uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 血。

<<   作成日時 : 2005/11/02 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

画像
今日は主に『血』について語ってみたいと思っています。
いきなりバイオレンスですねぇ、復帰早々。
まぁ確かにこのブログ、
若干バイオレンスな要素を含んでましたもんね。
もう毎日毎日、
『どたまかち割って』という言葉が出ない日はない、
と言ってもいいぐらいのこのブログはバイオレンスですから。
いいんじゃないでしょうか。血の話をしても。


それにしても、なぜに復帰早々『血』なのかと言いますと、
先日ある映画のビデオを職場の先輩から借りて見ました。
『パルプ・フィクション』です。
「ある映画」なんて匂わしといて、
案外あっさり次の行でタイトルを言ったわけですが、
この映画、ちょっと私には刺激が強かったのですよ。

『パルプ・フィクション』って好きな人が多い映画ですよね。
前に松ちゃんも好きだって言ってました。
あ、松平定信じゃない方です。
そっちじゃない方の、ダウンタウンの松ちゃんです。




私はこないだ初めてこの映画を見てみました。
そもそもうちの近所のTSUTAYAでは、
『パルプ・フィクション』は『バイオレンス』の棚に置いてあったので、
私はそんなところにまず入ることはなく、
なかなか目に入らなかったのが原因だと思われます。
まず『バイオレンス』とか『アクション』とかのコーナーには、
入ることはありません。
『アクション』コーナーと『EGOIST』の中にはまず入ることはありません。私は。

なぜ『パルプ・フィクション』を見る流れになったかと言うと、
「前に『レザボア・ドッグス』を見てよかったです」
って話をその先輩にしたところ、
同じくタランティーノ作品である『パルプ・フィクション』をすすめられ、
そのままビデオを貸していただいたからです。


ただ正直、『レザボア・ドッグス』でも、
面白かったけどギリギリだったです。
サーフライダーだったです、ギリギリの。
あの警官の耳をマイケル・マドセンがあんな風にしてしまうところとか、

「ひー!!」

といった感じです。


そんな感じで『パルプ・フィクション』も見たんですが、
正直『レザボア・・・』より、「ひー!!」度が強かったです。
子供の頃からガン消しより重い物を持ったことがない、
ということで近所でも有名な箱入り息子だった私ですので、
かなり私には刺激が強かったです。

もうブルース・ウィリスが刀持ったりしただけで、
それだけで、
「ひー!!」
って感じになってしまいました。
もはやどっちが悪者で、どっちがいいもんとかそんなの関係ないです。
ユア・サーマンの胸にアドレナリン注射するところとかも、
「ひー!!」
って感じです。

とりあえず、血とか内臓とか、
あと刃物や針とかが映画で出てくるともうダメです。
あと実際そんな場面が出てこなくても、
そういう雰囲気になってる時点でダメです。
両手で顔をおおってしまいます。
でも人差し指と中指の間からチラ見しますけど。
そしてまた覗き見た瞬間に、「ひー!!」です。
状況としてはもはや、
男子更衣室にうっかり入ってしまった、お嬢様女子高生のリアクションに近いですね。


設定古いですか?
『毎度おさわがせします』とかの時代の設定ですね。これは。



ただ、血全般ダメなのかというと、そうでもないんです。
不思議なことに、

自分から出ている血に関しては、なぜか驚くほど冷静です。

包丁かなんかで指切ったりして、
指先から血がジュワーっと出てきても、

「お、切ってしまったね。そして血が出ているね。どくどくと。
・・・おうおう、これはこれはよく出ること。しかもなかなか止まらないね。
おうおう、これはこれは。」


ってな具合です。これだけ冷静です。
例えるなら、

「おうおう、よく食べる食べる。この子猫は。よく食べる食べる。
 モンプチ食べる食べる。やっぱりモンプチだと食べる食べる。」


ぐらいなテンションです。
結構こういう心理の人は他にも多いみたいなんですが、
あれはなんでなんでしょうね。
他人の流血エピソードだと、話を聞くだけで、
「のぉぉーん!」って感じなのに。


ちなみにホラー映画もダメです。
絶対見れません。
ただ、オバケ屋敷は全然平気です。
ジェットコースターはダメなんですけど、
ああいう施設は全然平気で、
先頭をつかつか歩ける感じの人です。
『ドラクエ4』で言ったら、間違いなくライアン役になります。
ヒゲピンクです。ライアンは。


まぁ、そりゃいきなり暗闇で背後から、
「わっ!!」とか言われたら、
「おぉ。」って言いますけどね。
そりゃ「おぉ。」って言いますよ。大きい声出されたら。
大きい声なんだもの。
小学校の友達の小栗君に後から「わっ!!」って言われても、
「おぉ。」って言ってきましたよ、私は。
それと同じです。


でも、「あわわわわ、こわいよぉぉぉぉ」という感じには絶対ならないです。
『ホラー映画はダメで、オバケ屋敷OK』って人は世間的に多いんでしょうかねぇ?
これはあんまり聞かない気がしますが。


これはなぜか、ちょっと前に考えてみたんですけど、
たぶん映画とかの血とかオバケは、映画のストーリーの中では「本物」で、
その点オバケ屋敷とかは、やっぱり人工的に感じるんだと思います。
作り物なんですね。
そして驚かす人も普通の人なんですね。
でもスクリーンの中だと現実ですから。
そういうことなんだと思います。


ただ流血の件に関してはよくわからないです。
『人の血はダメで、自分の血は大丈夫』・・・、
この理由を心理学的に簡潔に説明できる方、いらっしゃるでしょうか。
いらっしゃったら教えていただきたいです。
どなたかいらっしゃいましたら。







スチュワーデス「いらっしゃいますか!?
すいませんが、機内のお客様の中で、
心理学的に簡潔に説明できる方、どなたかいらっしゃいますか!?」


シルクハットにヒゲの男「いやー、どうしました。
私は、心理学的に簡潔に説明できる方ですけども。」


スチュワーデス「そうですか!
ではこの一件について、心理学的に簡潔に説明してください!!


シルクハットにヒゲの男「わかりました。どれどれ。
・・・うーむ。これはどうやら私の手に負えないようですな。」


スチュワーデス「そうですか・・・。」


シルクハットにヒゲの男「それよりも君、なかなかかわい子ちゃんだけれども、シーカレはいるの?」


スチュワーデス
「え、いませんけど・・・。あの、こんな私でよければ・・・。」


シルクハットにヒゲの男じゃあ、そういうことで。













カップル成立。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
しちゃうんだ!成立!笑
自分はアクション・ホラー映画もオバケ屋敷もジェットコースターも他人の血も自分の血も寿司うなぎももダメな人間です。
ダメダメです、日本人として。
佐藤
2005/11/02 11:26
佐藤さん、どうもです!
私も寿司はダメなのですよ!
回転寿司に憧れてます…。
大丈夫です、ニホンジンはおにぎりさえ食べれてれば☆
uchi-a
2005/11/02 13:34
私は『パルプ・フィクション』好きだす。
この映画がアクションとかのカテゴリーに入ってるは納得できないんだけどなー。「マリオブラザーズ」が「アクション」の棚にある位、違和感。
じゃあ何?って聞かれてもかなり困るけど。

2005/11/02 15:38
管理人様、突然の書き込み失礼致します。

〜あなたの意見をお聞かせください!『情報交換掲示板』設立のお知らせ〜

出会いのポータルサイト『恋天ドットコム』より、『情報交換掲示板』のご案内をさせて頂いております。
恋天ドットコム情報掲示板は、出会い系サイトについての情報交換を行う場としてお使い頂ければと考えております。
出会い系サイトについて実際に利用した感想や、
「このサイトはどうなの?」といった質問まで、
出会い系サイトついての話題であればなんでも書込んでいただけます。
是非、ご活用ください。

恋天ドットコム情報掲示板⇒http://www.koiten.com/bbs/

ご不明な点は下記までお気軽にお訪ね下さいませ。
突然の書き込み、大変失礼致しました。

『恋天ドットコム』
info@koiten.com
http://koiten.com/
『恋天ドットコム』
2005/11/02 19:54
涼さんどうもです!
『パルプ・フィクション』、前に姐さんが記事にした時読みましたよ☆

『アクション』ではないですよねぇ。
そもそもカテゴリーでわけるのはいかがなものなんでしょうね。
uchi-a
2005/11/02 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
血。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる