですねこれは。世界選手権です。
正直『ウォーターボーイズ』なんかより私にとっては感動ものですよ。今日見てないけど。


とりあえず今は、
自分の役割が一段落して他の人がしゃべりはじめた時に、
ふと東野がイスに座ってぼそっと口にした、


「つかれた・・・」


の一言が、すごく印象に残っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
オヤジですが“YOU”と名乗らせて頂いているモノです。
しかし、レベルの高い分析ですねえ。ポイントすべてに納得できます。
それにしても、なぜこのブログがエンタメランキングではあの順位に居るんですかね?不思議です。
YOU
2005/09/27 23:50
YOUさん、はじめまして!
コメントありがとうございます!
なぜこのブログがエンタメランキングで高い順位なのか、
すべてはここにからくりがあります(笑)
→http://uchi-ablog.at.webry.info/200509/article_16.html
でもみんなこの後も押してくれているみたいです!
ありがたい限りです!
uchi-a
2005/09/28 00:01
いえいえ、もっと上じゃないのがおかしいってコトっすよ。
YOU
2005/09/28 00:20
え!?本当ですか!?
そんなそんなそんなそんなそんなそんな!!!
いやはやいやはやいやはや!!!
私としてはこの順位でもかなりドキドキですよ!
ありがとうございます!
uchi-a
2005/09/28 00:38
こんばんわ。私もこの番組見ました。今回はいつものスペシャルよりも面白かったですねぇ。やはりゲストが良かったからでしょうか。録画してあるのであとでもう一度見ようと思います。
伊集院氏と土田氏に関しては同感ですねー。ほんとにナイスな役どころだと思います。勝又氏はたまにズレるときがあるような気がしてます。uchi-aさん風に言うとホイミを唱えようと思ったらMPが足りなかった、みたいな。
MIGHT
2005/09/28 03:19
たまにゲストが間違えて、さんまが
「それ次のトークでしょ」
っていう時の目が好き。超怖えー。


2005/09/28 11:47
MIGHTさん、どうもです!
伊集院&土田のエピソードの豊富さには毎回感服です。
勝俣は個人的に和田アキ子をいじってる時が一番輝いてます。
uchi-a
2005/09/28 19:48
涼さん、どうもです。
さんまの怖い目は恐怖ですね。
最近お茶の間にいながらにして、
さんまの周辺の人々の緊張感を感じられるようになりました。
uchi-a
2005/09/28 19:52
確かに勝俣は和田アキ子をいじっている時はイキイキしてますね。
この前の「おまかせ!」なんかすごく面白かった。
でも本当に勝俣は誰と絡んでも自分のキャラが失せないですよねぇ。
HIRO
2005/09/30 22:30
HIROさんどうもです!
私もこないだの「おまかせ」見てました。
ガキが相手の失敗見つけて騒いでる感じで好きです。
uchi-a
2005/10/01 22:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
『踊る!さんま御殿』スペシャル。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる