uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ハチミツとクローバー』

<<   作成日時 : 2006/08/04 00:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像先ほどついに、
映画『ハチミツとクローバー』を見てまいりました。
略して、『チミツバ』。
ご存知の方もいるでしょうが、このタイトル、
ハチミツはスピッツのアルバム・『ハチミツ』
クローバーはスガシカオのアルバム・『clover』より。
スガシカオファンの私からしたら、
これはチェックしないわけにいかないということで、
友人からのすすめもあり、
ちょっと前に原作コミックはすべて読みました。
最新刊は読んでないんですが。


で、読み終えた時の感想はというと、
「猛烈に面白い!!」という感じでした。
以前たしか記事にも書いたんですが、
とにかくテンポとハイセンスなギャグ、
そしてせつない展開と魅力的なキャラクターの組み合わせが絶妙で、
「恐れ入りました」って感じの作品でした。
そんな中で、今回の実写映画化。
これは気にならずにはいられなかったわけです。


ただ、漫画原作の実写化はなかなかむずかしいものがあり、
今までいろいろ見てきた実写化で、
「これは完璧!」と思ったのは『ピンポン』だけだったりしたので、
ちょっと半信半疑な部分もあり、映画館に行こうか悩んでました。
でもCMとか見てみると、とりあえずキャラクターは原作のイメージ通りな気がしたので、
「よし、見に行こう!じぃ、車を用意しろ!」と決断。
そして本日見てきました。


で、さっそく見た感想なんですけど、
んー、



非常に微妙。




微妙でしたねぇ。
昨日の亀田の試合くらい微妙な判定でした。


普通に見ていたら意外といい映画なのかも知れませんが、
原作を読んでいる私としては、
さっき私が言った、この漫画の「いい」と思っていたいくつかの部分が、
ほとんどないような感じに見えてしまいました。
「せつなさ」「甘酸っぱさ」はあるんですけど。


まず、テンポが原作とは異なって、
サクサクと進む感じがしなかったんです。
コミックだとちょっとドタバタなとこがあったり、
かと思えばしまったシーンもあって、
その緩急がすごくいいのに、
この映画の場合はずっと「緩」だったんです。
たしかに原作にもそういう一面もあるし、
こういうテイストの映画は嫌いではないんですが、
私はそこじゃないとこが好きなので、物足りない感じでした。


あと音楽の使い方とかも、静かなシーンも多くて、
ちょっとポップさがなかったです。
手持ちのカメラで撮っているとことかもあって、
あれもなんか変な感じでした。


そして一番の私の不満は、


山田の『かかと落し』がなかった!!



漫画を読んでない人に説明しますと、
山田あゆみという女の子がいて、その子は、
真山というキャラクター(モデルはスガシカオ)のことが好きなんですが、
真山はバイト先の年上の女の人が好きなんで片思い状態という、
とってもせつないキャラなんです。
でもこのキャラの本当の魅力は、ただせつないだけじゃなく、
爆発した時の大暴れっぷり。
そのシンボルが『かかと落とし』なんです。
だから、『山田』と『かかと落とし』は本来ニアリーイコールなんです。
でも残念ながら実写版ではそんなバイオレンスなシーンはありませんでした。
それがすごく残念。


まぁ言ってしまえばこのへんも、
原作にあったいいテンポが、
映画で表現できてない部分のひとつでもあると思いますね。
あと花本先生からはぐみへの異常な溺愛っぷりとか。
森田先輩の狂気じみた部分とか。
あとはまぁ、ローマイヤ先輩ですか。
まぁローマイヤ先輩は出す必要はないでしょうが、
とにかくそういうギャグの様子があまりにも少ないので、
ちょっとおとなしい映画になってしまったのは確かでしょうかね。


ストーリーの本筋については、
もちろんいろいろ省いてはありますが、
基本的な時間軸などは、原作にのっとってる感があります。
最近で名作漫画を実写化した映画といえば『タッチ』がありますが、
あれは逆に、無理矢理2時間映画にするためなのか、
本来その場面にはいちゃいけない人とかがいたり、
原作とは違うキャラが、原作にあるセリフや動きをしてたり、
あと本当はたっちゃん、甲子園は3年なのに、
2年であっさり行っちゃったりしてましたが、
その点この『ハチクロ』では、そういうのは少ないです。
ただ若干説明不足的なとこはありました。
でも許容できる範囲でしょう。


こう考えてみると、おそらく、
その『許容できる範囲』まで持っていくために、
逆に『私の好きな要素』がカットされてしまったのかもしれないです。
だとしたらちょっと悲しいですね。
そのへんのバランスが漫画の映画化は大変なんだろうなぁと思います。
『ピンポン』なんかは、原作がそんなに長い話じゃないんでいけたんでしょうけど。


でもその私が好きな部分って、
それは私の個人的な好みもあると思うので、
私とは違う見方でこの漫画を好きになっている人にとっては、
まずまずな映画なのかもしれません。
ひょっとしたら原作を知らなければ、
普通にいい映画なのかもしれませんし。
そのへんはちょっとわからないですねぇ。


あと、肝心のキャスティングですけど、
概ねイメージ通りだったような気がします。
竹本役の桜井翔は、ちょっと違うテイストな気がしますけど、
でも違うなりにいい味を出してました。
はぐちゃんの蒼井優もよかったです。
山田はちょっと落ち着き気味でしたけどよかったです。
でも個人的には、新垣結衣なんかもっと近い気がしますけ。
ただこのへんは、私が単に、
「新垣結衣が好きだ」っていう要素が多分に関係してるんで、
あんまり参考にならないかもしれませんが。
追い風参考かもしれませんが。
あえてちょっと違うかなぁと思ったのは、理花さん役の西田尚美ですかね。
これはちょっと違うかも。
ただ頑張って理花さんをやっている感じはしました。
理花さんは『エヴァンゲリオン』で言うと綾波レイみたいな雰囲気のある人なので、
ちょっとそれだと、西田尚美は違うかも知れません。
かといって、「他に誰かいるのか」と言うと、
これもむずかしいんですけどね。


ということでいろいろ書きましたけど、
全体的には、「悪くはないんだけど・・・」って感じでしたね。
原作があまりにもいいんで、どうしても物足りなさを感じてしまうのかも。
実写化の限界なんでしょうが、ピリッとするものがなかったです。
でも「のんびりした作品だ」と思って割り切って見れば、
いい映画なのかもしれません。
ただ、真山が山田をおんぶするシーンはよかったです。


死んだ原田の遺影の写真が田辺誠一で、
あと山田を好きになる野宮さんも出てきてないので、
当然続編もありそう。
そこでどれだけ原作の良さを引き出せるかに、
私は期待したところですね。




まぁ、原作の良さって、
要は『かかと落とし』のことなんですが。
見たいなぁ、『かかと落とし』。


画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ハチミツとクローバー』
nice.. ...続きを見る
dstrychls
2006/08/04 07:38
キムマイヤ先輩。
すっかり新年を迎えまして、 特番も一通り終わった感じで、 今度はいろんなドラマがスタートしました。 まぁ私は最近あまりドラマ見ない人になったので、 基本的にはどうでもいいんですけどね。 鈴木保奈美とか田中美佐子とか出てた頃は、 いろいろチェックしてましたけどね。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2008/01/08 23:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ハチミツとクローバー』 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる