uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画の日。『シークレット・ウインドウ』。

<<   作成日時 : 2004/11/01 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 2

画像
今日は映画の日。
ということで映画でも見に行こうと思って出かけてみました。
『スウィング・ガールズ』『エイプリルの七面鳥』など、
見たい映画がたまっていたのですが、
その中で今回私がチョイスしたのは、
あのジョニー・デップ様の最新作、
『シークレット・ウインドウ』でございます。

ジョニー・デップは小説家・レイニーの役。
謎の男・シューターから覚えのない盗作の疑いをかけられ、
シューターの作品だと変えて再発表しろと脅迫される。
その脅迫は次第にエスカレートし…。
盗作した覚えのないレイニーは恐怖におびえながら真相を探るが、
その先にはとんでもない事実が!

映画の中で、謎の男・シューターが口にする、

「ミスター・レイニー。」

という声を聞くと、ぞくぞくっとします。
『マトリックス』の、エージェント・スミスの、

「ミスター・アンダーソン」

に近いですが。

ジョニデに小説家の役はよくあっていると思います。
いつかジョニデには、「太宰治」の役とかやってほしいです。
ジョニデのぼさぼさ髪にピッタリ。
ストーリー展開としては、細かいところでは結構読めてしまう部分がありますが、
後半のジョニー・デップは見ものです。
ただジョニー・デップ好きの私としては、
あのまま終わってしまって欲しくないという気持ちもあったり…。
まだ公開したばかりですので、細かくは言えませんが。
私は怖がりなので、そんな私にとっては怖いシーンもありました。

さてこの映画を私は、『品川プリンスシネマ』で見ました。
うちから一番近くて、あまり混んでいない、そして時間がちょうどよかったからです。
しかし行ってみたら衝撃が走りました。
『シークレット・ウインドウ』は、プレミアム館での上映だったのです。

普通、映画の日=1000円ですが、
プレミアム館だとその割引対象外らしいのです。

聞いてないよ〜!、今ヤングの間で流行りの。

プレミアム館は2500円。せめて『1000円引き』とかもないのかよ!!
でも窓口で言われたから、もはや引くに引けませんでした。

「あら、1000円じゃないからって見ないの?
 あらあら、庶民のみなさんはみんなケチなのね。
 パンがなければケーキを食べればいいのに。」


とか思われたら嫌なので、おとなしく見ました。
「そんなこと知ってたよ。知ってて見に来たんだよ。」顔で。

ということで初めてプレミアム館で鑑賞してみましたが、
クセになりそうでした。
男からしてみると、結構足が前につっかえる映画館が多いのですが、
広々としていて最高でした。
イスもふかふかで、ブルジョワ気分満点。
「寝ろ」とボスに言われれば、すぐにでも寝られる勢いでした。
2つの席の間にある真ん中の手すりみたいなのを上にあげれば「カップルシート」に早変わり、
って、あっしには関わりのねぇ話でござんすけど。
このままだと、次回映画観る時にすごい席が狭く感じそうでヤバイです。

ちなみにプレミアム館だったこともあるのか、ガラガラでした。
本当に先週公開一週目で1位だったのか。
上映前の予告で『ターミナル』を見たくなりました。

ということで、くわしいジョニデの話はまた次回。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
シークレット・ウインドウ
昨日はファストデーという事で映画を見てきました。 作品は「シークレット・ウインドウ」です。 監督スティーブン・キング、主演ジョニー・デップ。 感じとしては前半サスペンススリラーで後半サイコスリラーかな。 最初からCMでながれてる場面が出てきてしまったので、 どんな展開になるんだろーとワクワクしながら見てました。 内容は期待どうり。話を見ながらいろいろ推測していける映画でした。 最後の最後ですべての謎が判明って感じで面白かったです。 スティーブン・キングXジョニー・デップにやられたって感じです... ...続きを見る
Eenjoy Life !!
2004/11/02 15:31
「シークレット・ウインドウ」と私の臨月
5月13日「シークレット・ウィンドウ」(04、米、デビット・コープ)を観る  何を着ても、何をしててもサマになる男というのはいるもので、私がジョニー・デップを好きなのはそのあたりが大きいのだと思っています。  「デスペラード」で両目から血を流しながらサングラスをかけていた所も、CIATシャツが抜群に... ...続きを見る
I N T R O+blog
2005/05/13 12:20
「シークレット・ウインドウ」と私の臨月
5月13日「シークレット・ウィンドウ」(04、米、デビット・コープ)を観る  何を着ても、何をしててもサマになる男というのはいるもので、私がジョニー・デップを好きなのはそのあたりが大きいのだと思っています。  「デスペラード」で両目から血を流しながらサングラスをかけていた所も、CIATシャツが抜群に... ...続きを見る
I N T R O+blog
2005/05/13 12:49
「シークレット・ウインドウ」と私の臨月
5月13日「シークレット・ウィンドウ」(04、米、デビット・コープ)を観る  何を着ても、何をしててもサマになる男というのはいるもので、私がジョニー・デップを好きなのはそのあたりが大きいのだと思っています。  「デスペラード」で両目から血を流しながらサングラスをかけていた所も、CIATシャツが抜群に... ...続きを見る
I N T R O+blog
2005/05/13 12:50
シークレット ウィンドウ 〜新作DVD〜
スティーヴン・キング原作「秘密の窓、秘密の庭」の映画化である。スティーヴン・キングと映画作品の関係というと、やはり「ショーシャンクの空に」なのであるが、氏の作品の映画化というのは、ミステリー小説の中でもはずれが無く、又、安心して観ていられるという点が筆者にとってはいつも有り難い。この「安心して」という部分であるが、簡単にいうと、一見本筋から外れたとしても、元に戻るという、言葉は悪いが、辻褄がきちんと合っているという意味である。多分、彼の原作で無かったら、「単なる頭のオカシイ男の話」で終わってしま... ...続きを見る
利用価値のない日々の雑学
2005/06/13 18:48
シークレット・ウインドウ
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション ...続きを見る
しーの映画たわごと
2005/09/30 09:53
シークレット・ウインドウ
シークレット・ウインドウ Secret Window (2004/アメリカ) ジョニデさん、素敵! ...続きを見る
壺のある生活
2006/05/24 20:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!「シークレット・ウィンドウ」観たんですね?
私も、前売り握りしめて、毎日楽しみにしてますが、なかなか行けません。
しかし・・・2500円のプレミアム館っていったい・・・。
最近のシネコンだと椅子がゆったりして、なんだか得した感じです。
それより、凄いんでしょうねぇ〜。。。(遠い目)ww
みみ
2004/11/01 21:50
こちらこそはじめまして、みみさん!コメントありがとうございます!
前売り握りしめるとはかなりですね!
みみさんもジョニデ好きですか!??
最近のシネコンもかなりきれいですよね〜。
でも『プレミアム館』は座席数も100席ないくらいですし、
イスに小さいテーブルとかついてて本当にゴージャスです。
ただ、やっぱり映画一本に2500円は結構きついですよね。
またあそこで見てみたいです!余裕がある時に…。
uchi-a
2004/11/01 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画の日。『シークレット・ウインドウ』。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる