uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS トリノ。

<<   作成日時 : 2006/01/26 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像「トリノオリンピック・・・、

感動が待っトリーノ!


・・・。
出ましたね。今回も実にキャッチーな言葉。
素晴らしいセンスです。
これを考えた方は、相当頭が切れる方だと思いますね。
普通浮かびませんもん。こんなワード。
たとえ浮かんでも素通りしていきますもん。
中央線の快速が阿佐ヶ谷を飛ばすように。
止まらないです普通、この駅には。


ということでいよいよ近づいてきました、『トリノ五輪』。
個人的に私は、夏季オリンピックよりも、
冬季オリンピックの方が好きだったりするので、今年も楽しみです。

好きな理由・・・寒い分、ちょっとマイナスオーラが出ている感じがするから。

もちろん以前にもお話したとおり、
だいぶフィギュアスケートのジャンプの種類も判別できるようになって来ましたよ。
そういえば最近、いろんな雑誌やラジオとかで、
『ジャンプの種類の見分け方』みたいな企画を結構やってたりしますね。


『二番煎じ』です。


あんなの所詮、後出しジャンケンです。
私は昔、後出ししたのにジャンケンで負けた記憶がありますけど、
どちらにせよ所詮後出しなんです。どの雑誌も、どのラジオも。
うちのブログが元祖です。
『元祖天才バカボン』なんです。このブログが。
『平成天才バカボン』ではないんです。元祖なんです。
バカボンパパの声がちょっと違うんですよ、『平成』の方は。


さてオリンピックと言うと、冬季夏季問わず、
テレビ各局でいろいろテーマソングが設定されます。
特にNHKのテーマソングは、
一番耳にする機会が多くなるので、かなり印象に残ります。


こないだのアテネは、ゆずの『栄光の架橋』

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光の架け橋だ!!」

という、男子体操団体の金メダル決定の場面での刈屋アナの名実況が思い出されます。
あの時、テレビの前で日本国民全員が、
あの男子団体の見事な演技と名実況に酔いしれる中、
しばらく時間が経つうちに、いぶすように各地から、

「そうか。あのフレーズはタイアップか。」

と、冷めた意見が徐々に出てきた、あの頃のことが思い出されます。


今年のNHKは平原綾香
曲名は『誓い』。
んー、『誓い』って言葉は結構使いやすそうですね。
でも使いやすすぎて、あまりフレーズとしてインパクトがないです。

「日本チーム、勝利への誓いがむくわれるか!」とか。

ちょっと緩いです。
あるいは、

「近い!近い!誓い!!とか。

これ、カーリングの実況なんですけど。
ちょっと無茶ですかね。完全にダジャレですけど。
「待っトリーノ」と同じ次元ですけど。


どちらにせよ、『誓い』という言葉では、
ちょっとむずかしいですね。
「栄光への架橋だ!」ほどの迫力がないです。


あの言葉がすごくクローズアップされた原因のひとつに、
それほど、ゆずのあのテーマソングが、
当時メロディこそみんな知っていても、
曲名に関しては、世間的にそこまで認知されていなかったところにあるでしょうね。
だから最初あの実況を聞いた時、
「なんて素晴らしい表現なんだろう・・・」と、みんな素直にそう思えたんだと思います。

でもそのうち、友達連中の中で、
細かいところをチェックするのが好きな人がいたりして、
(必ず友達何人か集まると、そういうタイプの人が一人はいるものです。私もそうです。)、
そういうタイプの人があの実況と曲名間の関連を発見するんです。得意気に。
それで「ああ!そうだ!」ってことになって、チャンチャンみたいな。
みんなそんな感じだったと思います。
「お前よく見つけたな〜。とりあえずドトール行こうか?」
みたいな感じだと思います。


でもあの実況は、たとえタイアップがあるとしても、
やっぱり名実況だと思います。適度な興奮の仕方とか。
着地が決まったあとの、「勝った…!」の言い方なんて絶妙です。
自然にああなったんだと思いますけど。
「架け橋だ!」って言うタイミングとかも最高ですし。


画像そう考えると、やっぱりスポーツ中継って実況が大事です。
最近競馬のDVDを大量に買ったんですけど、
やっぱり実況の良し悪しで興奮度が違います。
杉本清さんっていう、元関西テレビの名アナウンサーがいるんですけど、
その人の実況なんて素晴らしいです。わびさびがあって。
それでいてただうまいだけじゃなく、感情がバッと出る時もあって。


(私のベスト・杉本清実況)
おっと来た来た来た来た来た!
外からライデンリーダー!
来たぞ来たぞ来たぞ、ライデンリーダー先頭に立つ勢いだ!
抜けたー・・・ライデンっ! (ここで3秒ほど絶句) これは強いぃーー!!
恐れ入ったぁ!なんとなんとライデンリーダー1着ぅー!!
なんとまあ強い!いやぁこれは凄い!」(平成7年・報知杯4歳牝馬特別)


この実況の絶句するところなんて、
本当に杉本さんのビックリしている感情がよく出ていて、とても好きです。


ということで今回のオリンピックでも、
日本選手の活躍と名実況を期待したいところ。
ちなみにこれまでの冬季オリンピックでのNHKのテーマソングは、
こんな感じだったそうです。

2002ソルトレイク 『果てなく続くストーリー』MISIA
1998長野      『shooting star』F-BLOOD
1994リレハンメル 『遥かな人へ』高橋真梨子
1972札幌     『虹と雪のバラード』トワ・エ・モワ


んー、あんま印象ないですね。
でも『虹と雪のバラード』は有名です。
音楽の時間に合唱でよく歌いました。
まぁ私は、『未知という名の船に乗り』派でしたけど。


♪心にカ〜ギは〜(カギはーーー)  かーかーらーないー(かからーないー)


私は( )のところのパートでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
サイテーなオチやな(笑)
久々に爆笑しましたわ。

ちゃんとカギかけとけ(笑)

2006/01/27 14:11
サイテーかい?最高のほめ言葉です。
菅原文太が古畑に、「君には拳銃はいらん」って言った時くらいの、
最高のほめ言葉です。
♪帆をはってー(はってー)
uchi-a
2006/01/30 22:50
このめっちゃバス野郎め!
uchi-aのせいで、最近ずっとこの歌が頭を回ってるわ。まいったまいった。
そんな貴方に、べとべとのリンゴをプレゼント♪


2006/01/31 19:19
うぇー、べとべとー!!
くっそー。
♪ちょっと疑問もー(ちょっと疑問もー悩みも)
  おーとーずれるー(おーとずれるー)
uchi-a
2006/02/01 13:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリノ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる