uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今のところのトリノ五輪・雑感。

<<   作成日時 : 2006/02/17 13:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像どうやらやっているようですね、
『トリノオリンピック』とやら。
毎日熱戦が繰り広げられているようですね。
みんな雪まみれになって頑張っているようですね。どうやら。
そんな感じらしいですね。


・・・なんて、連日寝不足で目が真っ赤な私が言ったところで、
なんの説得力もありません。
以前にも書きましたが、
そもそも私は夏季オリンピックよりも冬季の方が好きです。
なのでもう毎日かじりついてますよ、テレビに。
歯型がつくくらいに。
子供の持ってるえんぴつの反対側みたいになってます。テレビが。


結構いろんな種目を見てきました。
「スピードスケート・男女500」もちゃんとリアルタイムで見てました。
どちらも惜しかったですねぇ。
でも及川・岡崎ともに、予想以上の成績でした。
解説が堀井学さんだったのもなんかよかったです。

「女子モーグル」は、上村が5位。
タイムをつめられないところがある上村、
善戦までかなぁという予感が当たってしまいました。


その他、どの競技も善戦どまりで、
そんなわけで、現在は日本はメダルがゼロという状態です。
昨日も女子パシュートで4位。
そして男子フィギュアスケートの高橋も8位・・・。


「どうしたニッポン!?パシュートってなに!?」


ワイドショーでは毎日こんな感じですね。
でも・・・、


この展開、シミュレーション通りです。


いわゆる「想定内」です。
『○○エモン』的に言えば。
『21エモン』ではないです。
そっちじゃない方の『○○エモン』です。
個人的にあまり「想定内」って使いたくなかったので、
あえて違う言葉を強引に探してきました。
シミュレーション通りです。
シュミレーションではないです。


ともかく、私としてはある程度予想できた結果なのです。
モーグルもかなりきびしいと思ってたし、
スケートの加藤は意外でしたけど、
スノボも「ハマれば」ってところで、
最終的には「こんなとこかなぁ」、って感じです。


このへんは、ちょっと考えればわかることなんですけど、
ワイドショーなどのテレビでは、
開会前から「日本、メダルラッシュの予感」っぽいフリをしてて、
いざ取れないと「不振」みたいに言って、
調子のいい話でございます。


おそらく五輪番組を見させるために、
日本国民を寝不足に陥れるために、
各局徒党を組んで、肩を組んで左右に揺れながら、
こういう報道作戦に打って出たんでしょう。
みんな左右に揺れながら、

くまのこ見ていたかくれんぼ〜 おしりを出したこいっとうしょう♪

っていうテンションで。
仲良くそんな感じの作戦だったんでしょう。









なんでかくれんぼで、おしりを出した子が一等なの!?








まあ確かに、
「『運』があれば、なんとかメダルもあるかな」
みたいな実力の選手が多かったのは事実で、
そのへんもあったんでしょうが、
にしても、あの浮かれ具合はないです。


そしてそれと同時に、
報道する側も知識が少ない上に、
無責任すぎだったりもします。
昨日の朝、
『「キャスターの女の人、離婚ドンマイ」でおなじみの某ワイドショー』を見ていたら、
コーナー担当の人が、ショートトラックの神野由佳の500メートル予選敗退を伝えていて、
その時その人は、


「このように1位から3秒も離された結果に・・・」

「500ではダメでしたが、得意の1500ならメダルは間違いない・・・」



的なことを言っていました。



「おいおいおいおい、なにをバカなこと言っているんだカール!(仮名)」




ショートトラックは基本的に勝ち負けなので、
タイムは関係ないスポーツです。
そのうえすごく繊細な競技なので、
いくら得意でも、レース展開次第ではどうなるかまったくわかりません。
なのにこの発言。「いやいやいやいや」って感じです。
これには思わず、メイン司会のカートリッジ・ヘッドの方も注意してました。


夏季オリンピックに加えて、
冬季はかなりマニアックではあるし、
見覚えのない競技が多いんですが、
一応「伝える側」はその責任はある程度意識してほしいです。
しかももっとバラエティっぽく、浮かれ気分の番組ならいいですけど、
それなりにニュースの体裁を持った番組でそんな感じだと、
とってもよくないです。


あと中継を見ていてちょっと思うのは、
民放の場合、CMのタイミングが悪すぎ!
しかも日本選手が出る合間合間に、余計な映像も多すぎ!
もっと競技をじっくり見たいのにさぁ。


そんな中、NHKの中継で、
温和そうなベテランキャスターが、
視聴者からの応援FAXを必死に募っている様子は、
とても健気に見えました。
スピードスケートで、予定時間以上に整氷時間が長びいている間も、
彼は、

「こんな時はみなさん、応援FAXを是非・・・」

って感じで、満面の笑みでした。こんな夜遅くに。
私はそんな彼に応援FAXを送りたい気持ちになりましたね。
送りませんでしたけど。


ってな感じで、今のところそんな感じの雑感です。
私はあんまりメダル云々で中継見てないですが、
一応メダルのチャンスがある競技としては、
「ショートトラック」のどれかと、「女子フィギュアスケート」、
そして「アルペンスキー・男子回転」、といったところかなぁと思ってます。


でも「ショートトラック」は『運』が必要。
「男子回転」は、佐々木明の伸るか反るかの一発に期待。
そして気になる「女子フィギュアスケート」ですが、
スルツカヤ・コーエンで2つ取るとして、
あと1つを、コーエン以外のアメリカ勢と、
イタリアのコストナー、そして日本の3人といった争いでしょうか。
コストナーはムラがあるのでチャンスはありますが、
地元の後押しもありますから、かなり大変。
私は日本の3人のうち、安藤が一発と言う意味で一番チャンスあると思うのですが、
最近の成績の悪さが、ジャッジにどう響くかという不安もあります。


ということで、下手したらメダル0の可能性も十分・・・。
それくらいの心構えで見た方がいいです。
でもいいじゃないですか、メダルなんか。
スポーツそのものを楽しみましょうよ。
私なんか最近、カーリングに夢中で夢中で。
なにが魅力かって、


あのストーンの光沢。


もうさわりたくてさわりたくて。
さぞかしツルッツルしてるんだろうなぁ。あれ。
ちょっとほしいもん、あれ。


画像











この記事を評価する

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ものすごく楽しみにしてたのに
誰も「コザック」しないので
とてもがっかりしました。
大好きだったのに・・・
ナカジマ
2006/02/17 13:32
私は1回か2回見ただけです。
なんか最近の技は節操がないです。
uchi-a
2006/02/18 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今のところのトリノ五輪・雑感。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる