uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・10』。

<<   作成日時 : 2007/04/02 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

久々にやってまいりました!
今回は数えて第10弾!


『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』!!


本当なら翌日にアップしたかったところなんですが、
ちょっと最近忙しくて、なかなか記事を書けずにいました。
悲しかったですよ。それはそれは。
「書きたいのに書けない」・・・、悲しくて切ない話です。
「スタメンで出たいのに出れない」・・・、阪神の桧山くらいせつないです。
桧山と同じですよ、私にとって書けないことと言うのは。


しかしもったいないですよね、桧山ともあろうものが代打なんて。
だって考えてみてください。あの桧山ですよ。
あの桧山代打なんて・・・。
でもだからと言って、確かに出るところは今ないんですけどね。
でも、あの桧山が代打なんて・・・。
まぁ、今日はそんなせつなさを乗り越えて、
この記事を書きたいと思いますよ。


さてこの『細かすぎて』、今回は『みなさん』のスペシャル番組の中で、
1時間弱の時間を割いての豪華版。
しかし回数を重ねるごとに、
正直昔のような衝撃はあまり走らなくなってきました。
でも逆に最近では安心して見ていられると言うか、
成熟してきた感じはあります。
こうなると立派な行事ですね、これは。もはやブームではないです。
地に足が着いてきた感があります。


いい意味で膨張してない感じもとてもいいですね。
普通こんなヒット企画だと、どんどん規模を拡大したり、
ゴールデンで別番組にしたりで失敗しがちですが、
この企画はほとんどスタート当時とコンセプトが変わりませんから、素晴らしいです。
これからもこんな感じでお願いしたいです。


ということで、さっそく今回の記念すべき第10回大会を振り返って見たいと思います。
今回ちょっと気になったのは、常連のアントニオ小猪木が出なかったこと。
どうしたんでしょうね。彼は。
ついにネタがなくなったんでしょうか。
あるいはアントキの猪木の存在を知って、自分の限界を感じてきたんでしょうか。
でもこないだ、『オールスター大感謝祭』には出てましたけどね。小猪木は。
ひとまず元気そうで何よりでした。


まず今回のトップバッターは、シューレスジョーの『小倉智昭』。
最近必ず最初に彼が出てくるようになりましたね。
やっぱりオープニングといった意味合いなんでしょうか。
続いて360°モンキーズの野球ネタ(デスティファーノ・マドロック・イースラー落ち)へ。
このへんもお決まりのラインナップですね。
お決まりのイースラーです。


そしてその後の、『「スーパーニュース」の永島キャスター』
前回も出てましたが、さらに技に磨きがかかって見事でした。
本当にスポーツコーナーが始まりそうでしたから。CMの後に。
で、CMに入っている間、ちょっとザッピングまでしたくなりましたから。一瞬。
そんな気持ちになるほどの完成度でした。
さらに『星野仙一・田淵幸一』のマネも見事。
なにより目の付け所が阪神ファンにとってはたまらなかったです。


そして、次が『モニカ・セレス』ということなんですが。
なんて無茶な番組なんでしょう。
「木曜の10時台に、モニカ・セレスのモノマネ」って。
シャラポワ全盛の今、あえてモニカ・セレスですから。
でも似てましたね。最後にポイントの決める時の足の上げ方とか最高です。
両手持ちですからね。セレスは。
ちなみにダンナさんは、試合中に刺された時に助けてくれた人の一人です。
ミニ情報ですが。


その後、『飛鳥涼』のマネだったんですが、
私はちょっとああいうデフォルメしたモノマネは、
あんまりこの番組に期待してないんで評価は低いですね。
なんというか、ネタっぽいやつは苦手です。
『児玉清のアイウエオ作文』も結構苦手です。
私としては、実際にあった小さい出来事を拾ってくれる人が好きですね。
最近こういうデフォルメ系がちょっと増えてきたのが残念です。


その後では。『原田芳雄の電車マニアシリーズ』もよかったです。
でも本当にそんなこと言ってる場面があったのかは謎なので、
もしこれもデフォルメだったなら、ちょっと残念だなぁと思ってみてました。
「『あいのり』がやらせなら残念だなぁ」的な気持ちですね。
まぁ、『あいのり』に関しては別にやらせでもいいですけどね。もはや。
達観してみてますから、最近は。
それくらいの度量を持ってテレビを見るべきですよ。我々は。ええ。


最近ちょっと地味だった次長課長・河本ですが、
個人的に今回の、『「バンキシャ」に見つかる金正男』は最高でした。
なんせ見てましたから、この時の『バンキシャ』。
おそらく河本も見てたんでしょうね、この『バンキシャ』を。
つっこみどころ満載の映像でしたからね、これは。
なんかジューススタンドでジュース飲んでました。正男は。


『ミスチルを歌う桑名正博』も秀逸。
そして『中国の体操選手・李小双』。本当にすごい番組です。
さらにこの後、『立川志の輔』ですからね。
でもこのマネは、マネ自体よりもその後の関根さんの、
『ためしてガッテン』を見た時の感想が面白かったですね。
「(NHKは)小道具費が余ってるんだろうね」はかなりよかったです。
今回はこういう関根さんのつぶやき情報が冴えに冴えてました。
「モニカ・セレスは普段挨拶しない」などもよかったです。


そして、常連の『平泉成』
私はこの人にはちょっと辛口なんですね。前回までも言っているように。
完全にネタになっちゃってるんで。面白いんですけどね。
ちなみに彼、有田ロボ情報によるとコンビ解散したそうで、
今回はピン芸人としての出場でした。
みんなそれぞれ、いろんな人生を歩んでいますね。


くじらのスターシリーズは、今回は『蜂の巣駆除名人』
完全に彼だけ、最近違うことをやっていますね。
最初の頃の『ダーツスターシリーズ』が懐かしいです。
そして、一般参加の高校生
なかなかさわやかな少年でした。そしてさわやかなネタでした。
しかし彼は、この後最後に力を見せました。
華丸の『横峯親子シリーズ』は、さっきと同じ理由でちょっと苦手なんですが、
でも今回のは面白かったですね。
あのムッとするさくらちゃんは、実際もありましたからね。
そして今回も、さくらちゃん役の人は謎のままでした。


そしてそして!我が愛しの落合!
最近のこの番組での一番の目的でもあります。
今回も見事に『落合博満』でした。
なんでも昨年暮れにこの牧田さんは、
本物の中日の納会にゲスト出演して、大爆笑をゲットしたらしいです。
すさまじき素人です。
野球のプロが見ても笑えるんだなぁと、
改めてこの人のクオリティの高さを感じました。


さらにこの後、個人的に私の最大ヒット作品が登場します。
それは、『第76回箱根駅伝・予選会での関東学連のスタッフ』。
これはやられましたね。「うわー、ここかー!!」って感じでした。
あのスピーカーの使い方、あの間の取り方、あの声の張り上げ方・・・。
石橋、関根両氏も大喜びでした。


「第4位!日本体育大学!第5位!関東学院大学!
 第6位!・・・、・・・拓殖大学!!」



「拓殖大学!」と言う瞬間に、資料を何度か確認するところとかリアルでした。
ちなみに一応確認したんですが、
この第76回の予選会の順位、確かにこの順位だったようです。
ちなみに1〜3位は、帝京・法政・早稲田な模様です。
ちなみに。気になったんで。


その後、落下を完全に自分のものにしている『360°モンキーズ』のコンビ落ち
サムソン・リーと小田。見事なスクイズ外しの大ジャンプでした。
そんな感じで本編は終了。
この後は『おかわりタイム』に突入します。


飛鳥涼の後に永島キャスター登場。永島、相変わらず良いです。
そしてイースラー・・・、なんですが、
このイースラーは、イースラー自体のモノマネより、
その前にバッターボックス向かう時にひっそりやっていた、
「バッターは、イースラー。」という、
東京ドームのうぐいす嬢のマネがかなり個人的ヒットでした。
おそらく彼としてもこっちがメインだったんじゃないかと思わせる、
そんな完璧なドームのうぐいす嬢っぷりでしたね。
そしてそれにちゃんと食いつく石橋も素晴らしかったです。
よく需要と供給のバランスが取れてますね。この番組は。


ちなみに私は、東京ドームの他に、
神宮と甲子園と、あとナゴヤドームのうぐいす嬢のマネもちょっとできます。
一応ご報告しておきます。
一応ですけど。なにかの時のためにね。お伝えしておきます。


ガリットチュウの『浅野温子』もよかったんですが、
その後、再び『箱根駅伝予選会』!
今度は第83回の発表でした。

「第7位!城西大学!第8位!大東文化大学!
 第9位・・・、・・・国士舘大学!!


えー、調べましたけれど、順位すべて合ってました。
ちなみに1位は早稲田がとってました。
木梨の、ー、「このまんまもし勝ちぬいていったら、
この形(発表)で行くんですかね?」
の問いに対しての、
有田ロボの、「箱根駅伝の数だけネタがありますからね。」
は、名言だと思いました。
結局最後までは残りませんでしたけどね。
なにか石油王を彷彿とさせますね。このネタは。
「一度油田を見つけたら」的なね。
あとは石油の量だけ富を得られるといった感じです。


さらに『星野&田淵』。よかったです。
両方すごく似てます。そしてラブラブです。
決勝まで残って欲しかったですが、こちらも落選。
『落合』は、このおかわりタイムでは『盗塁』を見せました。
コアなファンの方ならわかると思いますけど、
落合は現役時代、に年に数回、いきなり走ってたんで、
この着眼点も素晴らしかったです。
しかもいつも成功してましたからね。
やっぱり落合博満はすごいです。


その後テニスシリーズは『サバチー』でした。
サバチーニ、さすがに私もプレイまではあまり覚えてないです。
次回はぜひ、アランチャ・サンチェスを再現してほしいです。
華丸は、なんと『ソフトバンクの祝勝会の挨拶シリーズ』。
なんかその時の映像が目に浮かんできます。
しかしいろいろやってくれますね。達者です。
さらに再び『360°モンキーズのコンビ落下』、
今度は時間差での落下を披露してました。
それにしてもこの青ジャージの人は、今回何回落ちたんでしょうか。
だってすごいヘビーローテーションですよ。
最近のピッチャーだったら、確実に肩を壊しそうなヘビーローテーションです。
「権藤権藤、雨、権藤」と言った感じですよ。ええ。
意味がわからない方は、ウィキぺディアで調べるなり、
放置してじゃがりこでも食うなりしててください。


そして決勝!!
『体操選手シリーズ』も決勝進出。
華丸は得意の『王貞治』を披露。
そして『平泉成』、確かに相変わらず苦手は苦手なんですけど、
この決勝でのネタは笑ってしまいました。
「帰ってくれないか!!」、興奮した平泉成がよかったです。
『80年代のアイドルネタ』でせめるいとうあさこ
最近はちょっとマンネリ化してましたが、
決勝での『荻野目洋子のカップスターのCM』はパワフルでした。
何回か前の『松本伊代のバックダンサー』の以来のインパクトでした。


『原田芳雄』で攻めた彼は、決勝で『哀川翔』にスイッチ。
普通にうまかったし、話していたエピソードもどこかで聞いたことがあります。
意外とレベルが高いのかもしれません。
そして前回チャンピオンの『落合』がなんと・・・、『江夏豊』に!!
落合ではなく、江夏の21球で来ましたよ。
こんな隠し玉があったとは・・・、かなりショッキングでしたね。大ニュースです。
でも似てました。なにより体型が。
あの昔の古い広島のユニフォーム姿には涙が出てきます。
さらに素人の高校生の少年が、
ここで『警察24時・万引きで捕まる主婦』を熱演。
絶賛されておりました。何度見てもさわやか少年です。
彼にはできるだけ、カラオケでDJ OZMAとかは歌って欲しくないですね。
まぁどうしてもと言うなら止めませんけど。


そんなこんなで、いよいよ優勝争いは混沌とする中、
ついに優勝者発表!!
今回の優勝者は・・・、


末吉くんの、『平泉成』!!


んー、ついに勝ってしまったかという感じです。
でも確かに決勝のネタは面白かったんですけどね。
でもこれをきっかけに、
本来の『細かすぎて』から離れて行ってしまわないか、
ちょっと不安に思った結末でした。
本来ならあの『星野&田淵』や、『箱根駅伝』が決勝行くべきだと思うんで。
『飛鳥涼』が決勝進んでいたのとかを見ると不安ですね。


そんなところで、次回はいつでしょうか。秋でしょうかね。
小猪木の復活はあるのか、落合にはさらなる隠し玉があるのか、
そして、さくらちゃんの正体はいったい・・・!?
次回も注目したいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どもです。なかなかこの番組の記事が出てこないのでやきもきしておりました。
今回はプロレスネタがなかったんですよね、一切。今までは必ず1つはあったのでそれが驚きでした。プロレスネタ後の有田のミニ情報が好きなんですよ。
今回も落合の方が優勝とおもったんですけどね。あんな隠し玉、卑怯ですよ(笑)。やられますって、ふつー。
MIGHT
2007/04/02 23:21
MIGHTさん、どうもです!
お待たせいたしました。いやはや。
プロレスネタがないのは、
一時かなりかたよってしまったからじゃないでしょうかね。
私はあまりプロレス知らないんですけど、
でもあの有田のミニ情報の雰囲気が好きでした。
今回は関根さんのミニ情報が面白かったですね。

江夏の場合は、あれはかなり有名なシーンなんでねぇ。
やっぱり落合のマニアックなところをついてくれた方がいいのかも。
他にもなんか隠し玉ありますかねぇ。
お腹の出た野球選手限定でしょうけど。
uchi-a
2007/04/03 10:43
レビューお待ちしておりました!ひょっとして末吉くんが優勝したから、あまり書きたくないのかななんて思っちゃってたんですが…考えすぎでしたね(笑)

テニスシリーズは素晴らしかったですね。人選が好きです(笑)あと、高校生と関東学連のスタッフ、桑名正博は最高でした!桑名正博は個人的に一番笑ってしまいました。星野、田淵も良かったですよね。あのラブラブ感が(笑)

やっぱり、uchi-aさん、飛鳥涼のモノマネ苦手だったんですね。僕もデフォルメし過ぎであまり笑えませんでした。

でも、やはり牧田さんですね。落合は相変わらず似てましたし、まさか江夏を隠し持っているとは思いませんでした。やられました(笑)

すいません、長々と失礼しました。
53
2007/04/03 20:03
53さん、コメントどうもです!
そうですねぇ、完全にネタですもんねぇ平泉成は(笑)
飛鳥涼は本当にダメです、私としては。
飛鳥涼のマネですら、今まで結構見てますからねぇ。
テニスシリーズ、正直記憶のギリギリの範囲ですけどね。いいです。
でもそんなにネタ数は多くないでしょうけど。
桑名はいいなぁ。いいですねぇ。
当時の現場の映像を見てみたいですねぇ。
uchi-a
2007/04/13 16:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・10』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる