uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢字+カタカナ。

<<   作成日時 : 2005/06/25 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
最近私は、木村カエラが好きです。
地理的に『sakusaku』が見れないのがすごく残念。
今DVDが出ていますけど、
あれはレンタルにならないのでしょうか。
買うほどじゃないんですよねぇ。
だったらウッディ・アレンの、
『スコルピオンの恋まじない』
のDVDを買います。

声が好きです。ハーフ独特の。
特に「せまるしか〜」でおなじみのスバルのCMで、
言ってるときの、「せまってるのか〜」の時の声がいいです。
そんな感じなので、最近2日間に1回は、『happiness!!!』を聞いてます。

なんせ名前が、カエラって時点で名前がかっこいい。
雑誌の名前みたいです。

今週の「kaela」は、『この夏乗り切れ!31日間究極着まわし術!』

みたいな。
決して、「○○、××のマンションへ、お泊り3連泊!」系ではないです。

むしろ、

今週の「kaela」は、『小泉靖国参拝、こだわる10の理由』

こっち系かも知れません。
政治・経済を取り上げていそうです。
ただし、あくまで中吊りの一番下のとこには、
『たまには外に出ニート』みたいなダジャレが載ってますけど。

漢字+カタカナという構成の名前って惹かれます。
加藤ローサとか。
加藤ミリヤとか。
なんかすごく目が大きいっていうイメージが、名前だけでも伝わってきます。
そして積極的そうです。ポジティブそうです。

これが、「ヨーコ」とか「リサ」とか言う日本的な名前だと、
そこまでのイマジネーションは膨らみません。
ローサ・ミリヤ・カエラといった、
我々の生活では普段接することのないワードだからこそ、
いろいろイメージしてしまうのです。だと思います。

やっぱり漢字+カタカナの構成はすごい。


他の分野でも、
例えばスポーツ選手とかの場合、
漢字+カタカナというだけで、
すごいポテンシャルを秘めていそうです。

 ダルビッシュ優
 宮澤ミッシェル
 瀬間中ノルベルト
 杉山マルコス

ノルベルト、偉人のようです。
なにかを発明した人、歴史上の人物みたいな名前です。

ちょっと違いますが、
ヨーコ・ゼッターランドって、いい名前だと思います。
絶対バレーボールうまいもん、この名前。
絶対ポニーテールです、この名前。



ただこれがカテゴリーが『お笑い』にかわると、
ちょっと様相が変わってきます。
カタカナ+漢字だと、ちょっと軽いイメージになります。

 ダンディ坂野、マギー司郎、ゼンジー北京。
 ラッキィ池田、ルー大柴、ウド鈴木。
 井上マー、浅越ゴエ。


みんなひとクセあります。


またカタカナが前に来ても、まただいぶ風合いがかわってきます。
例えば、マイケル富岡
これが一転、「富岡マイケル」だったとしたらどうでしょう。
なんかアイスホッケーでもやってそうな雰囲気があります。
「このたび日本に帰化しました」的な。
あくまでマイケル富岡は、マイケル富岡であるべきです。


ということで、もし木村カエラが、
「カエラ木村」だった大変なことになります。
「カエラ木村」・・・。
完全にこのイメージです。






♪忘れないで 見つめることを〜






ということで、そういうことなんです。







なに言ってんだ俺。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢字+カタカナ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる