uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS [スガシカオ×(及川光博+ポルノグラフィティ)]

<<   作成日時 : 2007/02/03 22:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

画像ベストアルバム発売で、
ただいま絶賛プロモーション中スガシカオ
今週は特に積極的でした。
各所各所で、名刺を渡し歩くように、
あちこち顔を出しておられました。
東国原知事ばりのプロモーション活動でした。
「どげんかせなあかん」って感じで頑張ってました。
「鳥は安全ですよ」みたいにね。
「スガは安全ですよ」みたいに。
「聴いても大丈夫ですよ」みたいな感じで頑張ってました。


まず日曜の日テレのライブ番組・『Music Lovers』にはじまり、
月曜からは『sakusaku』にも出ていましたし。
あ、ちなみに私は品川区民ですんで、
『sakusaku』は某所で見ましたけどね。ええ。
大変申し訳ないですね。不正です。ねつ造です。


そして昨日はまず『ミュージックステーション』に生出演したのち、
夜はそう、今回のプロモーションの目玉番組、
ファンにとっては待ちに待った、あの番組に出演しました。
それは、


『僕らの音楽』!


もう毎回毎回、スガファンをうっとりさせまくっているこのプログラム。
本当に「いつもうちのスガシカオがお世話になっています」って感じですよ。
思わずこんな親心になっちゃいますよ。ええ。

「もー、いつもうちのスガシカオがねー、お邪魔しちゃってるみたいで、
 ほーんとごめんなさいねー。
 なんでもケーキとか?麦茶とか?いろいろいただいちゃてるみたいでー。
 もーそこまでしていただいて、悪いですわー。
 もー、うちのスガシカオったらケーキ大好きなんですのよ。」


みたいな気持ちですね。ファンとしては。
そんな気持ちに思わずなってしまう、そんな素敵な番組です。
その『僕・音』が、またスガを招いてくれたのです。


ということで今回も楽しみにしていたわけですが、
見た感想はと言うと・・・、



今回も素晴らしかったです。



素晴らしいおもてなしでしたよ。今回も。
もう何回もビデオを見直すことは間違いなしです。


まず今回のゲストは及川光博
ファンにとってはスガとミッチーの仲良しっぷりは有名。
なにより私、前に東京国際フォーラムでライブやった時に、
客席でミッチーを発見しましたから。(当時の詳細)
その後アンコール前に立ち上がって、
そのままステージに立ってましたけど。
まぁそんな2人の共演だったのですが、
トークはネットショッピングの話とかライブのMCとか、
かなりおもしろな中にも、
2人のアーティストしての考え方がいろいろと見えてきて、
なかなか貴重なトークでした。


特に私が注目したのが、昨年スガシカオが、
KAT-TUN(亀梨 and T-TUNの略)に詞を提供した『Real Face』について。
私は当時からこの曲について、
「気分転換」「ガス抜き」的な意味というか、
いい意味で「ゲーム感覚」で作ったんじゃないかなぁと勝手に思ってました。
(詳しくは当時の記事をご覧ください)


極論で例えれば、ゴルフのうまいプロ野球選手が、
ちょっとゴルフの大会に挑戦してみるくらいな感じと言うか。
一部では、「スガシカオっぽくない」とか、
「良さが出てない」みたいな意見も聞くんですが、
私はそういう意見に対しては、
「まずそういう見方している時点で間違い」と言うか、
「そもそもスガらしさを出そうなんて、
この人はほとんど思ってないはず」
と思ってたんです。
(まぁ詳しくは、当時の記事をご覧くださいよ。遠慮せず。
 アクセス数もなかなかいい感じですし。)


そしたらスガさんは、このトークでこの詞について、
こんな風に語っておられました。


「あれはなんかちょっとこー、『脱スガシカオ』ができたっつーか・・・。
 (及川: え、なんで?脱したかったの?)
 そうなんだよ。
 (及川: なんで?)
 デビューした時は、スガシカオというジャンルみたいのがさぁ、
 完成するのが夢だったわけ。
 (及川: おうおう、してんじゃん)
 うん。しちゃったらさー、自分でも「したな」と思ったの。
 アルバム何枚か出してさぁ。
 そしたらさぁ、もうそこにいるのがイヤになっちゃったの。
 (及川: かっこいー。「変わり続けるんだ俺」みたいな。)
 いや・・・(笑)この作品こそ『ザ・スガシカオ!』みたいなのを出すと、
 みんなに『スガシカオっぽくてかっこいいっすね』みたいなさぁ。
 だから、KAT-TUNのあの仕事でね、本当に
 絶対俺が作ったと思われないような、『脱スガシカオ』をしたかったの。」

 



やっぱりね。



わかっていたよスガ氏。わかって聴いていたよ、私はこの曲を。
見抜けていた自分が誇らしいですよ。
私のスガレベルがアップした感じです。


勝手に想像するに、今まで自分との対話というか、
自分の発想や考え方からいろいろと曲を作ってきていたスガシカオが、
この曲に関しては、思いっきり「対・社会」というか、
「どんな詞をみんな喜ぶのか」で歌詞を作ったんじゃないかと思うのです。
そのへんが本職とは違う、まさに副業的な感じで書いた曲に思えるんですよね。
これが例えば、前にSMAPに書いた『夜空ノムコウ』とか、
あとアルバム曲の『リンゴジュース』とかだと、
その頃のスガシカオはまだまだ本人の言う「完成」まで行ってなくて、
「スガシカオ」を「模索」している真っ最中だったはず。
そのへんでやはり、「スガシカオ」というものを意識して詞を書いていたと思います。
『Real Face』はその点余裕を感じます。大人の余裕。
『脱スガシカオ』ができる余裕というか。「これはこれ」みたいな。
そして同時に「気分展開」、「ガス抜き」。
ひょっとしたら、

「はいはい、みんなこんな感じの歌詞が喜ぶんでしょ?
 ギリギリとか、ギザギザとか。気持ちいいんでしょ?くっくっくっ。」


くらい思ってるかも。
そんな風にとらえてます。


ともあれなんかこの話を聴いた時、
すごく「勝った」気分になりました。
クイズ正解した気分です。
スガスガクイズ正解した気分です。
300スガスガでも獲得した気分になりましたね。


で、肝心のパフォーマンスの方なんですが、
1曲目はなんと、ポルノグラフィティと競演しての『黄金の月』。
すごく意外な取り合わせですが、
実は夏フェスで一緒になった時、
ポルノさんに「(スガさんの)ファンです」とカミングアウトされたとか。
さすがお目が高い。ポルグラ。ポルフティ。
ちなみに私は大学時代に『アポロ』を初めて聞いた時、
その翌日教室で、「これから絶対売れるから注目してて!」
ってクラスメイトに言って周りましたからね。
当時まだほとんど知らなかったですが。
ええ。あの時もクイズに正解した気分でした。
あの時は40ポルポル獲得でした。


画像で、『黄金の月』なんですが、予想以上でしたね。
合いますね、ポルノと『黄金の月』。
「へー、アボカドとわさびしょう油って、
こんなにも合うんだね」
くらいな勢いでした。
特に、「♪真夏の午ー後を 通り過ぎー」の歌詞のところで、
ポルノさんは、「♪真夏の午ー後をーー」と歌ってまして、
しっかりここでポルノグラフィティの曲になってました。
なんなら一回完全にカバーして出してみてもいいのでは?と、
ちょっと思ってしまうくらいでした。
も見てみたいですけどね。「『サウダージ』を歌うスガシカオ」とか。
想像するとドキドキします。


画像そして2曲目は、『午後のパレード』。
パートナーは及川光博。
・・・もうぴったりです。
合わないわけがない組み合わせです。
合いますよ。「そりゃ合うよ」って話です。
ミッチーなんて最後はノリノリで、
くるりとターンを決めてらっしゃいました。
2人ともすんごい楽しそうでしたね。


最後に3曲目は『夜空ノムコウ』でした。
まぁ『夜空ノムコウ』はね、まぁあんまり新鮮さはないですけども。
てっきり『春夏秋冬』でも歌うのかとも思いましたがね。
やっぱりテレビ的に一番いいんでしょうかね。『夜空』は。
まぁ正直、そこまで贅沢は言いませんよ。
この番組に出してくれるだけでお母さんはうれしいです。
見終わった瞬間も、

「今日はありがとね。またうちのシカオと遊んであげてね。
 またシカオを呼んであげてね。」


と、思わずテレビに言いたくなってしまう気持ちになりました。
そんな母心のまま、私はエンドロールが流れていくのを見届けたのでした。


ということで今回もご覧になったスガファンの方、
大満足だったんではないでしょうか。
できればミッチーの『午後パレ』の時、
一緒にいつものグラサンダンサーズの方々にも登場していただいて、
ミッチーをまじえ、みんなで完璧にあのフリを踊っていただきたかったなぁと思います。


来週もまだまだプロモーション活動あるので、
是非チェックしてみてください。
注目はなんと言っても『さんまのまんま』でしょう。
一体どうなるんでしょう。母さんは心配です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
やっぱり『黄金の月』はすごい。
先日も記事にしましたけど、 我らがスガシカオが先週、 素晴らしい番組であることでおなじみの、 フジテレビ・『僕らの音楽』に出演いたしました。 いやー今回もご多分に漏れず、 素晴らしいプログラムでしたね。 あの後も私、ビデオで5回くらいみてしまいましたよ。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2007/02/09 11:59
Party People(初回生産限定盤)(DVD付) |スガシカオ
Party People(初回生産限定盤)(DVD付)スガシカオBMG JAPAN Inc.発売日 2009&#45;07&#45;15さらに詳しい情報はコチラ≫[PR]ギャンブル 無料レポートランキング... ...続きを見る
甘村商会
2009/06/26 21:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてコメントさせていただきます。
私も僕らの音楽見てました!
私はポルノファンなのですが…
スガさんファンの感想を聞いて嬉しくなっちゃいました♪
実は私もすごく聞き惚れてました。
スガさんの声と昭仁の声が絶妙で素敵でした。。

また遊びに来ます(^^)
saori
2007/02/04 00:59
こんばんは〜!ひよっこスガマニアのmilanoです。
見ましたよーーー!この番組!良かったです!
最近テレビ、ラジオに怒涛の出演ラッシュで追っかけ(?)が大変です。
sakusakuも楽しかった!(私は神奈川県民なのでバッチリです)
「さんまのまんま」はどうなるんでしょうねぇ。
私も今から心配でドキドキです。
milano
2007/02/05 00:06
たまにのコメントです。
同じスガマニアの友達が
「昭仁はこの曲を相当聴いてるな。」と
感心しておりました。
この「黄金の月」でポルノファンの心を
何人掴んでいったのでしょうか?

シカオさんは!!
がね
2007/02/05 12:37
saoriさん、はじめまして!
私もスガフリークになった入りは、まず「声」でしたよ☆
なんか最初はどうなるんだろうと思っていましたが、
やってみたらすごくピッタリな感じでしたよね〜。
これを機にスガもチェックしてみてください!
またお越しください〜。
uchi-a
2007/02/06 14:09
スガマニアのmilanoさん、どうもです☆
これで3回目の出演ですけど、毎回この番組はいいです!
sakusaku、競馬の話ばっかりでしたけど、
「(競馬は)悔しさを買いにいってるんだよ」は名言ですね。
見ながら、「なんだそりゃ」と思いました(笑)

「さんまのまんま」、どうなるんでしょう。
「曲作って」とか言われそうですよね★
uchi-a
2007/02/06 14:12
がねさん、お久しぶりです〜。
あ、確かにそれは私も思いました。
なかなか細かいところでむずかしい曲ですからねぇ。
それでいて「ポルノらしさ」も出ていてよかったです。
『黄金の月』って同業者からかなり好評みたいですね〜。
ぜひポルノファンの方々には、
口コミでスガのことも広めてほしいです(笑)
uchi-a
2007/02/06 14:16
毎度の事ながらuchi-aさんの文章って大好き、素晴らしい!「Real Face」のシカオちゃんの考えのくだりなんか天才的です。私が漫然と感じていた事をそのまま言葉にしてくれてます。凄い、惚れそうです(爆
せら
2007/02/09 12:36
せらさん、いつもこんな長い文章を読んでいただいて、
ありがとうございます!!
そして刺激的なコメントありがとうございます(笑)
スガシカオの曲って、
1曲1曲スガシカオの頭の中を想像して聞くと楽しいですよね〜。
uchi-a
2007/02/13 01:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
[スガシカオ×(及川光博+ポルノグラフィティ)] uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる