uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中田英寿、『引退』。

<<   作成日時 : 2006/07/04 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

画像さっきテレビを見ずにつけていたら、
(私は家では、見る見ないにかかわらず、
テレビがついていないと落ち着かない)
「ピロロロン」というニュース速報が。
いくつになってもあの音には過敏に反応してしまいます。
「いったいなんのニュースなんだ!?」と思ってみたら、
ビックリしましたね。


サッカー日本代表・中田引退。


中田と言っても、赤坂御所に不時着した方ではありません。
あれはあっちゃんですから。
さすがにあっちゃんも、あの不時着で引退を決意ってことはないと思いますし、
なによりそれが『ニュース速報』になることはないですからね。
ヒデですよ、ヒデ出門じゃない方のヒデです。


でも、あっちゃん危なかったね。どうしたんだろうねぇ。
たぶん赤坂御所の中に、「○」っぽいものが見えたんだろうな。
それでうっかりあっちいっちゃったんだろうな。
「『○』に降りなきゃ」的なことで。
あっちゃん、かっこいいね。


まぁこんなまくらもありつつ、
中田英寿の話ですけど。
私は基本的に中田って、
好きなんですけど、人間そのものは苦手です。
なんかこういうタイプは苦手なんです。
なんと言うか、「みんなをひっぱるぞ!」みたいな、
ギラギラしたやる気を出してる人はとても苦手。
基本的にこういうストイックな人全般苦手なんです。
若干ファッションも含めてですけど。


でもこの人は、やっぱりすごい人だったとは思います。
苦手だけどすごいというタイプ。
私の好きなスポーツで言うとこの人のようなタイプは、
他だとF1のミハエル・シューマッハとか、
近いポジションかもしれません。
シューも苦手ではありますけど、
史上最強のすごいドライバーかもしれないと思ってます。
でも基本的には苦手・・・。
なんでしょうねぇ、ちょっと洗練されすぎちゃっててダメなのかもです。
グダグダな人の方が落ち着きます。
まぁ、すべては私がグダグダなのが原因なんですけど。


そんな中で、さっきの引退発表
でもこの引退で、私はなんとなくわかってきました。
「中田英寿はアスリートなんだな」ということが。
「スポーツ選手」でも「サッカー選手」でもなく、
「長いマフラーを巻く人」でもなく、
「アスリート」なんだなと確信しました。


「アスリート」と「スポーツ選手」の違い。
例えば「スポーツ選手」っていうのは、
そのスポーツのルールにそって、いろいろなテクニックがあって、
チームワークがあったりして、
体力的には若い頃の方がいいはずなんですけど、
年をとると、年をとったなりに技術が磨かれたりしてきて、
ズルさも身についてきたりして、
それで場合によっては、衰えた頃の方が成績がよくなってきたりするものです。
そしてそれを、「スポーツ選手」は自分で評価できるんだと思います。


でも「アスリート」は、主に陸上などの個人競技の選手に多いと思いますけど、
基本的には自分磨きですから、
こういう人は、
「若い頃できてたことができなくなってくる」
「これ以上のものがなくなる」

という問題に、必ずガツンとぶつかるんだと思います。
(特に陸上選手とかの場合、単純に記録が悪くなったりするので、
そのへんはすごくわかりやすいかも。)
中田もそういうのにぶつかったのは間違いないんじゃないでしょうか。
もちろんそれ以外のいろんな理由もあるでしょうが。
実はすんごいくだらない理由だったりするのかもしれないですけどね。
基本はそういうことだと思います。
わからないですけどね。
本当は、


「オシムの顔が、なんとなく気にくわないから。」


こんな理由なのかもしれませんけどね。
そのへんは聞いてみないとわからないですけど。


でもとりあえずこれまでの言動から、
中田は単純な「サッカープレイヤー」という感じではないなというのは、
なんとなく感じてはおりました。
「アスリート・中田」というものがいて、
そのアスリートがたまたま「サッカー」という競技に身を置いているイメージですかね。
もちろんサッカーは愛してるでしょうけど。
私は中田をそういう存在のように思って見ていて、
時々中田の言動やプレーが、
周囲から乖離している様子に見えたのは、
「サッカー選手」の中に「アスリート」が混じっちゃってるからなのかなぁと思ってたんです。
中田の良さであり、悪さでもあるとこですけど。


だから今回の引退って、
そんな中田という人格から考えれば当然だと思うし、
納得のいくものだと思います。
逆に言うと、大会前から思ってたこととして、
この大会の後に中田がサッカーやってるところを、
私はまったく想像できなかったですし。
「まだまだできる」のは間違いないですが、
それは所詮相対的なもので、
中田にとってそんなことは問題ではなかったはずです。
突発的に決めたことでもないと思います。


私はこの引退って、テニスの伊達公子の引退に少し似てると思います。
伊達も女王・グラフに勝った後、突然引退発表して、
私は「なんで引退!?」と思ったんですが、
当時は次のシーズンから変更されるランキング制度(試合にたくさん出る必要がある)と、
長年の悩まされていた足のケガの状態との兼ね合い、
そしてウィンブルドンのセンターコートに立つという目標も達成されて、
その状況で「これ以上はない」と悟り、
そう思ってしまった瞬間、やめるしかないと思ったんだと思います。
個人スポーツと団体スポーツで差はありますけど。
中田もそんな「これ以上」が目の前から消えたんじゃないですかね。
体力的にも落ちてきて、セリエAやプレミアのピッチに立ち、
ワールドカップにも出て・・・、ですから。


その点、カズはまだ現役ですけど、
彼は今どういう気持ちなんですかねぇ。気になるとこです。
アスリートではないのでしょうか。
でもひょっとして、カズが今も続けていられるのは、
最後の「ワールドカップにも出て」がないから、
ってことなのかもしれませんね。やっぱり。
となると、カズはアスリートって可能性もあります。
となれば、ゴン中山はアスリートではないです。
このへんをいろいろ考えていくと面白いです。
中山は、自分のサッカーがうまいかどうかというより、
「サッカーをやる!点を取る!」ってことが大事な人な気がしますから。
カズがサッカー続けるのと、中山がサッカー続けるのは、
かなり違う感覚なのかもしれませんね。
だから中山はアスリートではなく、なんと言いますか、
「愉快なサッカー兄さん」って感じです。ラブリーです。


ということで、私なりにああだこうだ中田を分析してみましたが、
スポーツ選手の引退って毎度思いますけど、
本当にいろいろなパターンがあって興味深いです。
こんな選択がある仕事ってスポーツだけでしょうし。
だって例えば畳屋の職人が、
ちょっと腕が全盛期から落ち気味になったからって、


「もう昔のようなスピードで畳は作れねぇ!」


とか言って、「これからは後進の指導に・・・」なんてなりませんからねぇ。
飽きてやめることはあっても。

「三丁目の畳屋の源さん、電撃引退!」
「周囲から、『まだやれる』との声」
「今後は後進の指導に・・・」


なんてないですからね。
区民だよりにもそんな記事載らないですからね。


あ、でもスポーツ実況とか、
漫才・落語とかなら結構ありそうです。
こないだ引退した園楽さんなんて、
まさにスポーツ選手の引退の形に近いです。
競馬実況の杉本清さんが今は一線から退いてるのも、
これも近いんじゃないんですかねぇ。
ああストイックだ、この2人。
案外アスリートですよ。


この先、今のトップにいる選手たちは、
どういう引退をたどるんでしょうかね。
ちなみにイチローなんかは・・・、
たぶん中田みたいな感じでやめて行きそうな気がします。
もし「今年いっぱいでやめる」なんて言いだしても、
私は全然驚かないですもん。


ちなみに新庄の引退についてですが、
基本的には、

「もういっかな〜」

って感じの引退表明だと思います。
だから、またその時になったら撤回するかも。
で、また「やっぱり引退します!」って言うかも。
そういうタイプじゃないでしょうかね。
というか、むしろそんな人であってほしいです。
だとしたらラブリーです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の「HERO」中田英寿引退
キムタクのドラマ「HERO」を見ていたらビ... ...続きを見る
oneswide-eyes
2006/07/04 01:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
中山はアスリートというか、スポーツ選手というか、
エンタテイナーな気がしています。

盛り上げてナンボ。みたいな。
キョウコ
2006/07/04 01:34
キョウコさん、どうもです!
なるほど〜。でも私は中山ってもしかしたら、
日本サッカー史上最高のFWではないかとも思ってるんで、
ちょっと違うかもです(笑)
カズがすごいすごいって騒ぐなら、
中山もほめてあげてよ、って感じなんですよ。
uchi-a
2006/07/07 21:57
今頃、記事を発見して読みました-w-いやー実におもしろい!!^w^ラブリーって
言葉が面白い。「だとしたらラブリーです」ってwwなぜかワロスwwあと、畳屋のくだりがおもしろかったww
りょうすけ
2006/11/18 00:14
りょうすけさん、コメントどうもです!
「ラブリー」、結構何気なく使ったんですけどね(笑)
楽しんでもらえてとってもうれしいです☆
またお越しください!!
uchi-a
2006/11/19 22:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
中田英寿、『引退』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる