uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・8』

<<   作成日時 : 2006/05/06 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

昨年の暮れのスペシャル以来、ついに帰ってきました!

『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』!

実に5ヶ月ぶりのこの企画。
いいですね。いいですねこの間隔。
前回まではかなり乱発状態で心配だったんですが、
ここでいいインターバルが入りました。
やっぱり、いくら良い中継ぎピッチャーでも、
毎日投げてたら悪くなりますからね。間隔が必要です。
中日の与田とかね。よくないです。


ということで、今回第8弾となったこの『細かすぎて』
いつものように振り返っていきたいと思いますが、
ちなみに『細かすぎて』を記事にすると、
どれもこれまで、すんごいアクセス数になっています。
いわば『ドル箱記事』なんですね。これは。
参考までに、去年書いた『細かすぎて』関連の記事と、
アクセス数は以下の通りです。


1/14 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権3』 10900
5/16 『70000HITS&『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権4』』 1603
7/22 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・5』 2182
10/27 『細かすぎて伝わらないモノマネ6』 2886
11/3 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権6・後半戦』 3909
12/29 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権スペシャル』 1829


ご覧ください。
なんと6つの記事すべてが4ケタ超え
最初の記事なんて1万超えてます。
どうですか、この『ドル箱』っぷり。
「月9にキムタク」ぐらいの『ドル箱』っぷりです。
そりゃまた今日も書きますよ。書きなぐりますよ。
でも今日は最近忙しくて疲れてるので、サクサクっと書きたいと思ってます。


さて、今回の『細かすぎて8』、
なんと新システムが導入されました。
それは、

「2人同時落下システム」。

いつもの落ちる穴の大きさが拡張、
それにより、コンビでの参加が可能となりました。
この新システム、「一体どうなるのか」と最初半信半疑だったのですが、
見てみたらかなりのポテンシャルを秘めた代物でした。


ということでさっそく振り返ろうと思いますが、
その前に最初に悲しいお知らせがありました。
前回まで、『RIKACOシリーズ』で一部の視聴者を魅了してきた増谷キートンさんが、
このたび、『細かすぎて』を卒業なさるとの発表。
名バイプレーヤーの卒業・・・。
かなりの痛手ですが、新たな勢力にとってはチャンス。
新星の登場に期待しましょう。


では、今録画しておいたビデオを見ながら、
順を追って、気になったものをピックアップしていきたいと思います。


まずはご存知、360°モンキーズ・杉浦の『助っ人野球選手シリーズ』。
これぞ、『細かすぎて』の真髄。
これがないと始まりません。年は越せません。
最近のこのコーナー、博多華丸やずんのやすなどの台頭により、
若干ネタ化しつつある傾向にあるのですが、
彼はそんな中でも、『細かすぎて伝わらないモノマネ道』というものを、
ひたすら貫いてらっしゃいます。

♪ブァーブァ ブァンブァブァブァブァブァーブァーブァ (本来は、元阪神・バースのテーマ)

有田ロボが、
「アノ音楽を聞かないと、これが始まった気がしない」
と評していましたが、まさにその通りです。
なんか「これから始まるんだな」って気分になって、胸が高鳴ります。
彼は毎度毎度、優勝争いに食い込むことはなかなか難しいポジションなんですが、
是非、第10回大会とかの時、彼に特別賞をあげて欲しいです。
伝統芸ですからね。まさに。
しかしこの後そんな彼に、この「新システム」が思わぬ影響を与えます。


その後、『リアルに吐く人』シリーズが登場。
これももはや「ネタ」になってきてますね。
でも伝統芸としてカウントしていいでしょう。
『ルーレットでの猪木』も意外と好きです。
その後の『蝶野』は、体型がかなり似ていました。

このへんから、いつものようにプロレスネタが多くなってきます。
『藤原喜明』の胸わしづかみに続いて、
この分野では第一人者・『アントニオ小猪木』のサイレント落下炸裂。
さらには脅威の超新星・『馬場』。
あの体型は天性のものがありますね。
いい体しています。把瑠都くらいいい体しています。
大器です、大器。


そして!今回の目玉・「コンビ落下」初登場!
しかもこれに挑むのは、なんと360°モンキーズ!
8回目にしてはじめて、新システムの恩恵を受け、相方の登場です。
なんか、「今日は友達を連れて来ました」みたいなオーラが出てました。

お題目は、
『次の回のピッチングのことで頭がいっぱいだが、
追い込まれてしまったので、とりあえず空振りをしてチェンジになってしまう時の、
元ヤクルト・ホッジスと、元巨人・キャッチャーの小田』


ということだったんですが・・・、
すごかったです、これは。
巨人のマスクがなぜか小田なのは、相方の顔を考慮してな気がしますが、
とにかく2人落下の迫力とシンクロ度にはうっとりでした。
「あ、これは芸術なんだな」と思いましたね。
ホッジスのやる気なさそうなスイングまでの動作も見事ですし、
いやはや、すごいものを見てしまいました。


そんな衝撃の後に、『小倉智昭』。
渋さが出てきましたね。良い意味で。
さらに新顔(『ザ・プラン9』鈴木つかさ)による『三遊亭好楽』も、
いかにも『細かすぎて』って感じでした。


そしてお馴染み、『鮎釣りスターシリーズ』!
今回のキャッチフレーズは、

「鮎よ川の流れに逆らうのはかまわない。俺に逆らうな 村田満」
「オイ鮎!どうせ俺に釣られて焼かれるんだ。初めから塩味でいろ 小沢兄弟」


なんか初期の頃と比べて、根本的な趣旨というか、
スタンスが変わってきている気がしますが。いいんでしょうかね。
それにしても前回まではこの方、
肩書きが「ゆうえんち くじら」だったのに、
今回は「くじら」のみでの出場となってました。
これは一体どういうことなんでしょうか。
きっといろいろあったんでしょうね。せつないです。
負けるな!と言いたいです。


その後に登場したのは、私が個人的に大好きな『落合』。
この一般参加の人のマネですごいのは、
この人のやる落合のすべてのシーンに、見覚えがあるところ。
今回の『デッドボール編』にしても、
私はああいう落合を確かに見たことがありますし。
これはすごいことだと思います。
この調子で次回の、『契約更改編』も実に期待がもてます。


さらに『平泉成』。
素晴らしい完成度でした。
もう言うことないんですけど、
ただ平泉成のマネって、小堺さんもやってまして、
「声的に結構モノマネしやすいだろうなぁ」と、
私はかねてから思っていたので、
モノマネとしての難易度はそれほど高くないと思ってます。
しかし、あのドラマでありがちなシチュエーション設定には感服しました。


コンビ落下・『米米CLUB』も、くだらなくていいです。
ずんのやすの『師範代』シリーズは、
そろそろ追い込まれてきました。
これから今後、かなりむずかしくなってきそうです。


そして最後の2人は、大御所の登場
博多華丸と次長課長・河本
博多華丸はなんと、児玉清を封印し、『王貞治』!
児玉じゃないことにかなり驚いてしまったのですが
よく見るとかなり似ているし、かなり面白かったです。
ただ、今回は「児玉じゃない」というビックリがあまりのインパクトだったので、
それに若干負けてしまいました。
一方河本は、『警視庁24時・深夜になっても帰らない女子高生』。
前回の欠場でもう戻ってこないのかなと思いきや、
たっぷり充電して帰ってきました。おそるべしです。
今回も素晴らしい出来ばえです。



というところで盛り上がってきたんですが、
予想通りまた今回も、2週またぎ決定!
続きは来週の後編で、ということで。
しかし前半だけでも、かなり充実してましたね。
スペシャルの時の膨張しすぎた感じから、
再び等身大に戻った感じです。


「やっぱりこうでなきゃ、『細かすぎて』は!」


今のところですが、私はやっぱり、
あの『ホッジスと小田のコンビ落下』が現時点での1位ですかねぇ。
あのインパクトは忘れられませんもん。
ってな感じで、また来週もレポートをアップしたいと思いますが、
なんかサクサク書くつもりが、こんなに長文なってしまいましたね。
でも、「多い」って言って「少ない」よりかは、
「少ない」って言って「多い」方がいいと思うので、
私としては、「罪をおかした」という意識は一切ないです。
そんな感じなので、また来週よろしくお願いします。



【トラックバック】
いい歳して・・・日記 『いい歳して・・・みなさんのおかげでした視聴レポート(06.05.04)』

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・8・後半戦』
「『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・8』」について さあ、やってまいりました! 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』!! 数えて今回が8回目なんですが、 今回も週またぎの大熱戦! 先週は『前半戦』でして、今回は『後半戦&決勝戦』! 果たして結果はどうなったか!? …というところなんですが、 ここで、とんでもないアクシデントが私に起こりました。 それは、 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2006/05/12 22:47
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9』・・・祝!『落合』優勝!
さぁ、久々にこないだ行われましたよ! 『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』! ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2006/10/01 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
博多華丸の王監督は本当に意表をつかれました。
『えっ、そんなのできるの』って思いましたよ。
で似ているしね。
ホッジス&小田も良いけど自分はこれが現在1位です。
HIRO
2006/05/06 23:32
トラバ、ありがとうございます。
たま〜にやる、この頻度が丁度いいですね、この企画。

しかし、今回RICAKOさんの引退もそうですが、イースラーが見られず残念。というか、第一回から見たことないし。というか、そもそもイースラーって誰だか知らないし(笑)
Roimi
2006/05/08 18:19
 5ヶ月ぶりだったのですね。
河本さんは罠にかかったいのししもいいんですが
今回のはかなりツボにはいりました。
さらに落ちるタイミングもまた絶妙で。
 キートンさんに何があったんでしょうか。
そういえば、RICAKOは最近よくテレビで
見ますね。。何かふっきった感じで女は強しという
印象です。
あずさ
URL
2006/05/09 12:45
HIROさん、どうもです!
確かに王監督似てましたよね〜。
「ね゛がわ゛ぐばね゛。」
ただ、ちょっとびっくりが勝っちゃいました(笑)
次回はなにを出すのか…。
uchi-a
2006/05/09 21:59
Roimiさん、どうもです!
イースラー、今回も見られませんでしたが、
でも毎回イースラーで落ちる瞬間の彼は、
ちゃんとイースラーやってるのがすごいです。
イースラーを知っている私としては、
あの落ちながらでも、ちゃんとイースラーだってわかります(笑)
小学生の頃、私もよく友達と、
イースラーやオグリビーのマネをしてました☆
uchi-a
2006/05/09 22:01
あずささん、どうもです!!
河本は売れていなくなるかと思ったら、
まったくスタンスを崩していないですね。
『罠にかかったイノシシ』は傑作でしたが、
今回もいいですねぇ。
本当にバカな女子高生が落ちてる感じがしました(笑)

最近のRIKACO・・・、悲壮感が・・・。
uchi-a
2006/05/09 22:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権・8』 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる