uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ボーン・スプレマシー』を見るには見た。

<<   作成日時 : 2005/02/25 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

画像
今週はなんか体調イマイチ。
今日なんか休みだったんですが、
家でずっと静養していました。
風邪なのかなんなのか。
頭痛かったり、ずっと眠かったり。
そんな中で水曜日も休みだったので、
思い切ってお出かけしてみました。
だってすごい天気良かったんだもん。

東京地方は水曜日、春一番がふいて、
天気も良くて暖かかったのです。
こんな天気を見せられたら、いくら体調悪くても出掛けざるを得ません。
全部この天気が悪いのです。
ということで、久々にお台場に行って来ました。

ひとりで。

カップルだらけのお台場に男ひとりで乗り込むことに、
最近の私は快感すら感じてきました。
ある意味Mなのかもしれません。
あるいは、ちょっとした『一匹狼感』を感じているのかもしれません。
もし後者だったとしたら、壮大な勘違いナルシストです。
若干哀れですらあります。
でもどちらかというと後者かもしれません。
まぁ、お台場は家から30分くらいなので近くていいんですけどね。
『お台場っ子』です、私は。

いつもお台場に行ってなにをするかというと、
まぁ基本的に、歩いて歩いて歩きまくっています。
一般社会の間では、この行為のことを総じて、『散歩』と呼ぶらしいですが、
まぁ『散歩』ということなのかもしれません。私がしていることは。
散り歩いています。
昨年すごい落ち込んだ日にお台場の砂浜で、
ぽかぽか陽気の中2時間砂をいじっていただけの1日がありましたが、あれは例外です。

ということで今回もいざついてみると、
台場小香港と台場一丁目商店街とか行って、あとはなんもやることなかったので、
ちょっくらメディアージュ(シネコン)で映画を見ることにしました。
時間とかよく見て行かなかったので、行き当たりばったりって感じ。
一応、『オペラ座の怪人』をもう一回見ようかなぁと思っていたのですが、
結局現場についてみて一番時間がぴったりだったこの映画を見ることにしました。

『ボーン・スプレマシー』

基本的にマット・デイモンが好きな私。
前作の『ボーン・アイデンティティー』も映画館で見たので、
今回も見ようかなぁと思っていました。
でもいざ見始めると、前作の内容をかなり忘れていることに気づきました。

覚えていたのは、主役のマット・デイモンがボーンっていう名前だったことと、
それで記憶がなかったかなんかしたということ。
そして超強かったこと。
当時「こんなムキムキのマット・デイモンなんて」って思った記憶はありました。
でもその他の点は、ほぼ忘れていました。

記憶を喪失したボーン(マット・デイモン)。
彼は前回の事件で、自分が『トレッドストーン計画』の人間であり、
殺しのプロであったということを知った。
時々ボーンは、当時の記憶と悪夢に襲われるが、
そんな中で彼は人間的なくらしを取り戻そうと、インドでひっそりと暮らしていた。
恋人のマリーとともに。
そんな時、ボーンの命を狙うものがインドに現れる。
存在に気付いたボーンはマリーを連れ逃げるが・・・。

一方ベルリンでは、CIA諜報員パメラ・ランディ(ジョアン・アレン)が、
CIA内部の公金横領に関する資料を入手したという情報屋の存在を聞き、
情報屋と取引に応じるが、何者かが取引現場を襲撃。
情報屋は殺され、現金と資料も奪われてしまう。
そして現場には、ボーンの指紋が残されていた。


とにかく結構な勢いで忘れていました。
まず「トレッドストーン計画」を忘れていました。
最初計画の名前を聞いて、
高級な石を採掘かなにかする計画なのかと思いました。
そして、マリーの存在も忘れていました。
帰って、いろいろ映画のサイト見て、『ボーン・アイデンティティー』のストーリーを調べて、
「ああ。そういうことか。」ってやっと思い出したほどです。

そして映画の途中、クリス・クーパーが出てくるのですが、
普通に、
「あ、クリス・クーパーだ。」
と思ってしまいました。
今思えば、『ボーン・アイデンティティー』にも結構出てました。もうむちゃくちゃです。

ということで途中から私は開きなおって、
わからないことに関しては、

『謎』

の一文字で片付け、
かまわず見ることにしました。
そうするとだんだん楽しめてきました。

今回もマット・デイモンは超頭良くて、超強いです。
その中で自分が何者なのかという暗闇の中でもがいています。
もがいている・・・、なんともマット・デイモンらしいです。
前回、初めてこんだけ強いマット・デイモンを見た時は多少違和感がありましたが、
二作目ともなると結構慣れてきて、
さらにそんな中でもマット・デイモンらしい感じのキャラクターになってきていて、
「確かにこの役は彼のはまり役かも」
とだんだん思えてきました。

爆発的に面白いというわけではありませんが、
シリーズとして安心して見れるような感じ。
ある意味、テレビの人気2時間シリーズみたいな雰囲気でしょうか。
若干後半はあっけない感じもしましたが、
そのへんも良くも悪くもドラマっぽい感じです。
最後の終わり方なんかも、次回作を暗示するような感じで、
とても今から期待が持てます。

ってなことを書きましたが、
ちゃんと事前に『復習』して見ていれば、
きっともっと楽しくて刺激的な映画だっただろうなぁと思います。
次の時には(次のタイトルも『ボーン・○○○○ー』なんでしょうか)、
ちゃんと『復習』をしていかないとダメですね。
また、「あ、クリス・クーパーだ。」じゃまずいです。とても。
みなさんも『ボーン・スプレマシー』を見るにあたっては、
『ボーン・アイデンティティー』を見直すか、よく内容を思い出して見に行ってください。
これは私からのお願いです。


あ、そういえば、
もうひとつ『ボーン・アイデンティティー』について覚えていることがありました。

客席がガラガラでした。

そしてちなみに、

今回もガラガラでした。

面白いんですけどねぇ。
前回も今回も、見ている観客はどんな人々なんでしょうか。
私のようにみんなマット・デイモンのファンなんでしょうか。
それとも時間がたまたまあったから、みんな見ているだけなんでしょうか。
映画館に行くと、そういうことがいつもとっても気になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マット・デイモンの「ボーン・スプレマシー」
「オーシャンズ12」でちらりと気にかかった人はいるかもしれないけれど、なにせこ ...続きを見る
あのね・・・
2005/02/25 22:38
#2:ボーン・スプレマシー(試写)
KAZZのこの映画の評価 ...続きを見る
(売れないシナリオライター)KAZZの呟...
2005/02/26 02:40
ボーン・スプレマシー The Bourne Supremacy
The Bourne Supremacy ポール・グリーングラス監督がドキュメンタリータッチで撮ったボーン・アイデンティティー続編 ...続きを見る
Audio-Visual Trivia ...
2005/02/27 01:52
ボーン・スプレマシー
ボーン・アイデンティティーも観たのだけど、全然内容を覚えてないんですが…。この作品って3部作の小説だったらしく、今回の作品も第二段ですよって感じ。途中から始まって途中で終わったし。こういう、誰を信用… ...続きを見る
はなまめにっき
2005/02/27 10:33
ボーン・スプレマシー
あらすじ ベルリンでCIAエージェントと情報屋が殺され、現場にはジェイソン・ボー ...続きを見る
素直な時間
2005/02/27 16:37
マット・デイモンの「ボーン・スプレマシー」
「オーシャンズ12」でちらりと気にかかった人はいるかもしれないけれど、なにせこ ...続きを見る
あのね・・・
2005/03/12 11:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
uchi-aさん、体調の悪い時はでかけず、のんびりしてるのが一番なんですが・・・
まあ出かけた映画館がガラガラだったのは幸いだったのでしょうか(^^ゞ
風邪のひきかけなら、十分ご注意を!

みーちゃんは1人でマットの映画見るのは大好きです(笑)でも、これを観たのは初日か2日目だったので、結構客が入っていて、座席を選ぶのに苦労しました。
贔屓俳優の映画って、自分の世界に浸り込んでみたいしね(^_-)-☆
隣りに人がいるのもとっても嫌(わがままな客=みーちゃん)

はまり役というのがマットにあるのかどうかはさておき・・・おバカな作品って見たことないなぁ〜
いつも聡明なマット君です(*^^*)
みーちゃん
2005/02/25 22:45
みーちゃんさん、トラバ&コメントありがとうございます!
体調は若干悪化気味です…。

今日『王様のブランチ』見たら、この映画第3位だったです。
いやはや、びっくり。
マットがアホアホな役はいやですねぇ。
「あんた、考えすぎだよ」くらいがちょうどいいです(笑)
uchi-a
2005/02/26 23:53
こんにちは、トラックバックありがとうございます。

私もアイデンティティーを観たのに内容を全く覚えていないので???のまま話が進んでいったりしました。やっぱりこの作品は要復習ですね!
りいま
2005/02/27 10:37
りいまさん、はじめまして!
覚えてないですよねぇ。結構前ですもんねぇ。
しかも複雑な内容でしたし。
次回の時は復習しないとダメですね。
でもわからないけどわからないなりには楽しめました(笑)
uchi-a
2005/02/27 13:22
uchi-aさん、こんにちは。
体調は如何ですか。

この映画は、自分自身一匹狼気分になって、
観たほうがいいかもしれませんね。
映画を観た後は、コートの襟を立て、肩をすぼめて歩けば、
すっかりボーンになりきれるでしょう。なんちゃってね。

TBさせて頂きます。
よろしくお願い致します。
プチネコ
2005/02/27 16:36
プチネコさんこんばんは!
体調は…微妙な感じです。でもよくはなっていると思います。
ブログは更新できているので、たいしたことなすと思います(笑)

確かに見終わった後、ちょっと早足になりました。
周囲に警戒しながら。
TB、お返しします!
uchi-a
2005/02/27 17:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ボーン・スプレマシー』を見るには見た。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる