uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS しあわせウサギ。

<<   作成日時 : 2006/03/20 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

画像一般の人ほど、私は漫画を読みません。
なんかの拍子に読み始めると、
ずっと読み続けますが、
たとえば週刊誌をかかさず読んだり、
新しいものをチェックしたりとか、
そんな感じではありません。
実際、今私がずっと読んでいる漫画は、
『魁!クロマティ高校』と、『20世紀少年』のみです。


どうです、この無茶な組み合わせ。このギャップ。
「漫画」というつながりしかもはやありません。
左とん平と山田優が、
「同じ日本人である」
というつながりしかないように、
この2作品にはそれくらいのギャップがあります。


ちなみに私が今まで読んだ数少ない漫画の中で、
最も好きなのは、『ぼのぼの』です。
シュールにして哲学、そのうえかわいいという、
あらゆる方向から楽しめる4コマ。
スナドリネコのたんたんとした一言一言にはっとさせられ、
しまっちゃうおじさんの不思議な世界によく幻惑したものです。
あの漫画、本当にひとつひとつのキャラクターの設定が見事。
見事と言うか、実に細かくて魅力的です。
単純に、
「こいつはこれができて、こんな技があって・・・」とかじゃなく、
「ずるい」とか、「意外とマイペース」とか、
そういう、周りの友達とかにあてはめられそうな人間性(?)が、
会話の端々から感じられるんです。
「あ、あいつシマリスくんっぽい!」とか。
別に「だってあいつ、いつもくるみ持ってるもん!」とか、
そういう意味ではないですよ。
「天然っぽいけど、意外と頑固」みたいな、そういうことです。


例えば、アライグマくんとシマリスくんのお姉ちゃん(ショー姉ちゃん)ってキャラがいて、
この2人は結構乱暴な感じで、
よくシマリスくんをいじめるんですけど、
ショー姉ちゃんは意志が強そうな感じなのに比べて、
アライグマくんは、シマリスくんの気まぐれに、
なんだかんだ言いながら付き合ってあげたりして、
意外とそのへんがルーズな感じ。
そういうところが微妙に差があって、とてもうまいんです。
ある意味、男のアバウトさと、女のさっぱり感がよく出てます。


このように、一人のキャラクターをネタに、
「アライグマくんって、たぶん強がりだよね〜」
みたいに、しばらく語り合えるくらい、
魅力的な漫画です。



基本的に、キャラクターがいろいろでてくる漫画は比較的好きかも。
ただ、単にいっぱいでてきて、
画像わいわい大騒ぎな感じはダメっぽいです。
んー、なんでしょう。

悲壮感?

なんかそういうペーソスを感じさせるキャラ設定がいいです。
どかどかーっと登場する感じじゃなくて、
ふと右を向いたら「ぬ〜」って現れてるような、
そんなキャラクターが好物です。


その『クロマティ』なんかも、
みんなバカはバカなキャラなんですけど、
その中にみんな一定のペーソスを感じます。
新キャラの登場シーンとかも、
だいたい「ジャーン」って感じで出てくるより、
「おい!C組に変なやつがいるらしいぞ!」
みたいな感じで、何人かでそっとその様子を見に行く、
みたいなパターンが多いです。
そういう、遠くから観察する姿勢が好きです。


ネット番長・藤本貴一とか、
ネットでうまくいかないフラストレーション(ネット上はものすごく低姿勢)を、
ケンカで晴らしている感じが、すごく悲壮感を感じますね。
メカ沢も、
「本人は自分がロボットだということをまったく意識してなくて、
周りはそのことについて本人に言いたいんだけど、
なかなかこわくて言えないで、結局そのまま現在に至る」

みたいなモヤモヤした設定がいいです。


これら以外だと、
『少年アシベ』とかも好きですね。
アシベは今あげた2作品よりはアニメで長くやっていたので、
まだ一般的に知られてますよね。たぶん。
私があの漫画で好きなのは、
スガオくんと、サカタ兄弟、
そしてリャンリャンとヒトシ君への片思いでしょうか。
あの漫画もかなりディープなにおいがします。
まおちゃんの微妙な家庭環境とか。
この漫画も、相当語り合えそうです。


こう見てみると、この3作品には、
共通している1点があることがよくわかります。
それは、


主人公が全然目立っていない。


『クロマティ』→神山
『ぼのぼの』→ぼのぼの
『アシベ』→アシベ

画像
どの作品を見てみても、
どう考えても主人公が一番ナチュラルですから。
確かに多少はおかしいですけど、
他のキャラクターに比べるとよっぽどナチュラルです。
私が考えるに、おそらくこのあたりが、
結果的にペーソスを生んでいるんだと思いますね。
群像劇=社会的=悲壮感というか。
そういうことだと思いますよ。
関係ないですかね?
群像性だと思いますよ。すべては。
それがリアリティを生んでるんです。
どれもむちゃくちゃなキャラクターではありますけど。
リアルなんです。


そしてそんな中で、
最近ふと、このブログではあまりとりあげたことのない、
あるアニメのことを思い出しました。
アニメでしか見たことのない作品なんですけど。
しかもそんなに長い期間放送されてなかったんですけど。
それは、


『クマのプー太郎』。


私、このアニメ結構好きで見てました。
このアニメも、今の3作品と同じ感じです。
主役がぜんぜん目立ってないし。
いろんなキャラクターが出てきます。
あとなぜか、どの作品にも兄弟が出てきますね。
『ぼのぼの』には、『ダイ姉ちゃんショー姉ちゃん』
『アシベ』には、『サカタの兄弟』
あと『クロマティ』には、『メカ沢・メカラッタ』
ちょっと強引ですが。
当然『クマプー』にも兄弟が出てきますよ。
『双子の兄弟』が。
特に名前はなく、『双子の兄弟』
声はよゐこがやってました。


『クマプー』だと、やっぱり『しあわせウサギ』ですね。
「自分の耳をいろんな隙間に入れたら幸せだろうか」と常に思っているウサギで、
実際に入れてみると、
「し〜あ〜わ〜せ〜」
と言って、どこかにとんでっちゃいます。
それだけのキャラクターです。
(こちらの声は「クレヨンしんちゃん」ですけど、あれとは全然違います)
さらに、『まくわうりデカ』と『その助手』。
『ウェイター』もいいですね。


この記事を書くにあたって、
いろいろとネット検索してみたんですが、
やっぱり『クマプー』について書かれている記事はあまりないようですね。
まぁ私もあまり深くは知らないんですが、
私の周辺なんか、本当に全然知らないですからねぇ。
放送していた時間も短いので無理もないですが。
とりあえず、最近ふとこのアニメのことを思い出したんで、
ためしに周りの人に向かって、
「し〜あ〜わ〜せ〜」
と言ってみたんですが、
今のところ反応があったのは1名だけでした。


他に『コジコジ』とかも好きですが、
あれはちゃんと主役がたってますね。
群像劇ではありますけど、そのへんはすごいです。
『ちびまる子ちゃん』も同じで、主役に存在感があります。
さくらももこ、おそるべし。
でもそれ以外の作品は、どれも主役が控えめ。
漫画じゃないですけど、実は、
『オー!マイキー』なんかも、
実はこのラインだと思いますね。兄弟でてくるし。
どれもストーリーテラーっぽいですね、主役が。
そんな感じがします。


タモさんです。『世にも奇妙』で言うところの。


そんなポジションです。
『タモリ=ぼのぼの』です。
あるいは『ガイアの夜明け』で言ったら、役所です。
『アシベ=役所』です。
『少年役所』です。


アシベが2人出てきますよ。
黒いコート着て。真ん中分けで。
そうなると当然ナレーションは、




蟹江敬三ですよ。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです。「クマのプー太郎」マイナーなんですかねぇ。ビッグコミックスピリッツに連載されてましたが、あの頃のスピリッツの4コマ漫画系はかなりキレていたので全部好きでした。「伝染するんです」とか「じみへん」とか。というかアニメになってたんですね。そっちのほうがびっくりです。知らなかった、、、。
MIGHT
2006/03/20 23:09
僕もクマのプー太郎は愛読してましたよ。単行本(全4巻)も買いましたし。そういやテレビアニメになってましたねぇ。さすがにアニメは見てませんでしたが。
どんなキャラクターがいましたっけねぇ・・・。ロジャーとかいましたね。松村くんとか。でもやっぱりしあわせウサギが良かったですね。
当時のスピリッツはよく読んでました。「やったろうじゃん」「いいひと。」「ジャンケン隊」なども。でも一番楽しみだったのは「禅絵魂」のお題発表でした(笑)。
パスカ
2006/03/20 23:55
私はクマプーのアニメが大好きで、よくモノマネしてました。
ウエイターとしあわせうさぎが得意です。
ホントです。

でも中学生当時とは肉のつき方が違うので
しあわせうさぎはもう怪しいかもしれません…。
キョウコ
2006/03/21 00:32
ぐぉー!!
内容がめちゃめちゃ理解出来る自分に乾杯!!
(興奮しすぎて乾杯って打つのに2,3回タイプミスするほど)
ちなみに佐藤が好きな幸せうさぎの台詞は、
「豆腐の角に頭をぶつけたらしあわせ〜?」です。
佐藤
2006/03/21 02:48
MIGHTさん、どうもです!
私は当時読んでいなかったので、
「クマプー」が4コマなことすら知らないです(笑)
ただ、「じみへん」は好きでした。
たんたんとコマが消費されていく様子が好きです。
uchi-a
2006/03/23 20:24
パスカさん、どうもです!
なんだかみなさんの方がおくわしいようで(笑)
松村くんっていましたねぇ。
アニメやってたのは、半年くらいだったと思います。
「いいひと。」と同時期だったんですね〜。
uchi-a
2006/03/23 20:28
キョウコさん、どうも!
「しあわせウサギ」ができるんですか!?
じゃあ「しんちゃん」もいけますか!?(笑)
ウェイターの声が思い出せません・・・。

私はコジコジの次郎君ができます。
uchi-a
2006/03/23 20:33
佐藤さん!喜んでいただけてうれしいです!
「豆腐…」、たしか見たことがあります。ええ。
確実に見たことがありますよ。
uchi-a
2006/03/23 20:34
「し〜あ〜わ〜せ♪」最高夜中、脳裏にしあわせウサギの声が検索、見つかりましたぁテ蟹江さん、ありがとうP
スキマスイッチ
2008/12/14 01:29

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
しあわせウサギ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる