uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『TAXi2』、ツッコミどころ満載!!

<<   作成日時 : 2005/01/07 17:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
taxi2 【映画】
昨日テレビ東京で、
TAXi2」をやっていたので観てやりました。
前にビデオで観たこの映画ですが、
テレビつけたらやっていたので、つい観てしまいました。
久々に観たわけですが、また観てみても、
「やっぱりアホ映画だなぁ」。
の一言に尽きます。

第1作「TAXi」は痛快なストーリーで、
フランスの街並みを改造した怪物タクシーがぶっとばすのは、
観ていて最高でした。
それを受けてのパート2。
どんな作品かなと思ったのでしたが、
「2」ではなぜか日本がかなりクローズアップされ、
そして完全な「アホアホ映画」へと進化を遂げていました。

よく海外の映画で描かれる日本人や日本文化は、
観ている日本人からしたら違和感があったり、
場合によっては嫌悪感すら抱いてしまったりするもので、
この「TAXi 2」も、かなり誇張して日本人が描かれてしまっています。

しかし!!
あそこまで飛んでしまっているとかなり楽しいです。
嫌悪感すら通り越して、もはや爽快感です。
「2」においては、下手なカーアクションなんかよりも、
「日本人」の方が魅力的です。

日本から防衛庁長官が来仏。
改造怪物タクシーの運転手ダニエルは、
ひょんなことから長官の運転手に抜擢される。
しかしその最中、謎のテロ集団に長官を誘拐されてしまう。
ダニエルは免許取りたて(?)刑事エミリアンや女刑事ペトラと共に、
長官の救出に向かう。


なんてストーリーですが、もうストーリーはどうでもいいです。

まず最初の、フランス警察が「こんにちは」を練習するシーン。
フランス人が束になって、
「コン・ニショ・アー」
って言っているところも楽しいです。
しかし、それはまだ序の口。序二段にもあがっていません。
とにかくこの映画の影の主役は、
間違いなくあの、
「防衛庁長官」
に他なりません。

まず彼が飛行機から降りてきた途端、
フランス政府の要人に、
深くお辞儀をしながら、

「こんにちは。こんにちは。」

を連発。
ひたすら「こんにちは。」と言っています。
テンション的には、
「日曜日の昼、外に散歩しに行く時、
偶然の隣の奥さんに会った時の『こんにちは。』」

ぐらいのテンションです。

さらに、ダニエルが運転するフランス政府の特別車(ニンジャ)に乗っている時、
通訳の耳元で、

「彼はなかなか運転がうまいな。」

とこれ以上ない棒読みでささやくシーン。
楽しすぎます。
ダニエルは結構派手な運転をしていたのですが、
長官は顔に似合わず相当余裕がありました。

ちなみにこの防衛庁長官、
風貌はただの気の弱いどっかのおじさんです。
とても防衛庁長官とは思えない威厳のなさで、
いったいどこでこのような日本人俳優を捕まえてきたのでしょう。

さらにテロ集団の車が三菱車で、
ダニエルはそのことを、道路タイヤ跡のタイヤの匂いで判別。
理由は、

「魚の匂いがする」。

なんだそりゃ。
しかしアホなフランス警察はその一言で動き出しちゃいます。
しかもその三菱車が千葉ナンバーなのもかなりウケます。

さらに、「バンザーイ」の使い方も間違ってるし、
これらすべてがリュック・ベッソンが狙ってやっているのだったらかなり天才ですが、
どうやらそうでもないような気がします。
日本っていったいどう思われているんだろう・・・と思ってしまいますが、
結果的にはこのぶっとび加減が最高によかったと思います。

第1作は「カーアクション」でしたが、第2作は完全に「コメディ」。
他にもタクシーが空を飛んだり、まさにツッコミどころ満載。
前作に出てきたキャラクターも相変わらず。
なんも考えなくていい映画が好きな方にはおすすめの映画です。
吹き替えでなく、字幕の方がアホさがにじみ出ているので、
是非字幕でご覧ください。
この後第3作もあって、私はそれを映画館まで見に行きましたが、
あの防衛庁長官が出てこない分つまらなかったです。
できればこれからもずっと、意味なくあの防衛庁長官を出し続けて欲しいです。
最高なのは、
「敵のリーダーが防衛庁長官」
とか。
むちゃくちゃ頭も切れるし、運転もうまい。
でも棒読み。

ちなみに「2」の最初のラリーシーンで登場するレーサーは、
ジャン・ルイ・シュレッサーという有名なラリーレーサーで、
昔、1戦だけF1にも乗りました。
乗ったのは1988年のイタリア・グランプリ。
周回遅れとなった彼は、
レースの最後にトップを走っていたマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナと接触し、
マクラーレンチームの年間全戦制覇を阻止、
地元フェラーリの奇跡のワンツーに貢献したという「伝説」を持っています。
さらに「3」には、現在K1などで活躍しているシリル・アビディもチラッと出ています。
おそるべし、「TAXi」シリーズ。

でも、今度「TAXi NY」やりますが、どうなんでしょうねぇ。
ちょっとシリーズとは違う感じですかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TAXI 2
...続きを見る
ラテンスタイル
2005/01/10 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『TAXi2』、ツッコミどころ満載!! uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる