uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 七夕。

<<   作成日時 : 2005/07/07 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は『七夕』。
一年に一度、天の川で彦星と織姫が出会う日。
それはそれはロマンティックな日。
というわけで今日は日本中七夕ムード一色ということで・・・、
・・・って全然一色じゃないじゃん!
むしろ七夕なんかよりも、
杉田かおる離婚騒動の方が勢いがあります。
なんで『七夕』は盛り上がらないんでしょうか。

確かに小学校とかでは、
短冊に、「勉強ができますように」とか、
「野球選手になれますように」とか、
「少しでもアイツが不幸になりますように」とか書いて、
それを笹の葉にくくりつけ、
クラス全員であぐらをかきながら念仏を唱えて念じるなどの、
楽しい行事が今も行われているとは思いますが、
一般的に、特に各家庭レベルではあまり行われてません。

性格的には、日本にあるいろいろな節目の中でも、
『七夕』は間違いなく最もロマンティックな日であると思います。
遠距離恋愛だし、はやい話。
シンデレラエクスプレスです。牧瀬里穂です。

今世の中的に注目度の高い日と言えば、
『お正月』や『大晦日』の他だと、
『クリスマス』やら『バレンタイン』やらだと思います。
そう、どちらも恋がらみ。色恋沙汰です。
そんな中で『七夕』というものも、
立派に色恋沙汰のものであると思うのに、
なぜみんな盛り上がらないんでしょう。
みんな日本人なのに、お箸の国の人なのに。
なぜ世のカップルたちは、
『クリスマス』で盛り上がって、『七夕』で盛り上がらないのでしょうか。
むしろ『七夕』でしょう。
つまようじの国の人なら。

さらに言うなら、
『クリスマス』『バレンタイン』は、
色恋と絡んで、「プレゼント」というお楽しみ要素もあるわけですが、
『七夕』だって負けちゃいません。

ほら、短冊。

素敵なアイテムがあるじゃないですか。
あれに欲しいものかいて、それを読んだ彼氏がそれを買ってあげれば、
ますます立派なカップルの日になり得るはず。
ネックレスだぁ、イヤリングだぁ、ホッピングだぁ、馬の油だぁ、
彼女は思いのままです。

そもそも、7月7日という数字もとてもお祭りっぽいです。
7と7です。
背番号的に言えば、今岡と二岡です。
岡岡デーです。言うなれば。
今にも右中間にいい当たりかっ飛ばしそうなラインナップです。
この二人がいるだけで、チームとしてはどれだけ戦いやすいことか。
ランナー一塁において、右打ちのうまいバッターがいると、
監督としてはとても助かるんですよ!
わかりますか、みなさん!
『7』自体もとても縁起のいい数字。
それがしかも、×2です。
SEVEN SEVENです。
SE7EN SE7ENです。



♪ひとりじゃないよ〜 ねぇわかるでしょ〜
 ララララ〜・・・





「チェガー タンシネ モリルル カムギョ トリゲッスムニダ」




ほら、タイムリーです。

しかし、これだけ素質のある『七夕』であるのに、
今のところ渋い日で落ち着いてしまっています。
どうしたらいいんでしょう。
これは考えねばいけません。
このままではあまりにも織姫と彦摩呂が不憫でなりません。
いろいろ改良点を考えましょう。

まず、笹がいけないかもしれません。
日本的ではありますが、
あまりにも地味ですし、ちょっと弱弱しいです。
ということで、もう少し力強さがないとダメでしょう。
そうなると一番適当なのは、

『ソテツ』

ソテツに短冊かけましょう。
明らかに力強いです。
アントニオ・バンデラスくらい力強いです。

あとみんなもっと七夕ソングを歌わないといけません。
クリスマスのことをみんな歌っているんだから、
今度は今をときめくトップアーティストたちも、
七夕ソングをどんどん作っていかないと。
広瀬香美とか、カズンとかが。

あと、もちろん7月6日は『七夕イブ』です。
そして7月5日は『七夕イブイブ』。
恋人たちにとっては、
『むしろ七夕よりも七夕イブの方が重要な日』、
という付加的な情報も、恋人達に植えつけなければ。
これだけやれば完璧でしょう。

つまり、


笹のかわりに、ソテツ。



歌はカズン。



そして、前日は『七夕イブ』とする。



perfect!!


でも残念ながら、たった今この計画において、
大変な重要な欠陥があることに今気づきました。
それは、



『七夕イブ』って書くと、字面的に「七たいぶ」になってしまう。




あー、もうダメだー!!
七夕はおしまいだー!!
























あかんわ〜!ボクもおしまいやぁ〜!IT革命や〜!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
七夕イブ・・・。
この言葉を強調した上であのオチは,ちょっとくどかったのではないでしょうか。
読者も,いいかげん「七たいぶ」に見えてしまって読みにくく飽き飽きしています。
「たいぶ」には軽く触れる程度にとどめ,オチには別のものを持ってくるのが良かったのではないでしょうか。
「彦摩呂」が良かっただけに,「たいぶ」が足を引っ張っているように思います。

と,頼まれもしないのに評論家口調で。
風花
2005/07/08 17:08
手厳しい論評、ありがとうございます(笑)
精進いたします…。
uchi-a
2005/07/10 20:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
七夕。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる