uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権スペシャル』

<<   作成日時 : 2005/12/29 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

画像さぁ、今日は暮れの大一番が行われましたよ。
それは、

『細かすぎて伝わらない・
モノマネ選手権スペシャル』


『とんねるずのみなさんのおかげでした』の、
1コーナーであるこのコーナー。
初めて見た時、当時熱が38度あって、
病床から寝込みながら寝ていて、
途中で大爆笑のあまり、体中から汗が出て、
翌日には全快した私。
当時はまだ世間的にはマイナーなコーナーでした(第2回)。
それがついにスペシャルに出世!
今回はなんと全国オーディションを展開。
一大企画となりました。


(過去の記事)
第3回レポート
第4回レポート
第5回レポート
第6回レポート(前半戦後半戦)


でもうれしい反面、このコーナーにあっては、
マイナーっぽさを維持し続けて欲しいと思う私としては、
ちょっとこのスペシャル化は不安だったです。
ただ賞金100万円が用意されてはいるものの、
そのことは出演者には内緒というところに、
スタッフサイドのこのコーナーへのこだわりは感じられます。


今回はこの『細かすぎて』の他に、
いつもの『食わず嫌い』がいくつかあるとのことで、
その合間にはさまれる形で、
前後半に分かれての放送だったので残念でしたが、
そのへんはある程度覚悟してたんで大丈夫。
なんせディープインパクトが負けることも予想していた私です。
なんでもお見通しです。なんら問題ないです。
お見通しマンです。ウンナンの『sha la la』的に言えば。


ということで、まず前半からチェックしてみます。
その前に、最近特にそうなんですが、
とんねるず・石橋と関根勤・そしてくりぃむ・有田の趣向から、
野球・プロレスネタの割合が、
やるたびに増えていっている気がします。
そして前々回あたりから、
「トップバッターは、必ずホームチーム・桧山」
というのも、なぜかお決まりになってきました。
今後も「入りはリングスネタ」で行くんでしょうか。
私としては、正直どっちでもいいです。


オール巨人のマネとか、8人兄弟のたけしなど、
ちょっとネタっぽいものも増えてきまして、
本来の『細かすぎて伝わらないモノマネ』から離れつつあるものもありますが、
それでもベテラン勢は、きっちりこのコーナーのテイストをキープし続けています。

大事にしたいですね、ベテラン。
野球がしまりますね、彼らの存在は。


(たぶんこの傾向は、『空手の師範代』シリーズから端を発していると思います。)


まず最初のツボは、恒例『外人助っ人選手』シリーズ
今回は、「ランス・ディンゴ・ハーパー」。
特にハーパー
これはヤクルトにいたんですが、
ものすごいはやさで帰国していった、本当の意味での伝説の外人です。(4月帰国)
当時子供だった私は、友達の後藤君とよくハーパーの話をしてました。
まさか全国ネットの放送で再びこの選手の名前を聞くことになろうとは。

前回、「あわや優勝か!?」という勢いだった『小倉智昭』
今回ちょっとアレンジしてさらに面白いことになってました。

そして、『キャッチャーに今の球の球種を聞く落合博満』
一般参加の方らしいのですが、すんごい現役時代を思い出しました。
落合大好きな方なんでしょう、この人。

『ソフトバンク・城島』のマネは、
マネをしている人が中途半端に城島に似ているけど、
でもやたらダミ声、という点がツボです。

おなじみ小猪木はずっと抱いていた不安がこのたび的中し、
バックドロップした時に床が開くのが一瞬遅れ、
後頭部をいささかヒットしてました。
「ガン。」って音がしてました。

そして、デ・ニーロ!
忘れてましたよ彼の存在。
最近出てなかったのでどうしたのかと。
忙しかったんでしょうか。そんなわけないか。
音楽鳴った時は、「ああ!」って思いました。
華を添えますね、スペシャルに。
紅白の小林幸子的なポジションです。

でもこの前半戦での私の一番のツボは、
意外と馬場かもしれません。
あんな体型の人を馬場本人以外で見たのは初めてでした。


続いて後半。
後半では、やっぱり小猪木(対ドリー・ファンクJr.)がすごかったです。
正直言いまして、なんのことだかはよくわからないんですが、
あの様子だとおそらく、ものすごく正確な描写なんでしょう。
その雰囲気が味わえるだけで、私は満足です。

そして小倉智昭
完成度が前大会よりもさらに増してます。
『空手の師範代』シリーズローソクの炎はちょっと強引です。
前回ですでに「最後の手段」に出てしまっているので、
ちょっときびしくなってきました。


ということで決勝戦。
意外にも「リアルに吐く人」シリーズは、前回に続いての決勝進出。
このシリーズ、最初私は無反応でしたが、
だんだん見ていくうちに良くなってきました。
決勝でやった「仲間にはげまされながらリアルに吐く人」は、
特に今までのシリーズで一番かも。

小猪木(対ディック・マードック)は、
なんですかね、途中で自然と猪木を応援している自分がいました。
一瞬落ちると見せかけて落ちないというフェイントまで入って凄いです。
そしてまた「ガン。」ってなってました。
おそるべし、西口プロレス。

『小橋健太のチョップを受ける馬場』もすごいですね。
見たことあります、あんな映像。
なんかね、途中で自然と馬場を応援している自分がいました。

『フライを捕る落合』は絶品ですね。
あのすべてを見透かしているかのようなたたずまいを、
見事に再現してくれています。


ということで激戦だったのですが、
優勝は前回に引き続いて、『児玉清』となりました。
なにか満場一致みたいな雰囲気でしたが、
ただ今回の児玉は、ちょっと私としては不満ですね。
完全に「ネタ」でしたから。
よくできたネタで面白かったんですけど。
さすがに「アイウエオ作文」までされちゃうと、
だんだん「モノマネをしつつ、ネタをやる」ってコーナーに変化しかねないので、
次回からはこういうのは控えめにして欲しいところです。
あくまで、細かすぎるモノマネ勝負希望でございます。
ちなみに『児玉清』をやる博多大丸は、前回よりも若干厚着でした。

私の今回の一番は、落合ですかね。
最も『細かすぎて』というコンセプトに近いです。
あるいは馬場かどっちかです。


そんな感じのスペシャルだったのですが、
やっぱりだんだん膨張してってます。確実に。
この先がちょっと不安です。
なんか「食べ過ぎたランチバイキング」って気分です。
ちょっと長めのインターバルが必要かも。

あと今回、貴乃花親方のマネでお馴染みの木村豊さん(一般参加)の姿がなかったのですが、
お仕事が忙しいのでしょうか。
それともスペシャル化への反対の意味をこめての棄権なんでしょうか。
もし後者だとしたら、彼は男の中の男です。
究極のアマチュアリズムです。


でも見ている側として、今回の収穫だったことは、
『児玉清』で優勝した博多華丸に対して、
賞金・100万円が手渡されるシーンで、


床の下が見れたこと。


大量のスポンジ片の中にうもれながら賞金を受け取る博多華丸。
あんなことになってたんですね。
ちょっと感動しました。
でも落ちた後って、みんなどうしているんでしょう?
あれだと下から抜けられないですよね?
抜けられるのかと思ってましたが。
ということは一回一回引っ張って出しているんでしょうか。謎です。
是非そのあたりのことは、いい加減DVD化して、
特典映像にでもつけてほしいです。
そして次回は小猪木と馬場の共演も見たいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SP
今日は「とんねるずのみなさんのおかげでした」スペシャルです。 っちゅうか、それよりもこのワンコーナーが楽しみでしたよ。細かすぎて伝わらないモノマネ選手権SP!! 毎回、似てるのかどうか分からないけど、そのマニアックさに笑ってしまうんだわよ。そして、毎回... ...続きを見る
自己満族
2005/12/30 00:14
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権
1日遅れですが。 ...続きを見る
MIGHT Layer
2005/12/30 23:57
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・8』
昨年の暮れのスペシャル以来、ついに帰ってきました! ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2006/05/06 00:24
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9』・・・祝!『落合』優勝!
さぁ、久々にこないだ行われましたよ! 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』! ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2006/10/01 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。
突如「お見通しマン」の事が気になったので検索したら、このページが上から5番目に出てきました。
こんな入り口からこのブログに導かれるとはねえ。
一文しか出てこないのに・・・。
ナカジマ
2008/04/10 01:04
今更お返事してみます(笑)
確かに上位に出て来てしまいますね。
たいへん申し訳ない気分です。
ツノゴキブリの時くらい申し訳ないです(笑)
uchi-a
2008/04/28 21:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権スペシャル』 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる