uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 近年最高傑作。

<<   作成日時 : 2008/07/28 10:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像いやー、ここ数年、いやここ数十年のテレビ番組で、
確実に最高傑作だったのではないでしょうかね。
テレビ史に残る番組だったかもしれません。
そう、それは昨日の『27時間テレビ』


まぁ27時間ですから、随所随所にイマイチなところはありましたけど、
Nおかさんとか「かなり危険」な感じでしたけど、
全体的な仕上がりと言うか、終わってみての感想は、
「本当にすごいものを見たなぁ」という感じでした。
なんか薄っぺらいテーマなんかなく、
とことん笑いを突き詰めたフジテレビらしい番組で、
なんだか初めて『テレビ夢列島』を見た時のあの興奮が、
戻ってきたような感じでした。


残念ながら番組序盤の『ヘキサゴン』のところとかは、
用事があって見れなかったのですが、
日曜日の、特にさんまが『HEY×3』の収録に乱入したあたりからは、
本当にがかってましたね。
『ヘキサゴン』はその後、しばらくしてから某所で、
ジミー大西画伯の活躍シーンの部分を見たのですが、
録画しておけばよかったなぁと後悔しましたよ。


正直甘く見てたので。27時間やる前は。
電車の中吊りとかのさんまの写真とか見ても、
「今年もやるんだ・・・。またなんか生ぬるい感じかな。」
と思っていましたから。
それがどうですか。とんでもないオバケ番組でした。
そして明石家さんま自体、完全にオバケでした。


正直最近のさんまさんは若干お疲れ気味かなぁと思ってましたけど、
とんでもない話でしたね。ばりばりにオバケでした。
27時間、ほぼ休まず出演し続け、
声は枯らせどもモチベーション・クオリティともまったく低下せず、
見事に最後までそれを維持し続けました。
時々10分くらい疲れてる時間があるんですけど、
それが終わるとまた復活。
27時間、「しょう油ぅこと」のしょう油を持ち続け、
『ヘキサゴン』でのジミーの手綱さばき、
深夜の大竹しのぶとのトーク、ダウンタウンとの絡み、
すべてがキラキラと輝くようなできばえでした。
ちょっと27時間恒例のたけしとの車の破壊は、
すれすれか、それを超えてしまっている異常っぷりでしたけど。


あの車のシーンについては、
相当視聴者からの抗議がフジテレビにきたでしょうね。
今田がたけしの運転する車に軽くひかれたりとか、
さすがに「ちょっとやりすぎ」という感じでしたけど。
でも正直あれだけの大混乱を、
今時ゴールデンタイムに堂々と今送できるテレビ局なんて、
フジテレビくらいだなぁと思いますよ。
だいぶ前に、このブログでフジテレビとホリエモンの騒動の時にも、
軽く記事に書きましたけど、
やっぱりフジテレビは特別なテレビ局だなぁと思いました。


あのシーンで、いつも通りさんまの車はめちゃくちゃになったわけですが(今回はペンキ)、
一緒に『めちゃイケ』からの流れか、
ナイナイ岡村の車もたけしによってペンキまみれになってまして、
あれはかなり岡村さんにとっては栄誉なことではなかったでしょうかね。
相当うれしかったと思いますよ。ええ。
さんまと同じ扱いをたけしにされてるわけですから。
あのペンキのかけあいの大混乱の中で、
3人の絡み自体はうまく行かなかったですけど、
かなりスペシャルな空間だったのではないでしょうかね。
バックの白いセット、そしてさんまの白いスーツ・・・素晴らしいです。
個人的には、あそこに爆笑問題・太田光にいてほしかったですね。残念。
相当面白かったでしょうに。


たけし(鬼瓦権造)のあのペンキのかけ方も、
昔の『テレビ夢列島』の頃のいたずら悪魔のような動きのままで、時間が戻ったような感じでした。
かなり賛否両論あるあの車のシーンですが、
ひとまず私は「あれを否定したくない」という気持ちでいっぱいですね。
「いーじゃん、年に一回くらいみんなで壊れても」って感じです。
若干ですがあのシーンは、フランス映画の巨匠、ルイ・マルの映画、
『地下鉄のザジ』のラストを彷彿とさせましたよ。
知ってる人ならわかってくれると思います。


また今回は、さんまだけでなく、さんまと絡んだ人もみな素晴らしかったですね。
たけしも全国からの中継で奔走してましたし、
久々にばりばりの『ビートたけし』を見た思いです。
そして、なんと言っても今田
あの混乱の中で、今田の底力が存分に出ました。
車にひかれたあげくペンキのまみれのまま、
たんたんと次のコーナーの司会をこなす今田の姿は、
背後から後光が差して見えるほど秀逸で、
間違いなく今回の27時間のMVP候補と思える存在感でした。
大物たちの暴走の中で平穏を保つ今田さんの姿は、
過去にも何度か見てますが、もはや名人芸です。


またさんまが『HEY×3』の収録に乱入した時のダウンタウンとの絡みも、
テレビ史に残りそうな勢いです。
普段滅多に見られない超大物同士の絡み・・・というだけでなく、
さんま・浜田・松本の掛け合いか自体が、
間違いなく傑作と呼べるものでした。
特に、もう疲れてステージに何度も座わりこもうとするさんまに向かって浜田が言う、
「いや、だから座んなて!」は最高でした。
あんな鋭くさんまにつっこめる人は世の中にいないです。


おそらくダウンタウンとさんまって、
同じお笑いでもまったく違う方向で輝く才能だと思いますし、
そのへんでぶつかるというか、そんなに仲良くなれる関係ではないと思うんですが、
でもお互いに存在を認め合っている関係でもある気がします。
なんというか、F1で例えればセナとプロストですね。
仲は良いわけではない(でも悪いわけでもない)けど、認め合っていて、
レースではすごい戦いを見せてくれるみたいな。
これも知ってる人ならわかってくれると思います。
だから、あんな10分足らずの短い絡みでしたが、
すごい傑作になったんじゃないかなぁって思います。


とにかく、全体を通して「すごい番組だった」としか言えませんね。
最後なんか、なんだか感動して泣きそうになりました。
『お笑いウルトラクイズ』のエンディングみたいな雰囲気でしたし。
エンディングでたけしが、みんなに向かって大砲を打つと見せかけ、
実はそれがポン菓子の製造機で、
なぜかポン菓子をみんなに振るまうシーンとか、
まったく意味わかんないですけど感動しました。
「みんな食べて食べて」って、まったく意味わかんないですよ。
でもそれがなんか感動的だったんですね。
なんだかね、


「これからもこんなムチャクチャを許せる日本であってほしい」


そう心に強く思いました。
他の局の20何時間テレビみたいに、直接的な表現するよりも、
よっぽど人間的だし、愛情のある番組に感じましたよ。
これを許さなきゃダメです、日本は。ええ。


まぁやりすぎな部分はありましたけどね。
でもあのやりすぎも許してあげてほしいですよ。理屈抜きにして。
是非全国のPTAのみなさんには静かにしていてほしいです。
『週刊フジテレビ批評』とかにも、あんまり言わないで欲しいです。
ただ教育上は良くない部分もあるとは思うので、
そのへんは子供たちにはうまいこと、
「危ないからあんなことしちゃダメだよ」とか教育してほしいです。
それでいいと思います。ええ。


・・・あーすごかった。こんな番組これからあるのでしょうか。
明石家さんま集大成かもしれませんね。
最後の最後のカットで、まだしょう油を持って話さなかったさんまの姿は、
水戸黄門の印籠にすら見え、
もはや「土下座するしかないな」とも思いました。ええ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
楽しかったですよねぇ、今年の27時間テレビ(^^)
もちろんさんまさんじゃないんで27時間フルには観れませんでしたけど。
下手に感動の押し売りされるよりよっぽど感動的でした。
特にエンディング最高です。
BIGINでキメタ!と思ったらぽんぽん菓子にひょうきん族ですもん(笑)
あー全部見たかったなぁ(*´艸`)
ちるちる
2008/07/28 10:42
こんばんは。かなりご無沙汰してます。
今年から土日が出勤なので、リアルタイムで全く見れないのが残念でした。ヘキサゴンやさんま・しのぶトークのところはDVDで録画していたので見れましたが、やはり面白かったですね。日曜日の方も面白かったようで、見れなくて残念です。
車の破壊シーンは見れませんでしたが、久々に見たかったですねぇ。さんま・しのぶトークもそうですが、プライベートの部分でも身を削って笑いに転換させる姿勢に敬服してしまいます。
正直、最近の27時間にはあまり期待してなかったのですが、uchi-aさんのブログを読んで安心しました。来年は久々にとんねるずあたりがメインでやってほしかったりもします。
パスカ
2008/07/29 02:08
初めてかきこみます。
僕も今年の27時間テレビ最高だったと思います!
とくに伝説の車破壊がリアルタイムで見れたのには興奮しました。。本当あんなめちゃくちゃで刺激的なお笑いは、今ではなかなか見れないですよねえ。
でもまあ苦情はたくさんあったんでしょうねえ。家族揃って夕飯食べながら見る映像としては激しいですもんね。やはりあのシーンについてはネットでも批判的な意見がかなりあるみたいで、、。
それで、なんだかなぁ…となんとなく物悲しい気分になっていたんですが、uchi-aさんのブログ読んで、自分は間違ってなかった!面白いものは面白いのだ!!と勇気を取り戻すことができましたー
今のお笑い番組に欠けてるものを凝縮したみたいな番組でしたね。単発だからできるんでしょうけどねえ…
ハルカゼ
2008/07/29 05:42
僕はuchi-aさんが大好きです。

2008/08/14 10:00
ちるちるさん、どうもです!
そうですよね。感動させようとしてるもので感動するより、
そうじゃないのに感動する方が大きいと思います。
だからあのポン菓子の方がBEGINより感動しました(笑)
uchi-a
2008/08/14 15:29
パスカさん、お久しぶりです!
あの寝てなくてヘロヘロになるMCって言うのが、
夢列島の醍醐味だと思います。
だから日曜日の昼間あたりからのさんまは神がかってました。
ヘキサゴンのあたりも凄かったですけどね。

車については賛否両論でしょうけど、
あれをやっているさんま・たけしという構図だけでもいいと思います。
お笑い・テレビ好きにとってはですけど。

果たして今後、これ以上の27時間があるのかがちょっと心配ですが、
ひとまず来年も、MCに方には極力寝ないでやってほしいです(笑)
uchi-a
2008/08/14 15:32
ハルカゼさん、はじめまして!
車破壊…ああなると岡村の車の意味はあまりない感じですよねぇ。
そこは残念でしたが、でも凄かったです。
ゴールデンタイムとしては確かに微妙なラインではありますが、
実験的なフランス映画のような魅力がありました。
たけしの中継も、すべてカメラアングルなどたけし監督らしく、
くだらなさの中にかなりレベルの高さを感じましたよ。

私も同じ気持ちの方がいてうれしかったですよ。
コメントありがとうございました!
uchi-a
2008/08/14 15:38
竹さん、ありがとうございます(笑)
uchi-a
2008/08/14 15:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
近年最高傑作。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる