uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 発熱。

<<   作成日時 : 2007/07/21 09:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像このたび私、発熱しました。
参りました。あれよあれよという間に、38度超え。
しかもなんだか今回はすんごい体的にきつくて、
まともに立ったり歩いたりするのも辛かったです。
ここ数年いろいろな風邪に出会い、
いろんな風邪と別れてきましたが、
時には泣き、時には笑ったりしてきましたが、
こんなに辛いのはここ数年で一番かもしれません。
もうだいぶ落ち着いてきましたけどね。


なにしろ、変な夢見ましたからね。
いつも風邪をひくたびにおかしな夢は見るんですが。
今回見た夢は、

「普通に自分の部屋で熱で寝込んでて、
体温を測ろうとして使おうとした体温計が、なぜかすんごい巨大で、
うまいことわきの下にもっていけなくて、ひと苦労」


というものでした。
体温計のでかさ以外は本当にリアルだったんです。
変なキャラクターとか、小学校の頃の友達とかも出てきませんしね。
実に現実的で、「これは夢だ」と言われない限り、
38度の頭では、夢であることを認識できないくらいの内容でした。
ただ、なにしろ体温計がでかいんです。
指揮棒ぐらいのでかさなんです。
だからこう、なんと言いますか、
それをシャツの中に入れてわきの下ではさもうとすると、
シャツにひっかかってぬーんってなったり、
わきが痛くなったり、もうえらいことになりまして、
「どうしよう・・・」と思っているうちに、結局起床しました。


まぁ、結果として、今回の夢で得た教訓は、



「体温計があの大きさであることに、
我々はもっとありがたさを感じなければならない」




ということですかね。
ありがたいですよ。あの大きさであることは。
なんせ計りやすいですから。
もし体温計が私の見た夢みたいに、
基本的にあの指揮棒くらいの大きさがスタンダードだったとしたら、
今頃風邪をひくたびに、日本中の人々が、
病床で「ぬーん」となるところでしたから。
本当に、「先進技術よ、ありがとう」と言いたいですね。ええ。
「近代体温計の父」に感謝したいと思います。
そんな人がいたらですけどね。
たぶんドイツ人だと思いますけどね。
だいたいこの手のジャンルは、ヒゲのドイツ人だって相場が決まってますから。





・・・さて、あと全然関係ないですけど、
ちょっと最近腹立ったことがありまして、
この際だから言いますと、
私が愛用している地元のツタヤさんに何日か前に行ってみたら、
このたびDVDレンタルフロアの陳列がかわったんですけど、
もうその変わりようが本当に腹立たしいんです!!
どう変わったかと言うと、



シリーズドラマもののコーナーが大量増殖!!



古くは『24』から、『プリズンなんとか』とか、
『LOSなんとか』とか、『なんとかかんとか』とか、
あんなもので埋め尽くされてるんです。
そしてそのしわ寄せが来たのが、『その他コーナー』


この『その他コーナー』、私としては一番インポータント、
つまり重要なコーナーだったんです。
ウッディ・アレンがいろいろあったり、あと1950〜1970年代の、
『ヌーベルバーグ』期のフランス映画があったり。
いつもツタヤにいくとまずこのコーナーに行ってたんです。
それがこのたび、その『プリなんとかブレなんとか』が増えたせいで、



撤廃されました。



おかしいですよ。
私はこのコーナーは絶対守らなければいけないと思ってましたから。
だって今の映画があるのは、
この『その他コーナー』にある映画の存在があるからに他ならないと思いますし。
それがなんですか、『プなんとかかんとかク』って。



「ああ、ツタヤさん、あなたは映画人としての誇りも失ってしまったのですか。」



そう言いたいですよ。
ちなみにこのセリフはご存知の通り、
かつて天下一武道会で、天津飯が兄弟子である、
サイボーグ化した桃白白に言ったセリフですけどもね。
説明するまでもないと思いますけど。そこより抜粋ですけどね。


ゴダール、ルイ・マル、トリュフォー、
フェリーニにウッディ・アレン・・・。
映画の歴史に燦然と名を残す人々・・・。
彼らの映画がささやかながら並んでいた『その他コーナー』・・・。
そもそも『その他』扱いされていたことにもちょっとさみしさはありましたが、
それでもこんなコーナーをこの情報化、
スピード化社会にあって作ってくれていたツタヤさんを尊敬していたのに・・・。
今や跡形もない状態に・・・。


他の棚を見ても、彼らの映画はあまり並んでませんでした。
いつも行くたびに、「次回はこれを見てみよう」とか、
いろいろと楽しみにしていたのに。
本当にショッキングでしたよ。
まぁおそらくそのショックのせいで、
今回38度の熱が出たのは間違いないですね。
主な要因ですね。間違いなく。






ああ、ツタヤさん。あなたはどうしてしまったの。
都会の波に飲まれ、本来のあなたじゃなくなってしまったのね。
あの時のあなたはもう帰ってこないのね。
あの純粋な笑顔は、もう帰ってこないのね。
もしそれが大人になるということだとしたら、
それってあまりにも悲しすぎるわ。
ああ、大人がにくい。時間がにくい。
もう無理なの?あの時のあなたにはもう会えないの?
そんなの悲しすぎる。
それなら、私はもうあなたに会いたくない。
それなら私、宅配のレンタルに乗り換えるわ。
いろいろあるもの、宅配の方が。品揃えとかも。
ネットで検索しやすいし。便利だし。そうするわ。





そんな感じで、みなさんお大事に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
おわび。そして強い気持ち・強い愛。
すっかり熱も下がった私です。 ちょっとノドが痛いくらいでもう大丈夫です。 びっくりするくらいあっさり熱が下がったので、 逆に、「もう少し病人っぽくした方がいいんじゃないかな」 っていうくらいな感じです。倫理的に。ええ。 ちょっとふらついてみたり、うずくまってみたりね。 いきなり咳き込んでみたりね。 ドラマだとだいたい咳をしはじめた人って、 「何話か後に死ぬ」って相場が決まってますけどね。 まぁ、それくらいした方がいいんじゃないかなって思うくらいです。 ...続きを見る
uchi-aぶろぐ
2007/07/23 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
新しい記事にもう熱も下がったと書かれていましたが、大変だったみたいですね。体温計がでかくなった夢を見られたようですが、これよく分かります(笑)
私は、何故か発熱すると何かが大きくなる夢をよく見るので…。一番最近発熱した時に見た夢では、巨大な枕に包まれて息苦しくなっているところで目が覚めました。

そして、ヒゲのドイツ人のくだり、同感です(笑)
53
2007/07/26 19:46
53さん、どうもです!
そうなんですか!私はあと歯が抜ける夢と、
空から得体の知れない巨大な何かがジリジリと、
私の方へ迫ってくる夢をよく見ます。
いずれにしろなにかしらの危機感があるのかもしれません(笑)
uchi-a
2007/07/30 21:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
発熱。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる