uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS この世で一番強いヤツ。

<<   作成日時 : 2006/02/09 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

『この世で一番強いヤツ』・・・。
この言葉にピンと来た方は私と同年代。
きっと『メタリック軍曹』という言葉にも、
かなり反応してしまうタイプでしょう。


さて今日は、そんなDB話をするつもりは、
まったくございませんでして、
今日のテーマは、ずばりタイトルの通りなのです。
『この世で一番強いヤツは誰だろう。』
という話です。


画像もちろん『強い』と言っても、
政治的にとか、経済的にとか、そういうことじゃないです。
基本的に「ガチンコで戦ったら」ということです。


最近はK−1からはじまって、
PRIDEHERO'sと、さまざまな格闘技が存在し、
そのそれぞれで、いろんなチャンピオンがうまれてます。
そんな中で、「本当に一番強いヤツは誰なんだろう・・・」ということを、
私はよく考えます。
みなさんは考えたことないですか?


・・・なければいいです。
ないと言う方はこんな話は忘れて、
こたつでハッピーターンでも食っててください。


ちなみに前もって言っておきますが、
私はそこまで『格闘技通』というわけではないですからね。
テレビでやってて、見れる時に見ているだけですから。

「チミチミ、何を言っておるのだねチミは。」

とお怒りのチョビヒゲの方もいらっしゃるかもしれませんけど、
そこはご容赦ください。


とりあえず「誰が一番強いのか」を決めるに当たって、
便宜上、一応それなりにルールを決めなければいけません。
やはりガチンコとなると、PRIDEルールが一番近いですかね。
でもそれだとまだ甘いので、
ラウンドなしの時間無制限で、グローブなしとか。
ヒザ攻撃も無制限で。クリンチからの攻撃も無制限
ヒジ・・・、ヒジはやめましょう。痛いから
それでもちろん判定なしにして、ポイント稼ぎの戦いをなしにします。
あと、リングもなしで。
「リングなしで、お互いものすごい闘争本能」
ということが大前提です。
逃げたりしないこと前提で話を進めます。


でも一応金的などの急所攻撃は、見苦しいのでなしにします。
もしこれを許可してしまうと、
そればっかりの勝負になってしまいますから。
それは禁止で。
「これが本当の・・・」、





あ、今このことに関して、
瞬間的に小学生レベルの下ダジャレを思いつきましたが、
自主規制してみました。
ちなみに小学生当時の私だったら、きっと言ってましたね。
それで友達の橋本君と大笑いしていたと思います。
半ズボンでケラケラ笑ってたと思います。
スーパーマリオやりながら大爆笑だったと思います。
笑いすぎて、思わずコントローラーを引っ張ってしまい、

♪パラッパパラッパーーーーーーーーーーーーーーーー

って画面が止まってしまうほど、大爆笑していたと思います。
でも今は自主規制しました。大人ですから。
レディの前だし。
バレンタイン前ですし。


ということで、そういうルールにします。
そうなるとやっぱり、
立ち技のみのK−1組は不利です。
ただし現チャンピオンのセーム・シュルトは総合もやれますから、
結構頑張れそうです。
あ、それからちょっと言い忘れてたんですけど・・・、



ハッピーターンってうまいよねぇ。



すいません、話がそれて。
これだけは言いたかったんです。
こないだ2袋買っちゃいました。



ということでやっぱり本命は、ヒョードルでしょうか。
でもシュルトも強そう。
なんでもヒョードルとシュルトは昔PRIDEで戦って、
その時は判定でヒョードルが勝ったらしいですけど、どうなんでしょう。
でもクリンチからなんでもありとかのルールだと、
マーク・ハントとかも体重をいかして強いかも。


なんていろいろ考えていますけど、
私は昔から、この論議に関して、
一貫したある持論を持っています。
この考えに基づいて考えると、
これまでの議論はまったく無駄になります。
その持論とは、


大相撲最強説。


そうです、読んで字の通り、
「お相撲さんがこの世で最強の格闘家である」という考えです。
一部では同じような意見を持っている人も結構多いみたいで、
時々のこの議論になった時、
私がこの説を唱えると、たまに賛同を得たりします。


元力士が他の格闘技に打って出て、
結構失敗する例も多いし、
天下を取ったことなんてあまりないのですが、
どれもすべて、選手として峠を越した状態での話。
現役バリバリならば、話は別だと思います。
そうです、そうじゃなきゃ、
元横綱がタレントに負けたりしないです。
(まぁ、いくらリタイア後の横綱だとしても、
実は39歳だったタレントに負けるなんてことは大問題ですが。
そして今回の騒動から考えると、ムルアカが一番強いです。)


ともあれ、現役バリバリで、
かつ他の格闘技に順応できそうな力士なら、
私はひょっとしたら世界で一番強いんじゃないかと真剣に思っています。
具体的に言うと、スピードとパワーを兼ね備えた力士ですね。
となると、やっぱりあの人です。


画像




朝青龍。







彼の取り口、体つき、スピード・・・。
冷静に見て、私は間違いなく、世界一強いと思っています。


第一に、対ヒョードルを考えてみても、
私は負けないと思います。
腕力でも上だろうし、スピードもかなりありそう。
立ち技の勝負でも強いはずです。
そして相撲取りですから、クリンチからの勝負では一枚上だし、
あの体重とバランス感覚をもってすれば、
ヒョードルくらいのタックルではビクともしないはずです。


そのうえ、相撲取り特有の体の柔らかさ、そしてバネ
以前『東京フレンドパーク』に朝青龍が出た時、
「ウォールクラッシュ」に挑戦して、
あの体でクリアまでいきましたから。化け物です。


パワーとスピードにくわえ、柔軟性さえ兼ね備えているのです。
ただひとつ、長丁場のスタミナ勝負では分が悪いですが、
おそらくその前に決着をつけてしまうはず。
最初体当たりでもして吹っ飛ばせば、そこで決まりでしょう。


そんな気持ちで、私は朝青龍のことを、
いつも一目置いて、相撲中継などを見ていたりします。
だから心のどこかで、
「ああ、一回PRIDE出てくんないかなぁ」
なんて思ってしまいます。
無理ですけど。


ちなみにこの理論で行くと、千代大海も結構強いはずです。
逆に白鵬とかは、相撲では強いですけど、
格闘技ではちょっと落ちるかなぁ、なんて思いますね。


あと相撲以外だと、柔道も相当強いはず。
吉田とか、肉体的ピークを越えた年齢であれだけ現在活躍してるのですから、
重量級のバリバリの選手が出たら、
たぶんすごいことになると思います。


てな感じで、私の結論としては、
『朝青龍がこの世で一番強い』
ということなのですが、
実は他にもう一人、
「この人が最強なんじゃないか」と思う人がいます。
それは・・・、
























森光子。
画像












だって誰も殴れないでしょ?森光子のこと。
文化勲章ですよ。
バチ当たりますよ殴ったら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しております。てっきりDBネタだと思ったのに^^。
朝青龍は今まで(といっても北ノ湖くらいからしか知らないですが)の横綱の中では一番総合向きな気がします。ワタシもバラエティとか出る暇があれば総合に出てくれればなぁ、なんてテレビで見てしまうこともあります。
あと、ハッピーターンはうまいです。間違いないです。
MIGHT
2006/02/10 00:41
でも森光子はヒガシには弱いんです。
でもヒガシは朝青龍には勝てません。
ナカジマ
2006/02/10 09:18
MIGHTさん、どうもです!
おお、同意見ですか!
しかもハッピーターンも同意見とは!素晴らしい!

絶対強いと思うんですけどねぇ…。見たいなあ。
uchi-a
2006/02/11 01:10
ナカジマ、君ともあろうものが甘いよ。
確かに今、光子はヒガシに弱い。
でもね、その愛が、あまりに愛するがゆえに、
形を変えて「憎悪」へと変貌することもありえるのです。
uchi-a
2006/02/11 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
この世で一番強いヤツ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる