uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 女性タレント。

<<   作成日時 : 2007/03/07 11:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

画像最近頭が痛いです。
風邪か疲れか寝不足か。
とりあえずもっと寝るようにしたいと思います。


さて、今日は最近音楽の話ばかりなので、
ちょっとお休みしたいと思います。
でもそのうちまた音楽の話はしますけどね。
今『別冊・カドカワ』のスガシカオ特集読んでますし。
じっくり読んでます。一気に読むともったいないんで。そういうタイプです。
ラーメンでもチャーシューを後半に食べるタイプなので。
そのうちレビューを書きます。素晴らしい本です。


なので今日はひとまず、違う話。
テーマは女性タレント(基本的に芸人除く)。
最近の女性タレント、多種多様で面白いですね。
私が子供の頃では考えられない状態です。
当時はしゃべるタレントと言ったら、
森口博子とか井森美幸、野沢直子くらいでしたから。
今は各ジャンルとり揃ってきました。
野球で言えば中距離バッターから、長距離バッター、
速球派から、ナックルポーラーまで。
あと横浜の種田みたいなフォームの選手まで。
いろんな女性タレントがいます。


あ、ちなみに今回なぜこのテーマにしたかというと、
先日の飯島愛引退報道を聞いたからです。
このジャンルでは間違いなく先駆者の一人であると思いますね。
あのニュースを聞いて書こうと思いました。
でもそれほど特別な感情を彼女に持っているわけではないです。
そういうわけではないです。
回転寿司でいけそうなメニューが回ってきたから、
ちょっくら食べてみるか、くらいの感覚で書いてます。
所詮そんなテンションです。


あ、ちなみに私、寿司もあんまり食べないんですけどね。
なんせワサビがダメなんで。
私にとってワサビはのようなものなのでね。ええ。
ポイズンですよ、あれだけの刺激のある食べ物は。
きっと「食べるな」って言ってるようなものですよ。ええ。
よくみなさん平然と口に運べますね。あの緑の物体を。


例えばヘビの場合、ものすごい派手なカラーリングのヘビって、
たいていをもっていたりするじゃないですか。
キノコの場合もしかりです。
それと同じです、ワサビも。
あんな刺激のある味がするっていうことは、
「食べちゃいけませんよ」ってことなんですよ。きっと。
私は勝手にそう思ってますけどね。ええ。
いくらお子ちゃま扱いされようと、
私のこのポリシーは一切揺らぎませんから。ええ。



ということで、今日は女性タレントの話ですけど、
本当に最近のタレントさんはうまいですよ。
トークが切れたり番組をうまく回したり。
例えば若槻千夏とか。あの人とかすごいです。
こないだふらっと『からくりTV』を見ていたら、
その回はゲストが若槻とペナルティで、
さんまが若槻に話をふったら、若槻がきっちり爆笑エピソード持ってて、
ドカーンとなって、それにペナルティがかなり嫉妬してました。
「もー、なんでそんなエピソード持ってるの?」って。
あれですね、このシチュエーションって、
今までスピードスケートやってた人が、
夏に自転車に挑戦してオリンピック出場、みたいなところでしょうね。
普段自転車一本の人からしたら、「なんだよー」みたいなとこです。
「もー、スケート(≒グラビア)でいいじゃーん。」くらいなことだろうと思います。


あと、すごいのは小池栄子ですね。
今一番番組を回すのがうまいのは、間違いなく小池栄子でしょう。
『検索ちゃん』見てて本当にそう思います。
あれだけの芸人が揃ってる中で、
あんなにみんなを気持ちよく遊ばせられるってすごいです。
『カンブリア宮殿』はよく知らないですけどね。あっちはよく知らないです。
唐突ですけどね。唐突な話です、あそこに小池栄子って。
小室ファミリーに甲斐よしひろくらい唐突です。
たまにあの番組を見てると、「頑張っているなぁ」って思います。


この2人、特にすごいと思うのは、
別に他にすごい特技とかがあって売れているわけではないところ。
もちろんだいたいグラビアというものがあってみんなテレビには出ているんですが、
そんなタレントはそこら中に存在するわけです。
そこから突き抜けて人気を得るというところで、
なにかしら特技やキャラがあったりすると、
やっぱりいろんな番組に呼ばれることが多くなると思うんですね。


例えば、眞鍋かをり氏とか。彼女はブログだし、
しょこたんはブログに加えてアニメやらヒーローものやら、
あと小倉優子とかは明確なキャラづけがなされているし、
マナカナは見ての通りの状態です。ご覧のような状態です。
こうなると印象というか、イメージがつきやすくていいと思うんです。
でも若槻千夏とか小池栄子って、
完全に話術とか、テクニックで今の地位をとってる感じがするじゃないですか。
「この人と言えばこれ」とかじゃなく。そこがすごいんです。


今もし相撲のような『女性タレント番付』を作るなら、
この2人はおそらく横綱ですね。2大横綱です。
個人的にこの2人が司会の番組とかもちょっと見てみたいです。
深夜でいいんで。相当しまった番組になると思います。


あと若手では大沢あかねとかが本格派ですね。いい相撲とります。
バランスのとれた相撲を取ります。
ただまだまだ横綱とは力の差を感じます。
ほしのあきとかも人気ですけど、こちらは胸と年齢という2点押しなので、
なかなか三役から上をめざすには難しいでしょうかね。
ちょっと相撲がたんぱくです。ええ。
どうしても基本的に体を生かす相撲なんでね。
もっと差し手争いとかで良さが出てくるといいんですけどね。


その点、若槻はうまいですよ。
すっと差してから、出し投げまでありますから。
無双も切ったりしますから。ワザ師です。
小池栄子は逆に貴乃花タイプですね。
相手をガッと受け止めて、最後投げるみたいな。
これはスケールでかいですよ。ええ。
大横綱の風格があります。


となると、この2人は若貴ですね。
それぞれ若貴の取り口に酷似してますよ。ええ。
こうなるとこの2人の牙城は高いですね。黄金時代到来です。
熊田曜子とかもいいものは持ってるんですけど、
やっぱり、んー・・・まだ稀勢の里くらいですかね。素質はあるんですけど。
夏川純もちょっとワザに走りすぎですし。
おまけにいろいろ不正疑惑もありますし。
マナカナとか面白いですけど、やっぱりあれは反則ですからねぇ。
やっぱり、2対1じゃ相撲にならないです。
ちなみに大関には、ベテラン力士・山田まりやがいますけど、
ちょっとこちらは魁皇状態なので、なかなかむずかしいですね。
ということでこの2人の横綱がちょっと抜けてます。


そんな感じで、これからこういうスタンスでバラエティ番組を観察してみると、
なかなか面白いと思います。
「あ、今いい寄りだ!」とか。
「んー、今のはちょっと力まかせな技だな〜。
 あれをずっとつづけてるとケガするな。」
とか。
こう見ていくと、何気なく見ていたバラエティ番組も、
より味わい深くなっていくと思います。


ということで最終的にまとめますと、


若槻千夏→若乃花
小池栄子→貴乃花
山田まりや→魁皇
熊田曜子→稀勢の里
ほしのあき→把瑠都
夏川純→安美錦


こうなります。
来場所以降の活躍が楽しみですね。




個人的に今日の文章の中で、
『夏川純はワザに走りすぎ』という部分が、
自分でかなり気に入っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夏川純の年齢詐称と整形の真相は?
夏川純(23× 28○)にかかっている、整形疑惑と年齢詐称疑惑。 和田アキ子の前で、自分から年齢詐称疑惑についての真相を激白するという。 ...続きを見る
夏川純の年齢詐称と整形
2007/03/07 15:54
夏川純
●消費者金融[レイク]大規模店舗●夏川純の私服とカバンの中●[余談]せいけいでも... ...続きを見る
芸能探偵! 芸能人-タレント ニュース・...
2007/03/08 20:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
女性タレントを相撲に置き換えてしまうなんて……
もう嫉妬です。。文句の付け所が無いほど見事です。
それにしても本当に最近の女性タレントのタレンティーぶりは
すごいですね!
これからは肌を露出するんでなく、特出したトークを
期待したいものです!!
okn
2007/03/07 21:02
ご無沙汰です。興味深い観点ですね。
個人的には若槻千夏はさんま・紳助等の横綱キラーというイメージがあります。勢いと若さといったところで、安馬でしょうか。
uchi-aさんの記事に載っていないタレントさんで真似させていただきますと、
優香→栃東(抜群に強い訳ではないが、安心して見ていられる)
井上和香→琴光喜(受けてからの安定した攻め。常に勝ち越せる)
MEGUMI→千代大海(先制からの積極的な攻め。いなしもできる)
森下千里→朝赤龍(攻めに鋭いものがあるが、決め手に欠ける)
インリン→高見盛(なんとなく)
パスカ
2007/03/07 22:33
oknさん、コメントどうもです!
実力社会ですよね、アイドルも。
これから女性タレントたちがどうなっていくのか、
大変興味深いです。
uchi-a
2007/03/07 22:48
パスカさん、絶対コメント来ると思ってました。
なるほど。でもそれはさんま・紳助を横綱とした場合ですよね。
そうなるとまた話がかわってきますよ(笑)

優香は悩んだんですが、私からみると、
あまり戦ってない感じがしたんで保留しました。まさか栃東とは(笑)
井上和香→琴光喜はいいですね〜。
森下千里→朝赤龍は大ウケです。大爆笑です。
ちなみに高見盛は、絶対時東ぁみだと思っているので、
インリンは黒海ということで、お茶を濁したい気持ちでいっぱいです。
uchi-a
2007/03/07 22:53
いやー、感服致しました。力士に例え出したところから、ようやく画像の意味が分かりましたよ(笑)
確かに、小池栄子と若槻千夏は実力派ですね。昔、深夜にやってた紳助と松ちゃんの「松本紳助」で、二人共が小池栄子の実力を認めてましたからね。「あの子がおると安心すんねん」って言ってました。「小池栄子→貴乃花、山田まりや→魁皇」のたとえが特に納得でした!

そして、『夏川純はワザに走りすぎ』…素晴らしすぎます!思わず、関根さんばりに「あげましょう」って言いたくなっちゃいました(笑)
53
2007/03/09 18:12
53さん、いつもどうもです!
確かに安心しますね。小池栄子は。安定してます。
その存在だけで番組になりますね。
夏川純、なんだかね。頑張ってるなと思ったので…。
わかってくれてうれしいです(笑)
uchi-a
2007/03/13 00:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
女性タレント。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる