uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新合体キャラクター・『ガッチャピン』。

<<   作成日時 : 2006/03/09 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像この『ウェブリブログ』に、
プロフィールサークル機能(SNS)が新装備されて、
はや数日か経ちますが、
みなさんいかがおすごしでしょうか。
正直私、今回いくつか新機能が導入されたわけですが、
今のところ、
これまでとまったく変わりのないブログ生活を送っております。
いいんでしょうか、こんな感じで。
基本的に現状維持を好むタイプなので。
表参道ヒルズもいったことないんで。
がいいです。
ヒルズ族ではないです。家・族です。


さて、そのプロフィールなんですが、
プロフィール画像が添付できるんですね。
なのでやろうと思えば私の顔出しとかもできるわけなんですが、
中途半端な顔なのでやめておきます。
「へ〜」ってだけなので。
微妙なのでやめておきます。
なのでひとまず、『ハナコアラ』に設定してみました。


『ハナコアラ』・・・、これもまた微妙なポジションです。


画像爆発的に流行ってるわけではないことは確か、
かと言って廃れるわけでもなく、
今だにCMで流れていて、流れると見てしまうし、
一部で根強いファンもいるという、
これまでのキャラものの中では異色の存在
相撲の番付で言うと、前頭2枚目みたいな感じでしょうか。
時々金星取るみたいな。


もっとわかりやすく言うなら、
もしニュースキャスターに例えるとするなら、
テレ朝の渡辺宣嗣さんのような位置でしょうか。
久米宏みのもんたほどのメジャー感もないですし、
筑紫さんみたいな堅さもないし、
それでいてキャスターとしての落ち着きもあるって感じです。
そんなもやもやっとしたポジションが、『ハナコアラ』にはあります。
結構『スーパーモーニング』好きです。


しかしこの『ハナコアラ』、数年後どうなっているんでしょうね。
なんかの拍子にブレイクしてたりするんでしょうか。
あるいは徐々にこのままフェイドアウトしていくんでしょうか。
もし、何年か経っても、
今のようなポジションを維持し続けているとするなら、
それは逆に立派です。
己のポジションを確立した感がありますね。
いぶし銀です、いぶし銀。
橋爪功くらいのいぶし銀です。


ともあれ、今年もいろんなキャラクターが生まれ、
それで消えていって、
倉庫にはたくさんのその残骸が山積みになることとなるでしょうが、
そんな中で先日、久々にゲーセンに行ったら、
またおかしなものが登場していました。
そいつの名は、


画像



     ガッチャピン!







出た!久々に合体もの!
サザエボン以来の合体もの!



正式名称・『科学忍者隊・ガッチャピン』
その名の通り、『ガチャピン』と『ガッチャマン』がフュージョンしたもの。
でもそのUFOキャッチャーにはちゃんと、
『ガチャピン&ガッチャマン・公式コラボレーション』
と書いてあったので、
サザエボンのようなごだごたはなさそう。


まぁ当然私はこれを人目見て、
すっかり心を奪われてしまったのですが、
1回チャレンジして、とても機械のアームが弱かったので、
残念ながらあきらめました。
いつの日か是非ゲットして、
いろんな人に見せびらかせたいです。
たぶん相当ウケると思います。
私の福山雅治のモノマネよりウケることでしょう。


そう、私は福山雅治のモノマネができます。
うっかりやったら、結構似ているようで、
毎度高評価です。
「あんちゃ〜ん!」ってね。
「小梅〜!」ってね。
「あんちゃーん、俺の冷蔵庫のプリン食っただろ!?
 プッチンプリン食っただろ!?」
とかね。
「小梅〜!俺のエンピツの反対側を噛むなって、
 何度も言ってるだろ!!」
とかね。
すべて、『ひとつ屋根の下』の名シーンより抜粋ですけども。






「小雪〜!全盛期の千代の富士と、貴乃花どっちが強いと思う?
 小雪〜!はやくこたえるんだ小雪〜!」








小雪「・・・私は北の湖派。」






しかしよく考えたものです、『ガッチャピン』。
おそらく企画会議で、どちらかの陣営が、
「ガチャ・・・ガチャ・・・」などとつぶやいていたら、
誰かが「あ!」って思いついて、
「よし、くっつけちゃえ!」ってなったんでしょうねぇ。
「ウケる!超ウケんだけど!!」みたいなテンションで。
Rootsでも飲みながら。
キャスター付きのイスに座って、
「トリプルルッツ!」などと言って回転しながら。
私はそういうグダグダなムードが好きです。


でも考えてみると、
画像『ガチャピン』が『ガッチャマン』になっても、
なんら不思議ではないと思いますよ。
なぜなら『ガチャピン』は、日本屈指のエンターテイナーですから。
あれだけ万能なエンターテイナーはいません。
なんせフリースタイルスキー・エアリアルまでできますから。
あとスキューバにモトクロス・・・、スポーツ万能です。
確実に永井大よりすごいです。


だから『ガチャピン』が『ガッチャマン』になるということは、
永井大が仮面ライダーに出演するようなもんなんです。
そう考えれば、全然違和感ないでしょ?
当然のなりゆきですよ。
あれほどのアスリートを放っておく手はないです。


ということで基本的には文句ないのですが、
しかし、ひとつここで大きな問題があります。
それは、


5人いる。
画像















まぁ、『ガッチャマン』ですから、
5人いることは正しいんですけど、
それよりも逆に、『ガチャピン』5人もいるってことの方が大問題です。
だってあんなすごいポテンシャルを秘めた緑の生物が、
この世に少なくとも5人もいるということですよ。
これは、空恐ろしいものがあります。


ということはです。
実は本当は5人なんてレベルじゃなくて、
まだまだ『ガチャピン』はこの世に、
かなりの数が生息しているのかもしれません。
いや、むしろその可能性の方が高いです。
中途半端に5人しかいないってことの方が、むしろ不自然です。


きっと地球上のどこかに、未知の島があって、
そこに無数の『ガチャピン』たちが毎日生活を送っているんだと思います。
ガチャピンの島です。『ガチャが島』です。
そして毎日、食事・睡眠・繁殖・エアリアルをくり返しているんだと思います。
はぁ、恐ろしい。若干鳥肌が立ってきました。


そうなるとその隣には当然、『ムックの島』もあるはず。
だってガチャピンあってのムックですから。
ガチャピンの近くにいるはずです。
遠くから見ると、赤く煌々と島全体が燃えているような感じで、
『ガチャが島』の横に『ムクが島』があるはずです。きっと。
赤と緑にうごめく島が並んでるんです。
やー、こわい。


ということでみなさん、
これから彼らの動向には十分気をつけてください。
これまで人間社会の中で、
マスコット扱いされて抑圧されていたものが、
ここに来て一気に噴き出す可能性があります。
なんせ今や彼らは『ガッチャマン』となって、
すっかり戦闘態勢を整えていますから。
そしてあの身体能力をもってすれば、
なんの兵役も積んでいない我々なんか、ひとたまりもありません。
みなさん、もし街であの緑色の重厚感のある生物を見かけたら、
本当に気を付けてください。


ちなみにガッチャピン3号は、「手先が器用」らしいです。
おそるべしです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ガチャピンが大勢いるのであれば、
私が高校生の時に奴が
「僕は5才で〜す」とか言ってた謎も解けます。
代替わりですね。
いや、むしろ常に複数のガチャピンが入れ代わり立ち代わり
私達の前に姿を現わしているのかも!
だとすると、騙されてたんですよ、私達!!
「ガチャピンって何でもできてすごいね〜」って思わせておいて、
実はスノボ担当とか、潜り担当とか、喋り担当とか、
その都度その道のエキスパートガチャピンが出演してたんですよ!
くそぅ!!ずっと信じてたのに!!!
ナカジマ
2006/03/12 03:25
やぁ、ナカジマン。

なるほど。じゃあその見解なら、
普通にガチャピンは人間のように、
いろいろいるわけですね。
となると、スノボをガチャピンに教えるガチャピンがいたり、
しゃべりを教えるガチャピン師匠もいたりするわけですな。
そうなるともはや立派な「国」です。おそろしい。
uchi-a
2006/03/15 23:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新合体キャラクター・『ガッチャピン』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる