uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「エクセレント!」「ごもごもごもごも、ごもっともー!」

<<   作成日時 : 2007/01/31 17:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

画像今日は休みだったので、
昼間ふらっと『笑っていいとも』を見てました。
そしたら今日のテレホンゲストが、
みうらじゅん(通称・いとうせいこうじゃない方)だったのですが、
呼んだお友達にビックリ。
なんと、安斎肇でしたよ。
そう、あの『空耳アワー』でおなじみの。
姓名判断の安斎先生とよく間違われる、
『テレビ界の2大安斎』の片方としてお馴染みの、
あの安斎肇が明日のゲストなのでございます。


驚きましたね。まさか安斎肇とは。
なんせ『いいとも』でこの2人が揃うだなんて。
いつもより12時間ばかりテレビに出る時間が間違えてますから。
こんな真昼間にこの2人が並んで座って、
いったいどうしようというのでしょう。
まぁ安斎肇はずっとニヤニヤしているだけでしょうけど。


私の期待としては、まず安斎さんには、
いつも通りに遅刻して欲しいですね。
安斎さんと言えば、「えー、まだ来ないんです。」ですから。
片桐はいり以来の大遅刻をしてほしいものです。
そして並んで座ったら、イスの後ろに意味もなく、
黒いジャンパーとかを置いておいて欲しいです。
雰囲気作りとしてね。
そのへんを期待したいと思います。


ということで明日は録画必須なわけなのですが、
その後普通にコーナーを見ていたんですが、
この日のコーナーゲストは、ビビる大木でした。
で、ビビる大木に関して、
タモリや太田が、あることに関していじってました。
それは、


「チンパンジー」。


これでピンとくる人は、よっぽどの深夜番組通ですね。
そう、2人は平日深夜に放送されている人気番組、
『チンパンニュースチャンネル』のことについて、ビビるをいじっていたのです。



この『チンパンニュース』、司会はゴメス・チェンバレンという名前のチンパンジーで、
毎週ゲスト(おもに映画やCDなどの宣伝)相手にトークやゲームをします。
毎日10分間やってる隠れた人気番組なのですが、
しかしゴメスはなかなか賢いチンパンジーとは言え、
さすがに司会進行やフリ・オチなどの高等テクニックは、
所詮チンパンジーなのでできません。
なによりしゃべれませんからね。
しゃべったらひきますから。チンパンジーが。
ましてやネタフリとかしたらひきますよ。
タカアンドトシに向かって、「チェリーパイ」とか言ってみたり。
そんなチンパンジーなんてイヤです。


なのでゴメスは番組中、ずっと口をパクパクさせているだけです。
時々暴れますし。食べ物とか見ると。
前にそれで小池栄子は被害にあいましたし。
そして声はというと、裏で「誰か」が吹き替えをやっているんです。
それが、おそらくビビる大木なわけです。


私はこの『チンパンニュース』をはじめて見た時に、
「あ、この声はビビる大木だな」とすぐわかりました。
ちなみにこの番組の前身とも思える番組で、
ダウンタウン出演の『ワールドダウンタウン』というニュース番組風のバラエティがあって、
その番組の場合はチンパンジーではなく、外人3人が出てきて、
やっぱり彼らは口をパクパクさせたりアクションをしたりして、
それに生で日本語の吹き替えをあてる感じだったんですが、
その番組の司会の外人(ジル・ベッソン)の吹き替え役も、やっぱり同じ声でした。
その時もすぐ、「これはひょっとして、声はビビるかな?」と思ったので、
『チンパンニュース』を見てすぐにわかりました。


この2つの番組のビビる大木は絶妙です。
特に『ワールドダウンタウン』でのビビるは絶品で、
うまいこと流れにあわせて、アドリブで吹き替えるだけでなく、
逆に外人の行動を自分の吹き替えによって誘導してる感じで、
そのへんのコントロールが素晴らしかったでした。
(この番組の外人さんたちは、おそらくある程度日本語は理解できる模様)
必殺ギャグ「エクセレント!」や、最初のパネラー紹介での、

ジル「そして、ニッポンのコメディアン、マサトシ・ハマタ!」
浜田「はま『だ』や。」
ジル「・・・そしてそのハマタの仲間、ヒトシ・マツモト!」
松本「・・・」

というお決まりのやりとりは、毎回楽しかったです。


でもなぜかなんですけど、このビビるの吹き替え、
テレビ上では全部シークレットなことなようです。
もうバレバレなんですけどね。でもシークレットなことなようなのです。
今までも公式な発表もなければ、
番組のエンドロールにも一切名前がありません。
あくまであの声は、「ジル・ベッソンの声」であり、
「ゴメス・チェンバレン本人の声」である、という設定なようです。


その証拠に今日の『いいとも』でも、
タモリや太田が激しくチンパンジーのことについてつっこむんですが、
ビビる大木はそれらをひたすら否定していました。
「見たことないですから、そんな番組。」まで言ってました。
とにかくこの事実は言ってはいけないことなようです。
おそらく「言ってはいけない加減」で言うと、
『平野レミの息子がトライセラのボーカル』であるということくらい、
たぶん言ってはいけないことであるみたいです。
(前に平野レミ本人が、同じく『いいとも』でそれをさらっと言っちゃって、
 言った後すぐ、「あ、これあんまり言っちゃいけないんだった!」とあせっていました)


一応、これらはみんなシークレットなことなようです。
まぁビビるの吹き替えの場合は、
『あえてはっきり誰か言わないことでの話題作り』という意味では、
わからなくはないですけどね。
でもこないだの『さんま御殿』でも、
さんまがビビるの吹き替えについてさらっと触れてました。
そんな周知の事実になりかけているにもかかわらず、
今だにあれだけビビるが否定するというのは、
本当にかなりのシークレットなんだろうなぁと思います。


でもああいうのって、一回最初に秘密とか設定を決めちゃうと、
引き際がわからなくなって大変だろうなぁとか思いますね。
小倉優子なんか典型ですけど。
もう彼女なんて最近は引くに引けなくなってます。
半ばヤケクソですからね。それがだんだん面白くなってきてます。
その点は山川恵理加は、ひっそりとキャラを変えて、
今ではすっかり声が低くなりましたけどね。
うまくギアチェンジをしたもんです。
そしてこれからはモンキッキー夫人ということでね。
さらにギアチェンジですね。絶妙です。
でもあくまで彼女のエンジンはDHCですけども。
あれが主電源ですけども。



でも個人的に、これらのビビる大木の仕事振りって、
正直、


むちゃくちゃかっこいいと思ってます。


勝手にそう思っています。
少なくとも「変な髪形のもこみち」なんかよりは、
間違いなくかっこいいと思います。
まぁただ単にそういう方針に乗っているだけで、
本人がどう思っているのかはわからないですけどね。
でも、『名前を明かさずにいい仕事をする』、『わかる人にはわかる』的なね、
そういうのってなんかかっこよくないですか?職人みたいで。
「カップヌードルを作った男たち」並にすごいですよ。
ある種ヒーローっぽい感じすらありますよね。


助けられた女性「ありがとうございました!せめてお名前を・・・」

ヒーロー「いや、名乗るほどのものじゃありません。お元気で。」


みたいなね。
そんな感じすら漂ってますよ、今のビビる大木には。


『アメトーク』なんかでのひな壇芸人特集とか見てもわかりますけど、
本当に素晴らしい才能をお持ちです。この方は。
土田もそうですが、本当に今のテレビをささえている感じすらあります。
もっと世間一般に彼の素晴らしさが知れ渡るといいなぁと思いますよ。
でもこの吹き替えの件に関しては、
一応公式な発表もなされていないので、
当ブログとしてもあまりはっきりと断言しちゃうとまずいのかなぁと思いますので、
私が今言えることとしたら、


『チンパンニュース』、見たことない人はチェックしてね!


これくらいです。
『ワールドダウンタウン』も今話題の某所に行くと、
ちょろちょろと見れたりするので、
彼の芸術的な仕事ぶりを堪能してみてください。もっとすごいですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです。
「ワールドダウンタウン」「チンパンニュース」ともに大好きです。いつもかなり笑ってます。大木さんは目立たないけど本当に芸達者ですよね。
「ワールドダウンタウン」放映時は、ウチの周りでは「ハマタ」のように苗字の濁点を抜いて呼ぶのが流行ってました。
MIGHT
2007/01/31 21:54
MIGHTさん、どうもです!
ビビるは自分の置き所がうまいですねぇ。
安心してみていられます(笑)
「ハマタ」って言いたくなりますよね!ハイセンスです。
uchi-a
2007/02/06 14:05
ビビる大木じゃないけども
NAKURUN
2007/11/15 22:39
ビビる大木がいい仕事するのは賛同だけど

ワールドダウンタウンは違うぞ!盛り上がりすぎちゃいかん!

WDTは高須光聖の努力の結晶です。
通りすがり
2008/01/17 16:13
通りすがりさん、コメントどうもです。
高須光聖は相当苦労なされたみたいですねぇ。
でもまぁこの記事はビビる大木の記事なので・・・。
そのへんを突き詰めると、どの番組でもキリがないと思います。
なので盛り上がらせてください(笑)


uchi-a
2008/01/21 21:25
「World down town」のジルの声と「Chinpan news sp」のゴメスの声は一緒にきこえるけど。生ではない方は違う声に聞こえます。


はるか
2009/03/17 20:55
今更コメントしてもしょうがないけど、ワールドダウンタウンのジルはビビる大木じゃないから
名無し
2009/11/25 12:28
「ビビる大木じゃない」とか主張してるヤツらは、
「裏側を知っている玄人な俺ってカコイイ(キリッ」っていう馬鹿しかいないからね。

実際は知らないクセにw
うこん
2013/08/29 18:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「エクセレント!」「ごもごもごもごも、ごもっともー!」 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる