uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS クイズ番組。

<<   作成日時 : 2008/02/26 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

画像最近やたらとクイズ番組が増えましたよね。
毎日毎日、どこかの時間でクイズ番組が放送されてるような時代です。
・・・あ、お久しぶりですみなさん。
もう今回から決めましたよ。サクサク書くことにします。
サクサク書きますけど、
それで更新回数が増えるかどうかはわかんないです。
でもひとまずサクサク書いてみます。
その分、読みごたえはなくなるかもしれませんよ。ええ。


それでですね、クイズ番組についてですけど、
私もご多分に漏れず、見れる時はいろいろ見てますよ。
『ヘキサゴン』とか『雑学王』とか、
あと『Qさま』『ネプリーグ』なんかも見てますね。
個人的に『Qさま』の『プレッシャースタディ』が一番好きです。
教科書問題とか懐かしくて楽しいです。
それで自分が難問を当てられた時の優越感と言うか。
あれが楽しいです。
まぁ別に誰も褒めてくれないんですけどね、正解したところで。
一人で自分に酔ってると言うか、自分に乾杯と言うか。
一人酒ですよ。手酌酒です。つまりは。イクゾー的には。
演歌は聞きませんけど。


ヘキサゴンとか面白いとは思いますけど、
時々、「それはちょっと・・・」って思う時があります。
あのおバカさん的な人への扱い方とか。
「さすがにねぇ」というか。
「そんな問題、わからない人の方が多いよ」って時も多いです。
なんかあのMCさんの勝ち誇った感じが、
昔からえらい苦手なんですよねぇ。
でも結局見ちゃってるんですけどね。その時点で負けなんですけど。
『ヘキサゴン』なら、今やってる『ヘキサゴン2』じゃなくて、
その前の六角形になってやってた本来の『ヘキサゴン』は好きでしたね。
あれ、すごい当時やりたかったです。
騙したいですね。「わかんないよぉ」って演技をしてみたいです。


まぁそんな感じでクイズ番組が最近増えてるんですけど、
一昔前は、かなりクイズ番組が減ってきたとか言われてましたね。
でもそのまたちょっと前は、やっぱりいろいろやってました。
昭和60年代〜くらいでしょうか。
私はあの頃のクイズ番組が大好きでした。
子供ながらにクイズ番組ばっかり見てて、
「石坂浩二はすごいなぁ」と思いながら見ていて、
結果的にかなり理屈っぽい大人に成長してしまいましたよ。
困ったもんですね。全部「へいちゃん」のせいです。ええ。


ちなみに今から何年か前、散髪をした直後知人に、

「襟元が石坂浩二に似てるね」

と指摘されたことがありました。
おそらくここ十年で1、2を争うくらいに、リアクションに困りましたね。
もうどうしたらいいかわかんなかったです。
うれしくも悲しくもなかったんで。ええ。
第一、『石坂浩二の襟元』について、
意識して人生を送ったことがなかったもんでね。
ちょっと思い出しました。


というわけで、当時私がよく見ていたクイズ番組を最後に列挙したいと思います。
はい、もう終わりですよ、この記事は。閉店ですよ閉店。
「お客さん、終点だよ!」って芦川よしみも言ってますよ。
どうでもいいですけど、あのハイサワーのCMはいつまで使うんですか。
あのCMと、ひな人形の「わー、きれー」はいつまで使ってるんですか。
まぁいいですけどね。とにかく列挙しますよ。



『大橋巨泉の世界まるごとハウマッチ』
 これは好きでしたね。もうホールインワン賞が出た時なんか大興奮でしたよ。
 5人のパネラー席の4番目はいつも外人さんでしたね。
 チャック・ウィルソンとかケント・ギルバートとか。
 ニアピン賞とかロストボールとか、大橋巨泉の好みがモロに出てる構成も面白いです。
 あと、個人的に「借り」が好きでした。
 柔道の「合わせ技一本」みたいな感じですけど。
 「惜しいけどニアピンまではいかない」みたいな時に使われるんですけど、
 あの居酒屋感覚がたまらないです。
 ナレーションは小倉さんでしたね。
 今の『バリバリバリュー』と基本的に同じ内容です。
 この後の『世界まるごと2001年』も渋くいい番組でした。


『クイズダービー』
 また巨泉さんですけども。
 これも趣味に走ってますね。ええ。
 うまい構成ですよねぇ。この番組。
 解答者に優勝とかがないというのは画期的です。
 篠沢教授が、教授なのにあんまり当たらないとか、
 「っていうか篠沢教授って誰?」って感じで、
 子供ながらにかなり謎な人でした。


『世界一周双六ゲーム』
 これはたぶんABC製作のクイズですね。視聴者参加型でした。
 日曜7時くらいにやってました。
 世界地図を双六に見たてて、東京からどんどんいろんなところに行くんですけど。
 私は当時、地図が大好きな少年だったので、
 『クイズ+世界地図』なんて好きなものの融合でしたね。 
 『ハンバーグカレー』くらいのポテンシャルでした。ええ。
 世界一周双六の後半に待ち受けるアンラッキーなマス(都市)に止まると、
 いきなりスタートの東京に戻ってしまうという衝撃的な展開に、
 当時かなり恐怖を覚えてました。
 しかも2、3個固まってありましたからね、そのマス。あれはヒドイと思います。
 だいたい南米にありました。「南米=恐いところ」というイメージが勝手についてました。


『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』
 ちょっと上の3つとは時期がずれますけど、
 これはかなり好きでしたね。
 とにかく衝撃だったのは、この番組の第一回放送。
 フリーになりたてで真面目な印象しかなかった逸見さんが、
 いきなり、「さあ、みんなで考えよー!!」って叫んだ時。
 私もテレビで見ていて、「えー!」って思ってたんですけど、
 それとほぼ同時に2枠に座っていた野沢直子が、
 それを見て「なんだこりゃ」みたいなテイストで大爆笑してるのがすごく印象に残ってます。
 最後は悲しかったですけど、素晴らしいキャスティングでした。
 馬場さんが早押しの時、セット破壊したり。
 山城新伍がカンニングしたり。楽しかったです。


『TVプレイバック』『クイズ早くイってよ!』
 前者は欽ちゃんの番組で、後者は関根さんとなぜか田中美佐子がやってた番組です。
 まぁ番組自体にはそれほど印象は残ってないんですけど、
 個人的に思い出として、これらの番組が始まるたびに、
 「あーあ、これで日曜日も終わりか。明日から学校か。」
 などと思ってました。それだけですかね、思い出は。ええ。
 


そんな感じでね。
あら、思ったより長くなりましたね。やれやれ。
というか、「最後に」の後がやたら長かったですね。
なんか切るタイミングをなくした電話みたいになってしまいました。

「うん。うん。じゃあねー。うん。わかったー。
 うん。うん?あ、そうなの?ほんとー!?あ、そういえばこないだ私もさー・・・」


こんな感じに近かったですね。
まぁこんなもんですかね、人生。しょうがないです。
ではまた次回。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
スガさんのニューシングル発売決定しましたよ(ばーん)
と、uchi-a家の扉を勢い良く開こうと思ったら、記事が更新されててビックリ。
更にウルトラクイズ全盛期に育った人間なのでクイズの話に2度ビックリ、嬉しい限りです。
懐かしいなぁ・・・つかこの年になって世界一周双六ゲーム』の話題を
見るとは思わなかった、南米は恐ろしい事になってますね。
ウルトラクイズで地獄コースに選ばれるぐらい恐ろしいですね、ええ。
夏休みは「クイズハンター」見て、ゴールデンハンマーと叫んだ事とか、
「平成教育委員会」の初代司会が逸見さんとビートたけしだったなあとか、
TBSで番組改編期に5時間とか馬鹿みたいに長く放送してる生放送クイズ(司会が島田紳助と島崎和歌子)が、一時間の視聴者参加型番組で、
鈴木史郎さんが出てたなぁとか、
取りとめも無く思い出しました。
以上、長文失礼しました。
住人A
2008/02/26 23:41
クイズ番組と言えば「アップダウンクイズ」と「クイズグランプリ」ですねぇ 私にとっては・・・
兄の担任の先生が「アップダウンクイズ」に出場したのですが、何も答える事が出来ずに過ぎて行き、このままでは一言も発することなく番組終わってしまうと焦ったんでしょう、最終問題「世界で一番長い川は?」でヤケクソの早押し、
「ハドソン川っ!」
と絶叫なさいまして、ええ。
以来先生は、「ハドソンK林」と呼ばれる様になりましたよ、当然。
ちなみにセンセの担当教科は地理と体育でした。

「クイズグランプリ」は、15分のオビ番組という(以下略)

2008/02/27 03:49
住人Aさん、最近全然更新してなかったのに、
懲りずに来てくれてありがとうございます!
シカオさん出しますね、5月ですけど(笑)
ようやく1/3000ピースも入るようで…。

ウルトラクイズも書こうかなぁと思いましたけど、
私としては、もう少し落ち着いたクイズ番組が好きだったので、
このへんをチョイスしてみました。
世界一周、ご存知でしたか(笑)
南米はおそろしいです。カラカスとか。
紫色のイメージしかなかったですからね。

クイズハンター!あー書けばよかった。
毎日やってたんですからね、あんな番組。
こないだネットのどこかでアップされてて見てみました。
すんごい懐かしかったです。問題の読み方とか。
あと最後のハンターチャンスの前の獲得商品紹介のところの、
ナレーション「○○館5名様宿泊券。」
アシスタント「(小声で早口に)12万。」
とテンポよく紹介するところとか好きです。マニアックですけどね。

その1時間番組は、「当たって25%」でしょうか?
私は子供の頃、すごい島崎和歌子が好きでした(笑)
uchi-a
2008/02/27 13:17
銀さん、コメントどうもです!
お、そのへんは私が見ていた頃と比べて、
一世代上から知れませんね。
クイズグランプリはさすがに見たことないです。
存在は知ってますけど。「○○の10」の発祥というか・・・。
アップダウンクイズはギリギリでしたね。

しかしすばらしい先生ですね。地理ですか。
また問題も問題ですし、神が降りてきた感じですね。
相当追い詰められていたのでしょう。

私はあとタイムショックと100人と、
ひらめきパスワードとかでしょうか(笑)
uchi-a
2008/02/27 13:26
こんばんは。
僕もクイズ番組を語ると熱くなる性質なのですが、双六ゲームは好きでしたね。1マス目のソウルに止まれば、次に1を出すと29のモスクワまで飛んでいける「オーロラルート」とかありましたね。今思えばソウルでオーロラはないかな、て感じですが。
なお僕のイメージでは「ガックリ都市=ホーン岬」です。
ウルトラクイズは予選に出たくらいのファンですが、これを記事に書くとクイズ関係のスパムがまあまあ来ることをお伝えしておきます(笑)。
パスカ
2008/02/29 00:53
久方ぶりにカキコします。
私もクイズはよく観る方でして、「Qさま!」もよく観てたりしてます。
プレッシャースタディも面白いですが、深夜枠の頃のプレゼンクイズも
大いに観ていて楽しんでいた事を、つい思い出した次第です(バカバカしい
のが多く、ソレが良かったです)。
倉田天丼
2008/03/01 16:33
パスカさん、どうもです!
ずいぶんお返事遅れてしまい申し訳ないです・・・。
オーロラは、なぜオーロラなんでしょうね。
しかし夢のあるボーナスでした。
ホーン岬は世界のはじっこという感じで、
かなり恐いイメージが子供ながらにありました。
ウルトラクイズ…ひとまず記事にする予定はまだないです(笑)
uchi-a
2008/03/19 21:18
倉田天丼さん、いつもどうもです(笑)
Qさまメンバーはどうなるんでしょうね。
ずいぶんおもいきって企画変更したもんです・・・。
個人的にプール飛び込みはあまり好きではない企画でした。
アンタッチャブルのヤンキーのクイズがちょっと好きでした。
uchi-a
2008/03/19 21:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クイズ番組。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる