uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS イシイのハンバーグ。

<<   作成日時 : 2005/03/01 22:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

前にも書きましたが、最近体調が悪く、
その上ここに来て猛烈に腹が痛くなってきて、
「いったいこれは何なんだろうか。
これは神が与えし我への試練か。」

などと思っていたら、
医者に行ったら、これは風邪から来る腸炎なんだそうです。
みなさんも気をつけてください。最近多いらしいです。
でも現在の私はおなかが痛いだけで、
その他の点に関しては特に問題ないんです。
そこで厄介なのが、
「おなかは普通に空く」
ということです。

食欲も減退するのならまだしも、
おなかはいつも通りに空くのです。
でも食べるとおなかが痛くなるというシステム。
生殺し状態です。
おかげで寝る前とか、空腹のため頭の中でチキングラタンが漂っている始末。
しかも腹が減ってるから眠れません。
そのうえ昨日なんか、ある深夜ラジオ番組でとんかつの話をしていたので、
今猛烈にとんかつも食べたいです。
とんかつなんか、今の私には毒リンゴみたいな存在です。
超・腸に悪いです。腸だけにね。

腸だけにね。

はぁ、食べたいのに食べれない・・・。せつない・・・。
でもそんな気持ちをグッと抑えて、おかゆな毎日なのです。
今日も一日おかゆでした。

さて、そんな私が今一番食べたい食べ物と言えば、
間違いなくグラタンなわけですが、
でもこれはあくまで一過性のもの。ブームです。
エリマキトカゲやきんさんぎんさんや前園ぐらいな程度です。
こういうものとは別に、私の中で、
おそらく永久的に好きであろう、絶対的な存在である食べ物があるのです。
2つあるのです。

この2つに関して、私からすると、
いくら海原雄山や山岡さんが頭ひねって、
究極のメニューだぁ思考のメニューだぁといろいろほざこうが、
この2つにはいくらやってもかないません。
真の究極のメニューと言ったら、間違いなくこれらなのです。
今日はこの2つをご紹介しましょう。

まず1つ目は、もちろん、

うまい棒!
     

うまい棒に関しては過去にも何度か書いているので、
ここでは割愛したいと思います。
値段・そして味のバランス・・・。両面において究極です。
とりあえず今一言言うとすれば、この一言だけです。

「うまい棒、お前最高だぜ。」

そしてもうひとつ。
今日はこちらをメインに話したいと思います。
その食べ物とは、

イシイのハンバーグ!!


キャー!キャー!イシイー!イシイー!
私の中での『石井ランキング』の第1位は、
決してカールスモーキーでも明美でふく子でもデビッド・イシイでもありません。
ハンバーグです。

『イシイのハンバーグ』は、小学校時代の私の主食でした。
常に冷蔵庫の中にありました。
とにかくこの食べ物はすばらしい。

日曜日に放送された、『中井正広のブラックバラエティ』において、
中居君が『○○○のハンバーグ』(←たぶんイシイのことだけど、ピーってなっていた)について、
熱く力説しているのを見て、とても共感しました。
ただ彼はそこで、

「一旦最初に汁を出さないように、ハンバーグだけ出して食べて、
あとの汁は次の日までとっておいて、次の日の朝にごはんにかけて食べる」

と語っていましたが、

別にそこまではしません。

ただ、あの汁は本当にご飯に合います。
そういう丼が吉野家とかにメニューとしてあったなら、
おそらく私は迷わず頼むでしょう。値段次第ですが。

イシイのハンバーグの汁丼・・・(並)150円
                ・・・(大盛)200円


これくらいなら全然オーライです。
イシイのハンバーグの汁丼、しかも『大盛』だなんて夢物語です。
むしろ吉野家に通うどころか、私は吉野家でバイトしてしまうかもしれません。
職割で安く食べ続けます。

一口食べるたび、小学校の頃の思い出がググッとよみがえります。
我が家ではこれが、よく学校行く前の朝ごはんに出てきました。
朝ごはんのメニューとしては、薄さと大きさがちょうどいいのです。
あれがもう少し大きくて、もっとハンバーグハンバーグしていたら、
ちょっと朝からだとヘビーです。
そう、あの大きさがベストなのです。究極なのです。
そして何と言ってもあの『汁』
適度に甘く、適度に酸味までも内包されたあの『汁』は、
道場六三郎の「命のダシ」に匹敵する圧倒的な存在感があります。
「命のダシ」を飲んだことないけど。

またあの『汁』は、もうひとつ有効な使い方があります。
それは、

目玉焼きのソース。

「目玉焼きになにをつけるか」論争はみなさんよくやると思いますが、
私はそんな時はこれまで、

「日によって違うけど、一番好きなのは塩・コショウかなぁ。」

などと、ブルジョワ気取りの高飛車発言を繰り返してきましたが、
実は私の心の中にある究極の目玉焼きソースとは、

「『イシイのハンバーグ』の汁しかない」

とずっと思っていたのです。
あの汁に目玉焼きの白身をつけながら、ハンバーグも食べ、
最終的にはちょっとごはんだけを余らせ、
残った汁をごはんにかけて食べる、というのが、
この世の幸せの究極だと思っています。

もし『料理の鉄人』に、私が審査員で出演することができたなら、
私は最高の料理人による最高級料理を食べているその他の審査員の横で、
1人、ごはん一膳に目玉焼き、そして『イシイのハンバーグ』を、
その食べ方でもくもくと食べてやりたいです。

安直な高級志向へのアンチテーゼという意味も含めて。

「幸せなんて、案外近くに転がっているもんなんだよ」という意味も含めて。

もちろん最後には、ごはんに汁をかけてフィニッシュします。
そして食べ終わった後、私は勝ち誇った顔で、
これ見よがしに『うまい棒』のコーンポタージュ味を1本、しゃくしゃくと食べてやる所存です。

はぁ、幸せ。なんて幸せなんでしょう。
世の中には幸せがいっぱいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ハンバーグ
こちらの記事で,イシイのハンバーグについて書かれていますが。 ...続きを見る
日記というか何というか・・・@Webry...
2005/03/02 11:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。こんばんは。
めっちゃテンション高いですねぇ(笑)
先週の金曜日にヒレかつ定食を食べ損ねてから私もとんかつ食べたい病にかかっております。
ところで、イシイのハンバーグもいいと思いますが、ミートボールも捨てがたいです。
でも私的にはやっぱり「ほていのやきとり」。コレに限ります。
大好きでーす!
ちなみに目玉焼きはやっぱり半熟に醤油です。
☆美
2005/03/02 00:50
こんばんは。高熱でも鶏のもも肉の照り焼きを完食するRoimiです(笑)
イシイのハンバーグ、私世代では生まれて初めて食べるデミグラスソースがこれだったんで、いまだに下手な高級レストランのデミソースより、イシイのハンバーグの方が美味しく感じます。
ちなみに、イシイのハンバーグ、袋のままパンチ!パンチ!パンチ!でこなごなにし、温めて、パスタにかけるとお肉タップリのスパゲティに変身。美味。お試しあれ。
Roimi
2005/03/02 21:26
☆美さん、はじめまして!コメントどうもです。
「ほていのやきとり」!素敵ですね!
あとノザキのコンビーフも無性に食べたいときがあります。
目玉焼きは、黄身の断面が「萩の月」みたいな感じのレア加減が好きです!
uchi-a
2005/03/02 22:22
Roimiさん、こんばんはです!
パワフルです!しかも野菜スープやサラダもついてバランスとれてます(笑)
ですよね!私もそこらのデミソースなら、
よっぽどイシイちゃんの方が好きです!

・・・その食べ方は衝撃的です!!!!
「禁断の秘技」って感じですごい!
なんてそんな食べ方を考案されたのですか!?天才的です!!
uchi-a
2005/03/02 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
イシイのハンバーグ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる