uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 閣下。

<<   作成日時 : 2006/01/16 17:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像現在、両国国技館では、
大相撲初場所が行われ、
毎日熱戦が繰り広げられています。
豊満な体型のふんどし姿の男性による肉弾戦はとても迫力があり、
私は相撲が数あるスポーツの中でも結構好きです。


どれくらい好きかというと、
「好きな力士は?」と誰かに聞かれたりすると、
「ちょっと古くてもいい?」と言って、
「いいよ。」って言われたら、ずばっと、

「霧島。」

と答えるくらいの相撲好きです。


さてこの大相撲、NHKで毎日放送されているのですが、
こないだの土曜、私が中継を見ていたら、
翌日の日曜日の放送の予告をやってました。
それがかなり私としてはツボでした。


アナウンサー「明日の放送は、ゲストにデーモン小暮閣下をお迎えしてお送りします。」



デーモン小暮閣下・・・
デーモン小暮自体は芸能界でも有名な相撲好きです。
なのでゲスト解説に登場しても、まったく不自然ではないです。
私のツボはそこではありません。
むしろここです。




デーモン小暮「閣下」






NHKが、閣下と呼んでいる!!




日本を代表する公共放送、NHK。
そんなテレビ局が、デーモン小暮を「閣下」と呼んでいる・・・。
私はここがとてもツボでした。


別にこの場合、

「明日のゲストは、デーモン小暮さんです。」

と言っても、全く問題はないはずです。
しかしあえて、「閣下」という言葉を使用しています。
あのNHKがデーモン小暮に対して、
並々ならぬ敬意を払っているように思えます。
だっておかしくないですか?
NHKが「デーモン小暮閣下」って言ってるの。


もしかしてデーモン、NHKに対して、
かなりの権力を保持しているのでしょうか。



ひょっとしてNHKは、デーモンの支配下にあるのでしょうか。
じゃないとおかしいです、あの「閣下」という言葉。
フジテレビが「閣下」って言ってるのとはわけが違います。
なんせ、1999年に「地球征服完了」ということで、『聖飢魔U』は解散しているわけで、
公共放送などはとっくに彼の傘下になっていてもおかしくありません。


あるいは古い体質のNHKですから、
年功序列というものは大事にしているテレビ局だと思うのです。
だから、10万42歳という彼の年齢を敬っているのでしょうか。


でも、だとしても、
そのことと、「閣下」という言葉の使用はまったく関係ないです。
だってそこらの普通のおじいちゃんに「閣下」なんて言いませんから。
『お年寄り→敬う→「閣下」』という結論にはなりません。


なので、おそらく前者だと思いますね。
だって土曜日の中継アナウンサーって、
前回のオリンピックの男子体操の実況で有名になった、
あの刈屋さんですから。
そんな局を代表するアナウンサーが、
「デーモン小暮閣下」って紹介したんです。
「栄光への架け橋だー!!」の名アナウンサーが、です。
これはただごとではないです。
アヤパンが「閣下」言うのとは重みが違います。


ひょっとしたら、

『「デーモン小暮閣下」という言葉は、「閣下」まですべてが芸名なのかも』

とも一瞬思いましたが、この論理はおかしいです。
なぜならそう考えた場合、
NHKは彼のことを、これまでずっと呼び捨てにしていたことになります。
それだと公共放送にしては大変失礼です。
それならば、「デーモン小暮閣下さん」って言わなければならないです。
だから最後の「閣下」というのは、あくまで芸名の一部ではなく、
「地位」を表した言葉なのは明らかなんです。間違いないんです。


しかもその時、画面の下にもスーパーで、
「明日のゲスト・デーモン小暮閣下」って出てました。
明らかなんです。間違いないんです。


ということで、
『NHK、デーモン小暮の支配下説』は、
いよいよ現実味を帯びてきたわけですが、
肝心のその日曜の中継は、
私は残念ながら用事で見ることができませんでした。
果たしてどんな内容だったのでしょうか。
もしアナウンサーが、デーモン小暮に対して、
異常に低姿勢だったりしたら、いよいよ大変です。
こんな風に。




NHKアナ「すくい投げー!すくい投げで○○の勝ち!」

閣下「いやいや、今のはまわしに手がかかっていたから、
    「下手投げ」だぞ。どこを見ているんだ。」

NHKアナす、すいません!!なんと言う失敗を!!申し訳ありません!

閣下「謝るだけでは許さん。
    罰として貴様、カメラに向かって、
    初恋の女の子の名前を叫べ。それで許してやる。」

NHKアナ「なんですって!!そんなことできないです・・・」

閣下「ほほー、できんのか。じゃあ地方局に飛ばすぞ。

NHKアナ「そんな・・・。わかりました。叫びます。

     りさちゃーん!!りさちゃーん!!

     
・・・うぅ・・・。」


閣下うわははははは!愉快愉快!




おそるべし閣下。
その頃土俵では、
十文字が体の柔らかを生かした粘り強い相撲で、
勝利をおさめたのだった。      完

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。
なかなか見ごたえのある放送で何よりでした。
北桜−嘉風戦で、東レポートの刈屋アナが「おばあさんの上に北桜の身体が落ちましたね。」と言った時、「おばあさんじゃなくて、”御婦人”だね。」と天下のNHKアナウンサー、しかも日本に感動をもたらせた刈屋アナにダメ出しをだしていたのは痛快でした。
もしこれで刈屋アナに人事異動が発生することがあれば・・・、それこそすごい影響力を持ってることになるんでしょうね(笑)。

ところで閣下は受信料はちゃんと払っているのでしょうか?
きっちり払ってるんでしょうねぇ、悪魔でも。
パスカ
2006/01/17 00:10
パスカさん、どうもです!
ああ、見れなくて残念・・・。
ダメだしありましたか。危ないですね、刈屋さん。
近々仙台支局にでも飛ぶかもしれません。

他に閣下は中継の中で、
「十文字が目立たないのは、勝つ時と負ける時がはっきりしてるから」
と言っていたようですね。
翌日のラジオの解説で北の富士が、
「(閣下)あの意見を聞いて、なるほどと思いましたよ。」
と言ってました。すごいです。

ちなみに閣下に受信料なんてものは発生しません。
むしろもらう側です(笑)
uchi-a
2006/01/17 21:09
閣下NHK登場ですか。
なんか、前にラジオで、閣下は目立つから、NHKの大相撲は出してもらえない的なことを言ってた気がするんですけど。
(民放のトーナメントとかは出てたらしい)
大丈夫になったんですかね。

相撲といえば、琴光喜関が、小学校、中学の頃の一個上の先輩です。
小学校のころから相撲で有名でしたよ。
オング
2006/01/19 23:37
オングストロームさん、どうもです!
NHKもだいぶ軟化してきましたね〜。
かなり語ってらっしゃったみたいですよ、閣下。

琴光喜!それはかなりなインパクトですね。
当時から、あの常に笑っているような顔だったのですか!?
uchi-a
2006/01/20 20:00
琴光喜関はの顔は昔から全然変わってないですよ〜。
弟弟子の琴欧州関に先を越されましたが、大関目指して頑張って欲しいものです。
オング
URL
2006/01/21 02:46
あああ〜!
すいません。先ほど「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」にコメント入れたものなのですが…「閣下」に反応していしまいました。
悪魔教なもので…(笑)。
去年は聖飢魔IIのミサで大忙しだったのでした。
dim
2006/02/20 22:33
dimさん、ケビン・スペイシーから閣下まで、
守備範囲が広いですねぇ。
悪魔教…筋金入りなのですね☆
uchi-a
2006/02/22 21:14
こんばんは。今日11時過ぎから閣下が栃東にインタビュウするのやるみたいだよ〜。日本の姫様はご両親や宮中職員に取り組みの再現をしているらいいぞ!おそるべし姫様!!
今日も千客万来・・・万来されてもうへとへとですわ。
キク
2006/03/11 21:07
どうもです。
おつかれさまでした。明日は今日の分も頑張りたいと思います。

閣下のインタビューは見たいです。
そんな中で、元貴ノ浪の音羽山親方が、
実は大変重い病気(心臓疾患)だったようです…。
今リハビリしているようですが、とても心配です。びっくりしました。
uchi-a
2006/03/11 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
閣下。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる