uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS KAT-TUNデビュー曲・『Real Face』の歌詞はスガシカオです。

<<   作成日時 : 2006/03/23 15:26   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 10

画像アクセスアップ!
KAT-TUN関連の記事を書いてアクセスアップ!
なんせ今売れまくりみたいですからね。
これに乗っからないわけにはいきませんよ。
名前、1人わからないですけど。
しかもその1人を含め、
名前と顔が一致しないのが2人いるので、
どっちがどっちだかわかりません。
でも、アクセスアップ!亀梨アップ!
あと、ボブ・デービッドソンとかも言っておいたら、
これもアクセス数あがりそうなので、デービッドソンアップ!


ということで、そんな知識レベルのまま、
今日はKAT-TUNの新曲・『Real Face』についてです。
発売前から超話題のこの曲、
発売日を前にしてはやくも、
初回出荷枚数が100万超えしたそうで、
もうフィーバーですね。
ファンキーモンキーですね。
嵐のマッチョマンですね。


そんな今話題の『Real Face』。
直訳すると、「本当の顔」。
決してマイケル・ジャクソンの悲哀について歌っている曲ではありません。
にもかかわらず、
マイケル・ジャクソンの悲哀について歌っていないにもかかわらず、
なぜ今日、私がこの曲について取り上げるのかと言うと、




作詞がスガシカオだから。




『夜空ノムコウ』以来、
再び我がシカオ・スガが、
ジャニーズの曲の作詞をしたのです。
前回の時には、
山崎まさよしが自分の曲の中で、
「♪SMAPシングル 詞がスガシカオ〜」
という早口言葉を言ってましたが、
それで行くなら、今度は、
「♪KAT-TUNシングル 詞がスガシカオ〜」って具合です。


画像ちなみに作曲はB'Zの松本孝弘
ダウンタウン松本のお兄さんで、
南こうせつの大ファンの松本隆博
ではない方の、
松本孝弘さんです。
そのため曲調は、フォークではなくJ-POPです。


ところで、テレビでもこの「スガシカオ+松本孝弘」のコンビについて、
いろいろと取り上げられてるんですが、
どの番組でも、「超豪華」とか「ヒットメーカー」みたいに言われてて、
亀梨君も音楽番組で、
「デビューよりも、作詞作曲がこの2人だということに驚いた」みたいなことを語っていました。


いつからシカオさんはこういう大御所ポジションになったんでしょうね。


ずっとシカオファンをやっていると、
世間的なスガシカオの位置みたいなものが、
よくわからなくなってきます。
中立的には見れないですから。
でもこれらの発言や報道を見てみると、
結構もう大物扱いみたいですね。
私としてはいまだに、
テレビにスガシカオが出たりするとドキドキですけど。
「うれしい」とかじゃなく、「大丈夫かなぁ」って感じで。
『HEY HEY HEY』でチャンプやった時なんて、
もう心配で見てられなかったです。
それがねぇ、いまではねぇ。
私の友人(シカオファンではない)も、
「最近、かつてのマイナー感が薄らいできた」と、
的確に表現していました。
そうなのかもしれませんね。


さて、実際にこの曲、
テレビで何度か見たんですが、
メロディー的にはやっぱりB'zっぽくて、
間違いなく「スガシカオ」ではないです。腰ふってたし。
『夜空ノムコウ』をシカオさんは、
最近ライブでよくセルフカバーって感じで歌うんですけど、
さすがにこれは無理ですね。
ギター持って腰を振るシカオ・スガも見てみたいですが。


そして気になる肝心の歌詞はというと、
私の第一印象とすれば、

「がんばってるなぁ」

って感じです。
随所随所にシカオテイストな部分はありますけど、
「おお、無理しているね。」って雰囲気がプンプンする部分もあります。


ということで、今日はこれから、
このKAT-TUNデビュー曲・『Real Face』の歌詞について、
具体的にチェックしてみます。
そしてシカオさんの心理など、
勝手にいろいろ想像してみたいと思います。
あ、ちなみにラップのところはスガさんは書いてないですよ。
そりゃ無理です。
だって日ごろから、
「ラッパーの人ってあんなに歌詞覚えられてすごいなぁ」
って言ってるような人ですから。



まずは冒頭部から。


ギリギリでいつも生きていたいから
さあ 思いきりぶち破ろう
リアルを手に入れるんだ



「リアルを手に入れる」って、すごいシカオさんっぽいです。
「ギリギリでいつも生きていたい」って、
ここは頑張った感じしますね。
やっぱり、KAT-TUNというジャニーズのデビュー曲ですから、
それに合わせて作ってるということは当然なんですけど、
それをスガさんが楽しんでいる感じが伝わってきます。


(1コーラス目)
アスファルトを蹴り飛ばして
退屈な夜にドロップキックしたつもり
すべって空振り
テキトーなノリでバックれて
ありえねー嘘並べたって
世界変えられやしない…



頑張ってますねぇ。
なにより、カタカナが多いです。
「ドロップキック」「バックれて」
「ありえねー」
あたりが頑張ってます。
「ありえない」でも問題ないですから。
そこをあえて、「ありえねー」です。
相当若者を意識してますね。
あるいは映画・『カンフー・ハッスル』のファンを意識しています。
ちょっと聞いていて恥ずかしくなってくるくらいに、
意識している様子がうかがえます。


夢を語るふりしてれば
なんか大人になれる気がして
舌打ちをした



ここは完全にスガさんです。
戻ってきました。急に。
急に真顔になって戻ってきた感じがします。
「舌打ちをした。」って終わり方とか、すごいですねぇ。


ギリギリでいつも生きていたいから 
Ah ここを今飛び出して 行こうぜ
このナミダ・ナゲキ→未来へのステップ
さぁ 思いきりブチ破ろう
リアルを手に入れるんだ



「このナミダ・ナゲキ→未来へのステップ」
いい詞書きますねぇ。
普通にいい詞です。この部分のメロディも合います。
でも、「→」に関しては、
またまた頑張っています。
あと、「ぜ」。


(2コーラス目〜ラスト)
新しいシャツ脱ぎ捨てて ずぶ濡れになった火曜日を
笑いたきゃ笑えばいい
雨上がり濡れた堤防で 初めて君についた嘘は
今も乾いていない

悪いけど賢くはないさ きっと頭より心で
考えるから行く

ギザギザに牙をむきだしながら
Ah 俺流スタートダッシュで行くんだ
この近いでかい世界の先へ
さぁ無限超えていこう
リアルを見つけにいこう

ギリギリでいつも生きていたいから
Ah ここを今飛び出して行こうぜ
この ナミダ・ナゲキ→未来へのステップ
さぁ思いきりブチ破ろう
リアルを手に入れるんだ



そして2コーラス目
スガファンも納得の歌詞でしょう、ここは。
スガさんは自分の言いたいこととかを、
2番でドーンと表現するのがうまいというか、
好きなんだと思いますね。
1番は逆にノリを大事にしているというか、
あるいはそういうことを1番で大々的に書くのが恥ずかしいのか、
それとも曲トータルで考えて、
最初に大事なことを言ってしまっては、
後に書くことがなくなるからなのか・・・。
いろいろと考えられますが、
なんにしろ、私はスガさんのこういう構成が好きです。


「悪いけど賢くはないさ」
スガさんですねぇ。まさに。
なんか少しずつジャニーズのファンに向かって、
スガさんが自己紹介しているような詞です。
「えー、私は本来ですね、こういう歌詞を書いておりまして・・・」と言った感じです。
特に「悪いけど」。
嫌味な感じと開き直りとちょっとナルっぽい感じが入り混じって、
すんごくもやもやしてます。
いろんなニュアンスがこめられてます。


で、そんなこんなで最終的には、


『ギリギリ』と『ギザギザ』


というラスト。
やりましたね、やってやりましたねスガさん。
「キャッチーな感じにしてみました」
といった最後です。
さすがです。ぬかりないです。


というわけで、スガファンもKAT-TUNファンも納得の詞ではないでしょうか。
もしKAT-TUNがデビューして何曲かすでに出していたら、
もっとスガさんっぽい詞を書いたかもしれませんね。
やっぱりデビュー曲なので、
そのへんいろいろ考えたんでしょう。
コテコテのスガファンの中にはご不満の方もいるでしょうが、
たまにはいいんじゃないでしょうか、こういう「よそ行き」のスガさんも。
野球選手がタキシード着た感じで、そういうのもいいもんです。


てな感じで、これを機会にですね、
KAT-TUNファンのみなさん、スガシカオさんをよろしくお願いします。
私もカラオケ練習したいと思いますので。
でも、



課題はラップ。



あの人です。
あの山本KID似の。
それが課題です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[スガシカオ×(及川光博+ポルノグラフィティ)]
ベストアルバム発売で、 ただいま絶賛プロモーション中のスガシカオ。 今週は特に積極的でした。 各所各所で、名刺を渡し歩くように、 あちこち顔を出しておられました。 東国原知事ばりのプロモーション活動でした。 「どげんかせなあかん」って感じで頑張ってました。 「鳥は安全ですよ」みたいにね。 「スガは安全ですよ」みたいに。 「聴いても大丈夫ですよ」みたいな感じで頑張ってました。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2007/02/03 22:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
どーもm{_ _}m
最近気づきました。
uchi-aさんのような面白いブログはできないことを(爆)
もう…あきらめます。読むたびにプッと噴出してしまうuchi-aさんに密かに憧れていましたが(笑)
書くのではなく読む専門でいきたいと思います (*`・ω・´)
ちょっと笑いを誘ってみようと最初の顔文字頑張りました(爆)
しーま
URL
2006/03/23 22:07
しーまさん、どうもです!
いやいやいや、そんなお褒めいただいて。
私にはもったいないですよ!
私なんかではなく、もっと素敵なものに憧れてください(笑)

あえて{}なのがラブリィです♪
uchi-a
2006/03/25 01:07
 私もどんな歌詞なんだろうと
興味ありましたが、やっぱり頑張っているな
ですね、いい意味で^^
2番の歌詞 ここで初めて知りましたが
本当 シカオさんですね。
ちなみにファン目線で言うと
舌打ちをしたの後の、仁くんの舌打ちが
萌えポイントだったりします(笑)
舌打ちできゅんとするなんて
摩訶不思議です。
KIDのラップは厳しいですね〜、うむ。
あずさ
URL
2006/03/25 22:44
あずささん、コメントどうもです!
舌打ち…「来たな。ここだな」って思ってました。
KIDのラップは、
「別にいいかな。練習せんでも」って気になってきました。
uchi-a
2006/03/28 23:21
http://kamenashi_rino/23ih?/
khmんbv
2006/04/04 21:20
http://kamenashi_rino/23ih?/
iuop@
2006/04/04 21:21
はじめまして。遅ればせながら、昨日のミュージックステーションで初めてこの事実に気付きました。シカオ+松本だとは。。。今後のかつーんさんに注目したいと思います。
nono
2006/04/29 10:55
nonoさん、どうもです!
KAT-TUNは最近のジャニーズの中では異色ですよね〜。
今後どうなるでしょう。
uchi-a
2006/05/02 21:33
はじめまして たまたま ネット検索していると このHPにたどり着きました。 一言だけ訂正させて頂きますと、スガシカオさんがジャニーズへの楽曲提供としてSMAPの「夜空ノムコウ」とKAT-TUNの「Real Face」の間に嵐の「アオゾラペダル」という楽曲を作詞作曲で提供しておられます。
これは 是非ご本人にも歌って頂きたいな〜って思う感じです。
ジャニ子
2007/05/11 13:52
ジャニ子さん、はじめましてです!
おそらくですが、当時この記事の段階では、
「Real Face」の後に「アオゾラペダル」が発売されたはずなので、
こういう表現になっていたと思います☆
ちなみに「アオゾラペダル」は、
ちょっと前のライブでシカオ氏が歌ったらしいですよ♪


uchi-a
2007/05/18 14:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KAT-TUNデビュー曲・『Real Face』の歌詞はスガシカオです。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる