uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ピンポン』…反応反射音速高速!

<<   作成日時 : 2004/11/19 20:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 4

画像
ピンポン」について
水曜日、映画を見た後スタバでホットココアなぞ飲んで、
ほげーっと帰宅してみると、
TBSで映画『ピンポン』をやってました。
『ピンポン』は大好きです。
以前にもTBSでやって、その時録画したのでいつでも見れます。
標準でね。

この映画の窪塚洋介の演技はすさまじいです。
私は窪塚洋介に関してはそれほど惹かれるものがないですが、
(かといって「嫌い」ってわけでもなく、「こういう俳優いていいよね」ぐらい)
こと、この『ピンポン』でのペコ役に関しては、
この人意外にやってもらっては困ります。
オンリーワンです。
どんな名優でもペコ役は難しいんじゃないでしょうか。

高倉健でも無理です。
渡辺謙でも無理です。
トミーリー・ジョーンズでも無理です。
ゲイリー・オールドマンでも無理です。
モーガン・フリーマンでも無理です。
見てみたいけど。「I CAN FLY!」と叫んでいるモーガン・フリーマンを。
それだけ窪塚はハマリ役だ、ということです。

この映画は役者が生き生きしてます。
ARATAも獅童も。
(ARATAは本来邦画もあまり見ない私としては、
『ピンポン』でしかお目にかからない存在です。申し訳ない。
今度『青い車』に出ますね。)
みんな結構演技がオーバーだったりしますが、
私はこの映画にそこまでのリアリティは求めてないので、全然問題ないです。
確かに卓球経験者の方からすれば、あの打ち方はありえないでしょう。
あんな大振りしてたら球に追いつきません。
でも映画だからいいんです。

そういえば先々週くらいに、桜金造さんをテレビで久々に見ました。しかも生放送で。
なぜか金造さんはやたら福原愛ちゃんのマネをしてました。
金造さんは、

「サー」

と叫んではガッツポーズのくり返しでしたが、
先々週です。もうオリンピックから2ヶ月経ってます。
しかもたぶんモノマネでもないし。ギャグともちょっと違うし。
とりあえずすごいセンスです。躊躇なくやりきってしまうのがすごい。
私はなぜかテレビの前で思わず、
「金造がんばれ。金造がんばれ。」
とつぶやいてしまいました。
とにかく元気そうで良かった。

私は当時、事前に松本大洋の原作の漫画を読んで映画館へいったのですが、
漫画の内容を、あれだけ忠実に映像化しているのには驚きました。
確かに細かいシーンとかを端折らざるを得ないのは仕方ないですが、
それでも私からしてみたら、
「うわっ、あのシーンだ!」
の連続でした。
キャスティングもほとんどのキャラがイメージを崩していません。
夏木マリは若干スレンダーすぎますが。(渡辺えり子とかではどうでしょう。)
チャイナなんかそっくりじゃないですか?あとアクマも。
荒川良々もいいですね。
『ジョゼと虎と魚たち』でも本屋のワンシーンの出演でしたが、なかなかなインパクトでした。
『ラブ・アクチュアリー』のローワン・アトキンソンぐらいなインパクトです。

作りようによってはいか様にもできたはずです。
例えば新しいライバルを作ってもいいし。
例えばもっと汗と涙みたいなスポ根ものっぽくしてもいいし。そんな映画はたくさんあります。
しかしこの映画は忠実です。
ペコ対ドラゴンでペコが飛び上がって、
仮面をつけたペコの顔がドラゴンの瞳にうつるとことか。
まぁ、確かにARATAと竹中直人の遊園地も見たかったですが。

こんな内容に、スーパーカーの音楽が重なって、
最初から最後まで大音量のヘッドホンで音楽を聞いているかのように感じられる映画です。
リズムとか音とか色とか、そういった直感的な感覚がビシビシ感じられる映画。
でもそういった軽い面だけじゃなく、
「青春」とか「ひたむきさ」とかもちゃんと残してあるとこが凄いです。
『YUMEGIWA LAST BOY』『STROBOLIGHTS』なんて聞くと、
ペコの姿が浮かんできて仕方ないです。
『HIGHVISION』は最高です)

ちなみに、だいぶ前にガチャガチャで『ピンポン』のやつを発見。
主要キャラクター5種類のうちの誰かのフィギュアが入ってて、
300円くらいだったけど思い切って買いました。
カプセル開けたら、よりによって「アクマ」でした。
でも、まぁいいかと思いました。
アクマは愛すべき男です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ピンポン
ちょうどおとといテレビでやってましたね。ひさびさに見て やっぱりいいなぁーーーー と思いました。このころは“誰だ?このいかつい坊主は??”と思っていた中村獅童も いまや主演映画が大ヒット 時間の経つのは早いものですな  これは公開して速攻見に行きました。そのころは窪塚くん好きだったのです。そしてすっごく良くって色んな人に宣伝しまくって観に行かせました。地味の代表のような卓球をテーマに ここまでかっこよく作れるかーーーと感心。もともと卓球大好きだったのですが、あのころはそうでない人たちも卓球始めて... ...続きを見る
ラブラブシネマ&ドラマ日記
2004/11/20 10:20
「ピンポン」は熱かったか?
高校生四人の卓球に対する姿勢(すなわち個性)が 描かれていてセリフや動作ひとつひとつとってもいちいち大げさで とても漫画的な感じがしましたが、原作はやはり漫画だということです。 ...続きを見る
太田屋の 新潟・旭町通信
2005/03/22 08:21
ピンポン
評価:★★★★★ ...続きを見る
ふりむけばカエル
2005/07/24 22:41
ピンポン
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ...続きを見る
カリスマ映画論
2005/09/19 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私は、映画を見てから、原作を、買って読みました。
(娘・小5も、はまりました)
やっぱ、ペコは、窪塚くんしか、できないでしょうね。
ARATA、最高にクールでした。(声が聞き取れない所が、また、いいっ!)キャプテン太田、原作とは違うけど、荒川くん、良かった〜。

私と次女は、「スマイル」派、
長女は、なぜか、「アクマ」派・・でも、いい人なんですよね〜。
くるぶし
2004/11/19 22:32
はじめまして★私もピンポン大好きです!!内容にとても共感!!のため TBさせていただきました 荒川良々はどの作品でもすごい存在感ですよねぇーーー
yuki
2004/11/20 10:24
くるぶしさん、いつもコメントありがとうございます!
やっぱペコ=窪塚ですよね。
私としてはもはや、窪塚=ペコでもあります。
確かにスマイルかっこいい。私の周辺でもファン多し!
しかしアクマとは…。大物の予感!?
こんなにいろんなキャラクターが映える映画ってなかなかないと思うので、
やっぱり「ピンポン」はすごいと思います!
uchi-a
2004/11/21 00:16
はじめまして〜!yukiさん!コメント&トラバありがとうございます!
荒川良々が前に「笑っていいとも」のテレホンショッキングに出た時は、
少々ドキドキしました。独特の世界をお持ちです。
私もそのピンポンTシャツを見てみたいですよ!!
uchi-a
2004/11/21 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ピンポン』…反応反射音速高速! uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる