uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS タカアンドトシ。

<<   作成日時 : 2006/08/15 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像最近面白いと思うものがあります。
1つはファンタのペットボトルの形状なんですが、
もう1つがこの人たち。


タカアンドトシ。


まぁ強いてあげれば、
他にもう1つ、『やくみつる』という人物も面白いんですが、
でも1番面白いのは『タカアンドトシ』ですね。
本当に面白いし、クオリティが高いです。


私がはじめて彼らを知ったのは、
ご多分に漏れず、何年か前の『M-1グランプリ』でした。
おそらくこの時に彼らをはじめて見たという方も多いんじゃないでしょうか。
当時私はまったく知らずに、
この名前を聞いた時、

「なんだか『テツアンドトモ』的な郷愁を誘う名前だなぁ」

と思ったものです。
で、ネタを聞いてみたらなかなか面白くて、
その時軽く私の脳にブックマークされました。


で、その後、チョコチョコとテレビへの登場機会が増えてきたんですが、


最近特に面白い!


なんせ、もともととってもうまい上に、
ここに来てこのフレーズが定着してきましたから。



「欧米か!」



私の周りでもかなり使っている女子が増えてきてまして、
この下半期はさらなるブレイクが期待できそうです。
芸人のブレイクにはだいたい決まり文句がまず必要になりますからね。
「ゲッツ」、「なんでだろー」、「フォー」とかね。
あと、「アズマックス!」ですか。
ん?ちょっと違いますか。
あと、「チェックメイト!」とか。
・・・まぁ、二人とも頑張れって気持ちでいっぱいです。
私は好きですよ。ええ。


とにもかくにも「欧米か!」がかなり流行の兆しなんですが、
でももともとこの2人の漫才は本当にレベルが高いです。
純粋に笑いたい人が見ても楽しいし、
ちょっと深く漫才を見てしまう人から見てもすごい。
面白い上にうまさを堪能できる、最高の漫才です。
いやー、本当にうまい。


どこがすごいって、まずこの2人の漫才、
実はものすごいテンポで進んでいきます。
新幹線とまでは言わないまでも、
京王線の特急並のテンポで進んでいきます。
「え?さっき明大前だったのに、もう調布なの!?
いやー、びっくり。各駅だと時間がかかるのにねぇ。」

くらいのスピードで進んでいきます。
わかりますか?わかりませんかこのニュアンス?
まぁ全国や海外の人も読んでくださっていると言うのに、
こんな東京23区外のローカル情報を書いている私がいけないんですがね。
とにかく、そのくらいにかなりのスピードで掛け合いが展開していってるんです。
にもかかわらず、そのスピードをお客さんにまったく感じさせないんです。
ここがすごいところ。クオリティの高いところです。
だから一見たんたんと漫才をしているように見える感じなので、
聞く側としてはものすごく安心して聞けるんです。
普通のテンポのある漫才だと、すごくバタバタしちゃったり、
頑張ってる感(汗)とかが伝わって疲れちゃうんですが、
この2人は自分達のリズムを持っていて、
おまけにタカの適度な適当さもあってか、それがまったくないんです。
もしかしたらこのへんは、声のトーンとか、
滑舌とかにもかかわってくるんでしょうけどね。すごく聞き心地がいいです。


それでいて流れだけじゃなくネタの方も、
実に細かいボケや、定番ボケ、
その上、ちっちゃい考えオチみたいのも盛り込まれて、フルコース状態。
それでいてすごいテンポ。
しかもただただ掛け合いが続くだけなく、
最近流行りのリズム漫才的な要素もあったりしますし。本当にすごいです。
5分くらいのネタをテレビで見ると、本当に隙がなくて感動します。
このへんは特急なのに、
ちゃんと仙川とか国領とか芦花公園にも止まってくれるくらいの勢いですね。


このへんのうまさ、なんだか「職人」って感じがします。
芸術家という感じではなく、職人って感じです。
ちょっとタカのボケ方は爆笑問題・太田に似たオーラがありますが、
2人のパッケージとしては、爆笑問題をはるかに超えてますね。完成されてます。
あと、トシがうまいです。トシはうまいですよ〜。
今一番うまいツッコミかもしれないです。
「欧米か!」「大人か!」っていうほぼ1種類のツッコミだけで、
1ネタであれだけずっと笑いを取り続けるのはすごいテクニックです。
微妙に言い方や間、ツッコんだ後の付け加え方などの、
緩急の変え方も絶妙で実にうまい。
タカの方がボケなのもあって目立ちますが、
そもそも「欧米か!」っていう言葉もトシのセリフですし、
このへんはトシのすごさが出ているんだと思いますね。
そして最近は、ネタの最後にタカが「南米か!」などとツッコミ返すという、
終盤のたたみかけの形も完成。
完全に脂が乗り切ってきた感じがします。


ここらあたりはあれですね、
もし、相撲の現役力士に2人を例えるとしたらですね、
まさに今のタカアンドトシは、大関・白鵬でしょうね。
白鵬は体力や素質はもともと高かったんですが、
数年前まで自分の勝ちパターンみたいのがなくて、
それでなかなか勝ち星に結びつかなかったんですが、
ここにきて、立ち合いで左前みつを取ってぐっとひきつけて寄るっていうパターンができて、
それから本当に強くなったんです。
タカアンドトシの場合、それが「欧米か!」ですね。
白鵬でいう「左前みつ」が、「欧米か!」ですね。間違いなく。
もともとうまいけど、もう一味足りない感じだったのが、
「欧米か!」によって、鋭く勝ちパターンにもっていけるようになりました。
そりゃ強いわけですよ。横綱も近いですよ。
あとは横綱審議委員会(会長はたぶんキーボー)次第ですね、ええ。


1つ残念なのはこの2人、
結構なベテラン選手なので、
もうM-1に出れないというところ。
あの唯一の出場が、最初で最後の出場だったんです。
今もし出れたら間違いなく1000万だったでしょうね。もったいない。


現在この2人、さまざまなネタ番組に出たりしてますが、
関東圏の方にオススメなのが、
朝の情報番組・『ラジかるッ』での、夕刊早読みコーナー
その日の夕方に出る新聞の見出しとかを紹介する3分くらいのコーナーで、
これをタカトシは毎日生で担当してるんですけど、
このコーナーがむちゃくちゃゆるい!最高なんです。
このコーナーの2人は、
常にアンタッチャブル山崎にも似た適当さが前面に出ておりまして、
朝のちょっとグダグダっとした時間にぴったりのひと時を提供してくれます。
そしてなんともラブリーなのがこのコーナー、

日によってウケたりスベったりするところ。

ウケる日は百発百中なんですが、
ウケない人はとことんダメで、
途中で2人が、「あー、今日はダメですね。」とか言ったりします。
このへんは私にとって、軽くギャンブルをしてる気分で好きです。
朝番組の星占いコーナーに近い感覚で楽しんでます。
もしみなさんも見れる状況にあったら、
是非チェックして見てください。
たぶん11時すぎくらいにやりますから。


ということで、おそらく今年の終わり頃には、
彼らは相当ブレイクしていることでしょう。
こういう予言は私結構当たりますよ。
BONNIE PINKをこれだけオシてきた私が言うんですから間違いないです。
ただBONNIEがブレイクするには10年かかりましたけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
私もタカアンドトシが大好きで、(オヤジであるにもかかわらず)娘と一緒にルミネにも見に行きます。
2年ほど前から追っていますが、最近バリエーションも増えて最高です。
他にはトータルテンボス、U字工事、キャンキャンに注目しています。
1番星
2006/08/15 10:44
お久し振りです。
タカアンドトシ、間違いない面白さでしょう!
昨日もノリタケが真似をしていたぐらいだし
上手く流れに乗れれば…と思います。

まぁ、BONNIE PINKよりは早いんじゃないですか?
HIRO
2006/08/15 22:48
1番星さん、はじめまして!!
娘さんと一緒にタカトシ、素敵ですね☆
なんか最近のタカトシは、
とってもバランスがいいような感じに見えます。
トータルテンボス、最近ちょっと露出が少なくなってきましたね(笑)
uchi-a
2006/08/23 23:15
HIROさん、どうもです!
面白いんですけど、それでいて、
「うまいなぁ」と思ってしまうところもありますよね。
そこがすごいところです。
「欧米か」って使いたくなる言葉ですよね。
これなら流れに乗れるんじゃないでしょうか☆
uchi-a
2006/08/23 23:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
タカアンドトシ。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる