uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の『M-1』を見て思ったこと。

<<   作成日時 : 2007/12/27 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像いやー、今年も見事、
ポイズンガールバンドが最下位をゲットしました、
『M-1グランプリ2007』が終了いたしました。
ご存知の通り今年の優勝は、
敗者復活戦から勝ちあがったサンドウィッチマンでした。


いやー、今までにないビジュアルのコンビが優勝しましたね。
これから彼らは売れてくるんでしょうか。どうなんでしょう。
『エンタのなんとか』という番組をうかつにも見てしまった時、
たまたま遭遇したことは何度かありましたけど。
今までM1王者はやっぱり全国区になったりしてますけども、
サンドウィッチマンに関してはどうなんでしょう。
なんせビジュアルがあんな感じですからねぇ。
今はタイムリーですから、仕事がたくさん入っているようですけど。
これでうっかりM1王者にもかかわらずあんまり売れなかったりすると、
逆に大変な気がしますね。
M-1の存続にもかかわってくる気がしますよ。
下手したらオートバックスの存続にもかかわってきますよ。ええ。
そうなると、最終的にイエローハットは儲かりますよ。ええ。
すると必然的にみんなリンガーハットに行きたくなって、
ちゃんぽんブームがやってくることでしょう。
そしたら当然、「長崎をどげんかせんといかん」が流行語になって、
前川清愛馬・コイウタに乗って紅白で熱唱することになりそうです。
でも歌う曲はあえて、『そして神戸』ですけど。
そうなると小林幸子は悔し泣きでしょうね。
そう考えると、



サンドウィッチマンに課せられたものは大きいですよ。幸子的にも。



さて、私のM-1の感想ですけど、
私は決勝のネタだけなら、
トータルテンボスの方がよかったと思いますね。勝ったと思いました。
1本目に比べて面白いと思いましたし。
逆にサンドウィッチマンは1本目の方が面白いと思ったので、
その比較からいったらそっちかなぁと。
ただ基本的に私はトータルテンボス苦手ですけどね。
なんか余計なものが多いんで。
つっこみ方とか。アクションとか。


あれですね、だいぶ前にラジオの野球解説で、
江川がヤクルトのキャッチャー・古田について、
「ボールをとったあと、ピッチャーに向かって、いろいろ細かいアクションしすぎ。
 あんなんやらんでもピッチャーはわかってる」

って言って辛口批評してましたけど、
あれと一緒ですね。ええ。
いや、あんまり一緒じゃないですかね。
まぁとにかく苦手なんです。あのツッコミが。
なんかもし同じクラスにいても、あんまり仲良くなれないタイプだと思います。ええ。


なんかせっかく食材自体が美味しいのに、
いろんな味付けしちゃってて、
それはそれでいただけますけど、
なんかせっかくのお味をジャマしちゃってるって感じですかね。岸朝子的に言えば。


そういう意味でサンドウィッチマンの漫才は、
すごくシンプルでうまくて好きです。
ツッコミも緩急自在な感じで落ち着いて聞けるし、
だからネタの面白さもダイレクトに耳に入ってきます。
なんでしょう、「しょう油つけないでもうまい」って感じですね。ええ。
おそらくこれなら審査員の女優・高田万由子も、
「素材の美味しさがよく出てますね。」
って、王道のコメントを言ってくれることでしょう。女優じゃないのに
ちなみにその時、夫・葉加瀬太郎は横で「まいうー」連発ですけどもね。


でもよく考えるとあの2人の漫才って、
確かにうまいんですけど、
ベテランの漫才師ならだいたいあんな感じじゃないかとも思うんですが。
実際サンドウィッチマンも昭和の匂いがしますしね。
そう考えると、本当は普通と言えば普通なのかなぁとも思いました。
そこが逆に他のコンビと比べると新鮮だったわけですけどね。ええ。
他の人たちはなんか壮大な構想を持ちすぎというか、
単純に「ボケてツッこむ」以上のものを求めてるというか・・・。
最後に「うわー!」とか「ばーん!」みたいなのが待っていて、
それに向けてネタが進んでる感じがしましてね。
そこがあんまりよくないんじゃないでしょうかねぇ。
このへんは『M-1』のもたらした悪い流れかも。
ただダイアンのボケの方の声が私は好きですけど。


ということで、来年はどうなるんでしょう。M-1。
そろそろ結構危険な感じもしてますが。
でもたくさん芸人さんはいますから、
誰かしら出てくるんでしょうね、今年みたいな新しい人が。



『ホットドッグマン』



とかが。出てくるんでしょうね。
あるいは、


『ドネルケバブマン』


とか。出てくるんでしょう。
あるいは、


『ミラノ風ドリアマン』


とかも。出てきますよきっと。
あるいは、


『ミラノサンドAでお待ちのお客様』



とか。出てきますよ。出まくりですよ。
それに期待します。スタバ派ですけど。
そんな感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
近年のM-1はオチまで作り込まれた様な『よく出来た』ネタを目指そうというコンビが多い気がしますね。そのせいか、結局ごちゃごちゃしたネタが多い気がします。

逆に、サンドウィッチマンは淡々とシンプルなネタをやってて好感が持てました。あと、ポイズンは最下位でしたけど、あのネタは個人的に好きです(笑)
53
2007/12/28 09:26
サンドウィッチマンに救われたなぁ今年のM−1・・・
「グランプリは、該当者なし(史上初)」と発表されても納得したかも。
「来年は賞金二千万円!!!」な〜んてね。

審査員は、今までで一番良い布陣でしたが、松っちゃんの講評をもっと聞きたかったね。

2007/12/28 13:25
53さん、どうもです!
なんか違う方向に行ってる感じですよね、最近のネタ。
個人的に漫才にストーリー性はあんまいらないと思うので…。

サンドウィッチマンは、唯一漫才!って感じでしたね。
ポイズン…、まぁポイズンはポイズンです☆
ポイズン向きの舞台を作ってほしいですねぇ。
uchi-a
2007/12/31 12:26
銀さん、コメントどうもです!
「該当者なし」…私もそれに一票入れますかね(笑)
でも視聴率はよかったみたいで…、よくわからないです。

松っちゃんのサンドウィッチマンに対してのコメントをもっと聞きたかったです。
ちょっと興味あります。
uchi-a
2007/12/31 12:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今年の『M-1』を見て思ったこと。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる