uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『Heaven's Kitchen』の『BONNIE PINK』。

<<   作成日時 : 2006/07/19 11:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像いやはや、ここ最近、
BONNIE PINKのメディア出現率が、
やたらと高くなっていますね。
ずっとファンをしている私としては(途中、ブランクあり)、
本当に喜ばしいことなんですけども、
正直今回のヒットによって、
初めて『BONNIE PINK』を知った若い人々も多いことと思います。
若い人にとっては、「ワンセグ」とかと並ぶ、
今年のニューワードのひとつかもしれません。
あと「イナバウアー」とか。
あと「ヤンエグ」ね。「ハウスマヌカン」とか。
それと並ぶワードですね。


だからたぶん、ボニーのことを、
「最近出てきた歌手」くらいに思っている人も、
ひょっとしたら多いかもしれません。
まぁそれも表現としては間違ってはいないんですけど。
確かに最近出てきたわけですし。
「デビュー二年目くらい?」とかに思っている人も、
きっといそうな気もします。


で、今回のヒットを機に、「BONNIE PINKって知ってる?」って、
いろんな人にリサーチしてるんですけど、
前みたいに「誰?」とは言われなくなりましたね。
だいたい、「今度の曲いいですね」とかが多くなりました。
そんな中、前にリサーチしてた際、
昔からボニピンの存在を知っている人に聞いた時は、
だいたい彼女に関して、こういうリアクションが返ってきてました。


「BONNIE PINKって、あのHeaven's kitchenの?」


『Heaven's kitchen』は、BONNIE PINKを代表する曲。
もうだいぶ前の曲ですが、
当時リアルタイムでこの曲を聞いた人にとって見ると、
結構印象が強いようです。
で、ちょっと前だったらこの言葉の後に、
「へー、まだやってたんだ」みたいなコメントをよくもらってまして、
なんともやるせない気持ちになったもんです。
それが今はどうですか。ざまみろってな話ですよ。
なんとなく、黄門様が印籠出した時のあの感覚に似てますね。
「あんた、ちりめん問屋じゃなかったの??」的な。
「あんた、ただの髪の毛ピンクの英語歌手じゃなかったの??」的な。
それで、「はは〜」みたいな。ざまみろですよ。


というわけで、今この文章を読んでいる人でも、
この『BONNIE PINK=Heaven's kitchen』という方程式をもっていた方は、
結構多いんじゃないでしょうかね。
今の人は『BONNIE PINK=エビちゃんのCMの人』という感じでしょうけど。
これから彼女に対するイメージもかわっていきそうです。


こういうイメージって、結構ありますよね。
「と、言えば・・・」みたいな。
『KAN=愛は勝つ』みたいなことですよね。
『GAO=サヨナラ』みたいな。
『新沼謙治=ハト』的な。
そういうことですね。
ええ、新沼も一緒ですよ、これと。
代名詞と言う意味ですから。
別に曲限定の話をしているわけじゃないですから。
「と、言えば・・・」の話ですから。
だから新沼謙治と言ったら、どの曲よりもまずは「ハト」じゃないですか。
もしさっきの会話のパターンで言うなら、


「新沼謙治?ハトの?」


こういうことです。
「新沼謙治?あの奥さんが元バトミントン選手の?」でもいいですけど、
ちょっとそれだとマイナーすぎるので、やっぱり「ハト」です。


ちなみに、スガシカオは前にテレビで、
「『福耳』のスガシカオさんって言われるんです」
って言ってましたけど、それはないですね。
たぶんスガシカオだと、

「スガシカオ?あのメガネかけてる?」

この程度だと思います。世間的には。
たぶんファン以外の人から見たらそんなもんだと思います。


最近のメジャーなとこで言ったら、
「荒川静香?イナバウアーの?」
が代表的ですね。
他になんかありますかね。
「ジダン?頭突きの?」とかですかね。
あと他には、これとかでしょうか。


「井出らっきょ?足速い?」


これはあまりタイムリーじゃなかったですね。失礼しました。
最近あんま走ってるところ見てないですしね。
たぶんもう結構いい年ですし、きっとだいぶ衰えてきただろうし。
少々古い方程式ですね。
じゃあ、これはどうでしょう。


「中野英雄?チョロの?」


やっぱ古いですね。
んー、どうしてもこういう会話だと、
多少古い話題になってしまいがちになってしまうのかもしれません。
バブル期の残像が抜け切らない感じです。
だからどうしてもこんな風になってしまうんですね。


「東幹久?キールロワイヤルの?」


ほらこんな風に。またこうなっちゃいました。
今いくら彼がバラエティで活躍していても、
私にとっての東幹久は、
『キールロワイヤルかどうかを確認してた人』なんですよね。
今となってはかなりマニアックなCMですから、
これを読んでいて覚えている人は一握りでしょうけど。
なんせ、「東幹久 キールロワイヤル」で検索かけたら、
39件しかヒットしませんでしたから。


あと他に今思いついたのは、
千堂あきほと言えば、「学園祭クイーンの?」
あるいは、「マジカルで所さんの隣の?」というところですが、
そもそも千堂あきほという人選をしている時点で、
私自身にかなり問題があるのかもしれない気がしてきました。
んー、なんとか新しいところでひねり出さないと。んー。










「小田茜?東武ワールドスクエアの?」









んー、やっぱり問題ありますね。悩んで出たのがこれですから。
大丈夫でしょうか、このブログ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『Heaven's Kitchen』の『BONNIE PINK』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる