uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『20世紀少年』、映画化。

<<   作成日時 : 2006/12/12 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

昨今の漫画→実写映画という流れ。
ここにきてもまったく衰えずといった感じですね。
最近ではなんと言っても『NANA』
ご存知、木の実ナナと岡田奈々のお話ですけどもね。
あとは『デスノート』やら、
『ハチミツとクローバー』やら、
いろいろと話題になっております。
あと忘れちゃいけないのが、『魁!クロマティ高校』ね。
どんどん実写化されてますね。ええ。


ちなみに『クロ高』はつい先日、
「完結編」の最終巻が発売になりまして、
こないだ買って読みましたよ。
買って読んだんで、今度そっくりそのまま、
全巻古本屋に売ってやろうと思ってます。
もう林田に未練はないです。


さてそんな中、このたびまたしても、
人気漫画の実写化が決定しました。
それは、

画像


『20世紀少年』!!




思わずこの言葉の後に、「コナン!」ってつけたくなってしまう方も、
かなりおいでだと思いますが、それとは関係ないです。
あと昔あったドキュメント番組・『おどろきもものき20世紀』とも関係ないです。
あくまで、浦沢直樹の『20世紀少年』です。
『梨』とも関係ないです。『20世紀少年』です。
2008年に公開らしいです。


正直私は、この話を聞いてまず、「大丈夫かな?」と思いました。
なんせこの漫画、すごく複雑と言うか混みあった話なので、
映画みたいなサイズになんておさまるのか、大変疑問なんです。
何回かに分けてやるみたいですが、
その何回かでも収まるのか疑わしいくらいです。そんな話なんです。
そうなるとかなり大急ぎのストーリー展開になりかねないし、
だとすると原作の良さが半減してしまうだろうし・・・。
というわけで私はこのニュースを聞いてのストレートな感想は、
今のところ、「期待1/4、不安3/4。」といった感じです。
そしてチップスと言えば、5/8といった感じです。


ただやっぱり好きな漫画でなだけに、どうなるのか気になりますよ。
いったいどんな風に作られていくんでしょうね。
現時点では、「実写化決定」ということだけ発表になっていて、
それ以外はすべてまだ秘密らしいです。
おそらくCGなぞを駆使して、すごいことになるんでしょう。


でも実写化において、一番気になるところと言ったら、
ストーリーや映像なんかよりも、やっぱりこれでしょう。


キャスティング。


これですね。やっぱり。
特にこの作品の場合、誰が誰をやるかで相当変わってくると思います。
一人一人のキャラクターが大事な作品なので。
そしてなんと言ってもキャラクターの数自体も多いですし。
すごく気になります。


ということで今回、いろいろ考えてみようと思います。
「あの役には誰がいいか」。
おせっかいなおばさん風なテンションで、
「あんたには○○ちゃんがいいわよ」的に行きたいと思います。
ウィキぺディなんとかを見ながらね。
とりあえずこの漫画の主要キャラには誰が良いのか、
ぼたぼたと考えてみたいと思います。
ぼたぼたっと考えてみたいと思います。
ふらんそわ・ぼたぼたっと考えて見たいと思います。






・・・。






ええ、これが言いたかったんですよ。
ただ単に、ふらんそわ・ぼたぼたが言いたかったんです。
そのための「ぼたぼた」始まりですよ。
それだけですよ。フランソワ・ボタの知名度なんかまったく考えずに、
ただ言ってみたかっただけですよ。
はい、そうですよ。私はそういう人間ですよ。
申し訳ないですねこんな人間で。







画像









さて、まずこの漫画の主役とも言えるキャラ・遠藤ケンヂ
同じく浦沢直樹の『YAWARA!』で言うなら、
松田さんっぽい感じのキャラクターなんですが、
この人から考えていきたいと思います。
でも、これはいきなりむずかしい感じですね。
この役に合う人って、なかなかむずかしいものがあります。
とりあえず正統派2枚目な感じの人ではないですね。
最初テンション的にユースケ・サンタマリアとかも考えましたが、
なんと言いますか、ひとまずちょっと違う気もしてます。
漫画のスケールのでかさと、ユースケの魅力的な部分が、
なーんか合わない気がしてるんです。


で、他にもアーティスト系とかいろいろ考えたんですけど、
まぁ「大作映画の主役をはれる人」となると、織田裕二とかですかね。
ちょっと太ってますけど。
音楽も一応やってますし。歌ってますしね。
サムバディサムバディって。なんかプリーストとね。
あと、「ラブソングを歌えたり歌えなかったり」しますけど。
そのへんはサムバディサムバディで切り抜けてほしいところです。


ただケンヂを織田裕二にした場合、少し問題が出てきます。
それは、ケンヂの友達のロン毛のオッチョ役は、
個人的に江口洋介で決まりだと思っている点です。
そうなると、ケンヂ=織田裕二、オッチョ=江口洋介となるわけで、
こうなってくると、完全に『東京ラブストーリー』になっちゃうんです。


それはどうなんでしょう。
『20世紀少年』見ながら、
『東京ラブストーリー』のこととか頭をよぎったら嫌ですよね。
「そういえば、確か中山ヒデちゃんとかも出てたよなぁ」とか、
うっかり思い出してしまいそうですし。
そうなると同時に、ヒデちゃんの胸毛のことも、
脳裏をよぎってしまうことにもなりかねません。
これはかなりマイナス要素です。
「プロボウラー挑戦失敗」くらい、いただけない話になってしまいますよ。
でも『ラジかる!』はなかなか素敵な番組だと思います。


ということで、ここはひとまずユースケでいいかなぁと思います。
ネット上でもユースケ待望論が結構出ているっぽいです。
もしケンヂが、大泉洋だとちょっとおかしいんですかね。
むしろちょっとドンキーっぽい顔ですし。


さて、もうひとりの主役とも言えるのが、
ケンヂの姉の娘である、遠藤カンナ
不思議な力も持っている強い女の子なのですが、
この子は…、堀北真希が一番無難でしょうかね。
宮崎あおいだとちょっと強さがないですし、
相武紗季だと今度は神秘性がないです。
やっぱり堀北真希でしょうかね。
同じく同年代の小泉響子ですが、これがちょっと悩みどころ。
豪快な女の子がいいんですが、
ちょっとそのへんは私、女優さんをよく知らないんで。
上野樹里とかですかねぇ。


ヨシツネ吉岡秀隆さんに強制的にやってもらいたいと思います。
それですべて解決です。まったく問題ないです。


あとマルオは、テンション・田口がいいでしょうね。
『テンション』時代の彼を知っている知らないに関係なく、彼で問題ないでしょう。
そして・・・、フクベエ
フクベエを誰がやるか…、これが気になります。
雰囲気的にクールな感じの人が良さそういうことで、
谷原章介とかがいいかもしれないですが、
ただ谷原章介って、面白シュールなイメージが強いので、
ちょっとフクベエとは違いますよねぇ。
個人的には、「タートルが似合う人がいいな」と勝手に思っています。
岸部一徳とかの雰囲気がほしいんですが、
でも岸部一徳とユースケが同級生なんてありえないですからねぇ。
困ったもんです。


他にもたくさんキャラクターがいて、
それぞれに濃いので、どうするんだろうと気になってしょうがないです。
みなさん、なにかいいキャスティングがあったら教えてください。
春波夫はあの人がいいとか、万丈目はあの人がいいとか。


でも本当は個人的に、
全員名前も知らないような、無名の役者を使っても面白いとは思うんですよね。
その方が「市民の話」って感じがして、
すごくこの漫画の良さを表現できるのではないかと思うんです。
ただ、興行的な数字はちょっと期待できないですけどねぇ。
そのへんが今の、人気人気と言われる邦画の現状だと思ってます。


そう、つまり今の邦画って、


「キャスティングとプロモーションに頼りすぎ!!」


だと思います。



ということで、このまま次回へ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
実写化。
今日のスポーツ紙の芸能欄に、 このブログでも昔取り上げた『あのこと』について、 大きな見出しで記事になってました。 『あのこと』とはこれです。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2008/02/04 22:57
『20世紀少年』・キャストの全容。
いやー、発表されましたね。 『20世紀少年』のキャスト。 先日ケンヂ・ユキジ・オッチョという、 主要3人が発表されましたけど、 今回はさらに他のキャスティングも発表されました。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2008/03/03 22:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画はキャスティングがまず重要になりますよね〜。
2008年とだけじゃ幅がありすぎてあれなんですが、来年の春くらいには大方のキャスティングが済んでいるものなんですかねぇ。
2008年初夏とかせめて四季単位で絞り込んでほしかったですねぇ。
いやぁいずれにしてもキャスティング、そして完成が楽しみです。
まぁ確かに不安の方が大きいかも知れませんが。
じゃじゃまる
2006/12/17 22:22
じゃじゃまるさん、どうもです!
不安大きいですよね(笑)でもマンガ→映画には、
この手の不安はつきものですよね。
この発表はどういう段階でのものなんですかねぇ。
とにかくまだ謎だらけといった感じです。
uchi-a
2006/12/18 23:02
はじめまして。
20世紀少年の映画化のキャスト情報を探して
たどりつきました。
ブログの文章、織田裕二と吉岡秀隆のくだりが相当笑えました!
りゃんすい
2007/03/09 22:18
りゃんすいさん、はじめまして!
コメントありがとうございます!
キャスト情報を求めていながら、こんな文章で申し訳ないです(笑)
吉岡は完璧ですよねぇ〜☆
uchi-a
2007/03/13 00:11
はじめまして。
私も以前からキャストを考えてまして、織田裕二は俳優としての知名度・歌を歌える点であついと思っていたんですよねー。
そんでもって、かみさまは…みのもんた!!
いかがですか!?
3ぱんだ
2007/04/28 13:40
3ぱんださん、はじめまして!コメントどうもです!
神様みのもんた!頂きました!!
それはすごいですね!感動しました!
もうみのもんたにしか見えなくなってきましたよ!!(笑)
uchi-a
2007/05/02 20:31
初めまして。ケンジ役にこんな役者はどうでしょうか?↓
http://9128.teacup.com/20kenji/bbs
ちか
URL
2007/06/28 22:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『20世紀少年』、映画化。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる