uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS バレンタインと言えば。

<<   作成日時 : 2008/02/14 22:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像今日は2月14日ということで、
みなさんご存知、


『2月3日に投げすぎた豆を家族で拾う日』


だったわけですけども、みなさんいかがお過ごしですか?
たくさん拾えましたか?どうでしたか?


父 「おい健二、ちゃんと拾ってるか?」
息子「うっせーな!拾ってるから黙ってろよ!」
父 「なんだその口のきき方は!それが父親に対する口のきき方か!」
息子「うっせーんだよ!!こんなアホみたいに豆まきやがって!毎年毎年!
    あとで拾う身にもなってみろ!」
父 「なんだと!親にはむかう気か!そんなこと言う奴は、こうしてくれる!」
息子「お、おい!なにすんだオヤジ!」
妹 「きゃー!健二兄ちゃんのMDコンポのCD入れるとこに、大量の豆が!!」
息子「てめー!なにすんだ!!」
母 「もう、お父さんったら。」
一同「ハハハハハ!」



まあどこの家庭もだいたいこんな感じだったとは思うんですけど、
みなさんいかがお過ごしでしたか?私は元気です。



さて今日はそれと同時にですね、
どうやらバレンタインという日でもありました。
もう世間はやたらチョコチョコしてましたね。
みんな世の若い娘は、チョコレート作るわ、
あるいはチョコレートを買うわ、
そしてそのチョコレートを配るわ、
語尾がチョコになってしまうわで大騒ぎだったことと思います。



「あー今日仕事疲れたチョコ。」
「今日はいい天気チョコ。」



みんなこんな調子だったでしょうね。ええ。



・・・まぁ、もしこんな口調の人が本当にいたら、
おそらく私は、人生で三本の指に入ること間違いなしの、
完成度100%の苦笑いをスパッと決めることでしょうね。ええ。
ひとまず全国カカオマスまみれですよ。この極東の島国は。ええ。



そんな中、前にここでも記事にしましたけど、
私はバレンタインに、ある曲がテレビなどでフューチャーされることを祈ってました。
それは、Perfumeの『チョコレイト・ディスコ』
最近かなりブレイクしてきたPerfumeですが、
まだブレイク前だった去年の2月に出した限定シングル、
それが『チョコレイト・ディスコ』なのです。


いやー、今聞いても本当に名曲だと思いますよ。これは。
その後、この曲を聴いた木村カエラが彼女たちのファンになり、
のちの大ブレイクにつながったことも考えると、
やはり名曲だったんだなぁと思わずにはいられない次第です。
でも限定なので、もうお店にはまず出回ってないんですけどね。
なのでこのまま隠れた名曲になっていきそうな気配なんです。
もったいないですねぇ。実にもったいない。
若槻千夏がテレビの第一線から退いたことくらいもったいないです。
貴重な人材をなくしたもんですよ芸能界は、ええ。


でもこうなると、ちょっと伝説的な曲になっていきそうな気もするので、
「それもいいかな」とかちょっと思いますけどね。
ただこの『チョコレイト・ディスコ』と曲には、
Perfumeの凄さがぎっしり詰まっていると思うので、
やっぱり世間的にもっと聞いて欲しいんです。
そこで迎えたのが今回のバレンタインデー
ぜひこの機会に、この『チョコレイト・ディスコ』という曲を、
うちの『チョコレイト・ディスコ』をですね、
バレンタイン特集を組むテレビ・ラジオなど各メディアでですね、
BGMとかで、よかったらぜひぜひプッシュしていただきたいなーと、
そう私は勝手に祈っていたのです。


そして今日
ついにバレンタイン当日を迎えたわけです。
今までいろいろテレビのバレンタイン特集を見ましたよ。朝の番組とか。
そしたらですね、流れてましたよがんがんに
がんがん流れてました。あの曲が。
そう、あの曲とは。





国生さゆりの『バレンタイン・キッス』。




・・・そうですよね。バレンタインと言えばこれですよね。
『日本のバレンタイン』と言えば『国生』ですよね。
相場が決まってますもんね。
これがもし『卒業』とかだと、斎藤由貴だー、尾崎豊だー、
荒井由実だーっていろいろいますけど、
バレンタインと言えば間違いなく国生ですからね。
と言えばチューブバレンタインと言えば国生
ジャンプと言えば伊藤みどりですから。ええ。
シュートと言えば平松ですから。大洋の。ええ。
満塁と言えば田代ですから。大洋の。
そう相場が決まってますから。
それくらい確固たる存在ですからね、国生さゆりは。
甘かったですね。考えが。
最近やっと出てきたような女子3人では、
そう簡単に国生の牙城は崩せなかったです。


しかしすごいですね。平成19年にもなって、
いまだに『夕やけニャンニャン』の影響が残ってるんですから。
おそるべしですよ。あの頃のアイドルのパワーはすごいです。
今でもみんな結構バリバリテレビに出てますからね。
ただみんなさすがに当時と比べると、
だいぶアダルティーになってきましたけど。
でも南野陽子は例外ですよ。
あの人はほとんど当時とテイストが変わりませんし。
去年とか『はいからさんが通る』とか当時を再現して歌ってましたけど、
若干踊りながらハァハァ言ってるだけで、ほとんど変わらなかったですからね。
すごいですよ。ナンノはすごいです。



ということで今日の結論は、



『ナンノはすごい』



です。
それではさようなら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
国生さんの『バレンタイン・キッス』はアレみたいなもんでしょうか…クリスマスの山下達郎的存在ですかね。
もしくはお寿司につきもののシブガキ隊とか…。
”定番”という牙城を崩すのは難しいもんですね(ノ_-。)
ちるちる
2008/02/15 02:52
ちるちるさん、どうもです!
そうですね、山下達郎的ですけど、
でも2月14日ピンポイントという意味では、
国生さゆりの方が上を言っている気がします。
寿司のシブがき隊も多いですよねぇ、いまだに。
当時のアイドルの曲はすごいです。
uchi-a
2008/02/15 11:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
バレンタインと言えば。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる