uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私としたことが・・・

<<   作成日時 : 2005/11/18 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
昨日今日は休みでございまして、
昨日は髪を切りましたね。
これで空気抵抗が減るので、
歩く時のスピードが若干上がると思います。
でも逆にコーナーでは若干曲がりづらくなることでしょう。

そして今日なんですが、
今日はある選択に迫られました。
これはとてもむずかしい選択・・・。


先週からTSUTAYAはレンタル旧作半額で、
私は3作借りていたのですか、
そのうちの1本を今日まで見てませんでした。
ちなみにタイトルは、『恋の骨折り損』。
昔恵比寿ガーデンシネマで映画を見に行ったときに、
上映前の予告でやっていて、「楽しそうだな〜」と思った作品でして、
この半額という機会に借りてきたわけです。


でもあれやこれやとしているうちに見るタイミングを失ってしまい、
あっという間に返却日。それが今日
よって今日見るしかないわけです。


そんなさなか、私はあることを知りました。
最近私がよく見ている、ジャン・リュック・ゴダールの最新作が、
今日比谷のシャンテ・シネでやっていることを。
それがなんと、

今日で最終日!

ああ、なんたる偶然。
見たい!ゴダールの映画は是非映画館で見てみたいぞ!


ということで今日は朝から究極の選択に迫られました。
小学校の時、友達の後藤君に、
「ねぇねぇ、やせたキャシー中島と太った中山美穂、どっちがいい?」
という究極の選択を強いられたことがありましたが、
おそらくあれ以来の究極加減です。


朝から考えました。
それはそれは考えました。
今日の天気、明日の予定、世界情勢・・・。
方位学、地球の磁場、ダウジング・・・。
『ごきげんよう』の今日のゲストラインナップ、

今日の近所のコンビニのレジ担当者・・・。

あらゆる条件を考慮して考えました。
その結果、私は結論を出しました。
その結論とは・・・、


やっぱりゴダールを見る!!


まあいろいろ考えたんですが、
最終的には、
「最近映画館行ってないから」
というきわめてシンプルな理由に落ち着きました。
シンプル・イズ・ベストです。
タイム・イズ・マネーです。
パーラメント・メンソールです。


ということで、私は昼間、
ゴダールの最新作・『アワー・ミュージック』を見るため、
日比谷のシャンテシネに行って来ました。
シャンテシネは最近改装されたばかりなので、
すごくきれいな映画館です。
と言っても今までも行ったことはないですが。
でもきれいでした。画質とかもきれいです。
ブルジョワ気分です。

私は券を買って、コンビニで午後ティーを買い、
映画館に入りました。
そしてロビーでゴダールのインタビューの雑誌の切抜きとかを見てテンションを高めながら、
いよいよ上映時間。
私は「初ゴダール・初シャンテ」に、胸をほしのあきぐらいに躍らせながら、
この作品を見始めました。

この『アワー・ミュージック』という作品は3部構成になっていて、
1部と3部は短くて、2部が本編と言っていい感じの内容です。
その最初の1部は、戦争での悲惨なシーンが次々に流れる10分間。
すさまじいインパクトでした。

続いて2部。
いわゆる本編が始まると、ゴダール本人がゴダール役で出てきました。
そしてゴダールらしい、哲学的表現の多い会話が繰り返され始めます。
私は、「ゴダール映画だ。私は今映画館でゴダールを見ている・・・」と、
ルーベンスを目の前にしたネロ並の勢いで感慨にふけっていました。
そうです、私はネロです。横にでか犬はいないけど。
でもそれくらいしみじみと思いました。


それから15分くらい経過した頃ですかねぇ。
私がそんな気持ちで見ていると、
知らない間にですね、


寝てました。


寝ましたよ。ええ。
正確に言うと半眼と言いますかね。
まぁ起きてると言ったら起きてると言いますか、
まぁ寝てると言ったら寝てますね、あれは。
でもそんな状況でゴダールの複雑な言葉を理解しようなんて、
とてもじゃないけど無理です。
だから寝てたも同然です。

なんかフランス語とあの映画の雰囲気と、
それに加えて改装間もない座り心地のいいイスの誘惑と、
その3者が混然一体となって、絶妙のハーモニーを奏でてしまったのですね。ええ。


でもしょうがないじゃん、俺ネロだもん。


さっきも言いましたけど、私はネロなんです。
そりゃ寝ますよ、ネロだもの。
ネロって寝るのが仕事でしょ?
寝てなんぼ、みたいなとこあるでしょ?
だからしょうがないです。
死なないだけマシです。


結局それから20〜30分くらい、そんな半眼状態が続いたため、
私は完全に映画の波に乗ることができず、
少し意識が戻ってきた後半になる頃には、
さっぱりなにがなんだかわからなくなり、
そんな状態で第3部を見てしまった次第です。

「私としたことが・・・」
私は猛烈に自分で自分を責めました。逆有森です、俗に言うところの。
仕方なく見終わった後に、
雑誌とかで全体のストーリーを把握しようともしたんですけど、
その雑誌の解説に出てくるある主要キャラクターの一人に関して、
私はまったく覚えがないので、全然意味がありませんでした。
もうむちゃくちゃです。


そういうことなので、本当は今日、
『アワー・ミュージック』のレビューを書こうと思っていたのですが、
とてもじゃないけど無理です。
ネロには無理ですよ、そんなこと。
全部あのいい感じなイスがいけないんです。


でもちょっと見た雰囲気や解説の感じからしたら、
なんかよさそうな映画なので、
今度DVDになるか、またどっかの名画座みたいなとこでやる時があったら、
絶対見たいと思います。
幸いドキュメンタリータッチなところもある映画なので、
また見ても大丈夫だと思いますし。
リベンジが達成されたあかつきには、ここでも解説します。


このように、結局映画もほぼ見れず、
DVDもまったく見ずに返すという、今日は散々な一日となったわけです。
さきほど返してきましたよ。『恋の骨折り損』。
これじゃあまさに・・・、

・・・いや、言うまい。

なんだか言ったら負けな気がします。よくわかんないけど。
これもまた見ることにします。


とりあえずまだ旧作半額なので、
今週もまたDVDを借りてきました。
でも、今度は2本で。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私としたことが・・・ uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる