uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『カサノバ』。

<<   作成日時 : 2007/05/02 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

いやー、もう黄金週間ということで、
みなさんはさぞゴールドラッシュな毎日だろうと思いますけど、
そんな中、私はワークでクタクタですよ。お疲れです。
はやくこの黄金が終わらないかなぁと思っています。
そんな状態なのでこのブログの方も、
最近は完全にほったらかしになっているわけです。
定期的な更新を待っている方、もう少し待ってくださいね。
すべてはこの黄金がいけないんです。
黄金バット黄金のタレはいいと思いますが、
この黄金に関してはまったくいただけないですよ。
清水ミチコが平然とやってみせる、
全然似てないYUKIのモノマネくらいいただけないです。ええ。


さてそんな状態なので、あんまりネタもないです。
ということで仕方ないので、またしても映画ネタで行きたいと思います。
ただ映画の話ばっかりしていると、
もっとゆるい文章を期待している方に申し訳ないんですけどね。
わからない人にはわからない話だし。
でももうちょっと我慢してくださいね。
すべては黄金がいけないんです。
スガシカオの『黄金の月』は名曲ですけどね。
この黄金は本当にいただけないです。


ということで今日、ご紹介する映画は、



『カサノバ』
画像











いいですね。なんかアーティスティックなタイトルで。
気品がありそうなタイトルで。
特に最後の『ノバ』って感じがアートな感じです。
『ノバ〜』って感じが。アートです。


基本的によく知ってる俳優はあんまり出てないんですが、
監督が、あのラッセ・ハルストレム
『シッピング・ニュース』、『サイダーハウスルール』、
『ショコラ』とかの人ですね。
名監督の一人ではありますけど、
この3作品を並べてみても、どれも少しおとなしい感じの映画で、
個人的には、「社会問題とかモラルとかに関してのことを取り上げつつも、
結局あんまりはみ出さない映画を撮るイメージ」
を、
この監督に関してかねてから持っていました。
しかし今回の『カサノバ』は、なにやらいつもと違う雰囲気。
なんせ主役がプレイボーイ!
一体どんな映画になるんだろうと前から気になってはいたんですが、
あんまりたくさんの映画館でやらなかったのと、
見にいくタイミングがなくてなかなか行けずに、
結局そのまま記憶の彼方に葬られていました。
スピードワゴンの井戸田さんが、「甘〜い」が流行る前に言っていた、
「あたし認めないよ!絶対あたし認めない!」が、
もはや現在では世間一般的にすっかり忘れられているのと同じように、
それくらいに記憶の彼方に葬られてしまってました。


しかし、先日TSUTAYAでDVDを発見。
「あ、あったあった。仁藤優子っていたいた。」
くらいな感覚で、このたび借りてきましたわけです。
で、見た感想なんですが・・・予想以上に良かったです。
なんか今までこの監督さんを押さえ込んでいたものがなくなって、
バッと解放されたかのような娯楽映画でした。


18世紀のヴェネチア。
伝説的なプレイボーイ、ジャコモ・カサノバ(ヒース・レジャー)。
規律を重んじる教会から異端として追われる身となり、
ある時修道女との戯れが役人に見つかり逮捕される。
今回は親交のある総督のはからいによって助かるが、
「ヴェネチアに残るためには結婚しろ」と言われ、一転嫁探しに。
カサノバはけがれを知らぬ富豪の娘・ヴィクトリアを魅了し、婚約するが、
その時、その昔の屋敷に住む娘・フランチェスカに出会う。
男顔負けの負けん気の強さのフランチェスカに、
カサノバは恋に落ちてしまい・・・。



プレイボーイものと言えば、最近だと『リバティーン』を思い出しますが、
こちらはうってかわって完全にコメディ
できればジョニー・デップに主役をやってほしかったなぁと思いました。
こういうかっこよくてコミカルでみたいな役って、
本当にジョニデにはぴったりだと思うんでね。
ヒース・レジャーさんでもいいんですけど。


画像とにかく楽しめました。ニヤニヤしちゃいました。
「くっだらねー」とか思ったり。
「そんなわけないじゃん」とか。
なんかカサノバを追いかけている厳しい司教様みたいな人も、
厳格そうな態度と風貌なわりには間抜けだし。
全体にいい感じの緩さが漂っているんですが、
ただそれだけじゃなくて、衣装とか景色とかすごくきれいで、
そのへんの組み合わせが絶妙でした。


カサノバは星の数ほどの女性を魅了し続ける男。
そこに現れた男勝りの美女・フランチェスカ
カサノバは彼女のハートを射止めるために、
いろんな作戦に出ます。(いろんな人になりすましたり)。
でもそこには本来の婚約者の存在もあったりして、ドタバタの連続。
さらにそのフランチェスカにもすごい秘密があったりして、
お互い知らない間にだましあっていたりする構図がドキドキです。
フランチェスカにも縁談があったりしますしね。


この2人が中心に話は進んでいくんですが、
その周りに出てくるキャラクターが、どれも本当に魅力的。
そしてグダグダでお間抜けなんです。
この脇役たちの功績がこの映画に関しては相当大きいと思いますね。
そのフランチェスカの婚約者の大男・パブリツィオとか、
カサノバの味方になっている総督とか、みんなお間抜けです。
そして最後のドタバタシーンなんかの映像も最高でした。
ちょっと水戸黄門の戦ってるシーンを思い出しました。
あの戦ってるシーンのBGMがすごく似合いそうだなぁと思いました。
たぶん私だけでしょうどね。そんなこと思ったのは。



『パイレーツ・オブ・カリビアン』の一作目もこんなテイストがあって、
だから私はあの映画がすんごい好きなんですが、
こないだの二作目は、話のスケールがでかくなっちゃってかなり残念でした。
この調子だと今度の三作目もさぞスケールでかいんでしょうねぇ。
まぁ見ますけどね。結局。ジョニデっ子としては。
結局映画館に行きますけどね。なんだかんだ言って。
「なんだかんだ言って、結局あの人のことが好き」みたいな感じで。
これはしょうがないです。女の性です。
ジョニデがジョニデである限り。



なので逆に言うと、『パイレーツ・・・』に関して、
「一作目は面白くて、二作目はがっかりした」みたいな印象を持っている人が見たら、
この映画はかなり楽しめるんじゃないかな〜と思うんですけどね。
まぁ、「ジョニデ様が出てないからヤダヤダー!
あたいはジョニデ様じゃなきゃヤダー!」

っていうガールからしたら、問題外でしょうけど。
そうじゃなくて、『パイレーツ・・・』の一作目の緩いところが好きな人なら、
是非お勧めしたいと思う映画です。



そんな緩い映画ではありますが、
ちゃんと本筋は、無茶な設定とは言えしっかりしていて、
最後にドンデン返しというか、
「あーそういうことかー!」みたいなのがあったり。
このへんはさすがと思わせる脚本と監督の演出です。
しかしこんな映画をとれるなんて、
今後ラッセ・ハルストレムの見方がだいぶ変わってきそうな映画でしたね。
私にとって、今までのラッセさんの作品の中では、
間違いなくナンバーワンの映画です。
『シッピング・ニュース』とか『ショコラ』は、
「まぁ見たければ見て」くらいのオススメ加減ですが、
この映画に関しては、自信を持ってオススメしたい気持ちです。
ただ、もっと重厚な映画を見たい方はスルーしてくださいね。くだらないんで。


ということで、今日はこんな感じで寝たいと思います。
次回の更新はいつになるでしょうかね。
黄金明けにでもお会いしましょう。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です!
休日中もとりあえず日記は読ませてもらっているななです。
私もゴールデンウィークの浮き足立った雰囲気は苦手かな。
テレビとかでも「ゴールデンウィークですNE!こんだけ渋滞してますYO!」などと言うコメントを聞くたびに「わかったから、落ち着け」と一人思います。早く普通の日々になって欲しいッス。
しかも今、目とのどをこじらせちゃってなんだか楽しめてませんYO!
私もおとなしく、メガネ着用でDVDでも見てます。
なな
2007/05/03 08:02
更新、首を長くしてお待ちしておりました。(実際オイラの首は長いです。ミスターNOと言われたコトも。)「もしかして、黄金の月でどこかに旅行中?さてはデートか・・・。いいなぁ、若い者は。」なんて思っていたのです。今や、シカオさんのブログDIARYの更新の方がハイペースで、uchi−aさん負けていまーす!えっと、映画の話だった。「サイダーハウス・ルール」の監督さんは「やかまし村の子どもたち」と同じ人だったんだ。勉強になります。uchi−aさんは小説は余り読まないそうなのですが、自分は活字中毒で、ジョン・アーヴィングが好きなので、「サイダーハウス・ルール」を見に行ったクチです。「ガープの世界」も「ホテル・ニューハンプシャー」もお気に入りでした。他にE・M・フォースターとかも好きなので「眺めのいい部屋」や「モーリス」(あ、危ない)や「ハワーズ・エンド」も。ぼやけた感じの映画がタイプなのかな。お互い、黄金中もがっつり働きましょう!!
ロクデナシ
2007/05/03 20:11
私もuchi-aさんの記事は楽しみで楽しみで、もっと更新があると嬉しいですね。次も待ち遠しいです。「なんでくるのかな?映画?音楽?競馬?」って、いつも首を長〜くしてお待ちしています。
あと、アーヴィング好きです!「ガープの世界」も「ホテル・ニューハンプシャー」も大好きな映画です。大人のロブ・ロウを見て、愕然としちゃいましたけど。
また来ま〜す!(更新されてるといいな)
ぷかぷか
2007/05/12 00:18
肉人形ですが、あなたのブログを、僕のリンク集に張らせていただきました!なので、あなたのブログのリンク集に、僕のブログを張っていただけないでしょうか!?
肉人形
2007/05/13 23:16
ななさん、コメントどうもです!
いつも返事遅くなってすいません!
すっかりGWは過去の話ですね。しょせんGWなんてそんなものですよ(笑)
uchi-a
2007/05/18 13:52
ぷかぷかさん、どうもです!
最近は更新間隔が開き気味ですいません!
いつも楽しみにしてくれてありがとうございます!
ガープの世界、ホテルニューハンプシャーは、
噂は聞いていますがまだ見てません…。
ぜひ見たいところです。太田光が好きなアーヴィング…。
uchi-a
2007/05/18 13:54
肉人形さん、リンクありがとうございます。
リンク入れておきます。
uchi-a
2007/05/18 13:54
ロクデナシさん、コメントどうもです!
返信の順番前後してすいません…。
おー、なんだかいろんな作品名が出てきてますね!
そうなんですよー、小説読まないもんで。
でもなかなか興味が湧いてきましたよ!
今後はシカオブログの更新ペースに負けないように頑張ります(笑)
uchi-a
2007/05/18 14:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『カサノバ』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる