uchi-aぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS スポーツ、遅ればせながら小予想。

<<   作成日時 : 2008/04/17 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像毎年このブログでは、私の愛するスポーツに関して、
その動向をいろいろ予想していました。
しかし、いつもそれぞれのスポーツが開幕する、
3月初めくらいにそれを書いていたにもかかわらず、
今年はなかなか書く時間がないまま、
ずっと放置してしまいました。
そして気づいたら・・・もう桜も散りましたよ
もう街はすっかり、五月人形の話で持ちきりの季節。


「あの五月人形がいい」「いや、この五月人形がいい」
「いやいや、こっちの人形のこの不敵な表情の方がいいよ。
「いやいやいや、あっちの人形の口角の角度こそ、究極の五月人形だよ」
「いやいやいやいや、そっちの人形の豪快なもみ上げの方が、・・・」



などと、世の富裕層の方々は大盛り上がりの季節かと思いますが、
あえてやらさせていただきます。
もはや何の説得力もないかと思いますが。



『2008年・スポーツ小予想』


『大予想』なんて、おこがましい言葉はもう使えませんよ。
小です。小予想です。
ちなみに全然関係ないですけど、
私はよく面白ワードとして、
『小パニック』という言葉を使います。
同時に『中パニック』という言葉も使います。
みなさんもぜひ、職場などでお使いください。


「もー!なんだか中パニック!」


さて、昨年の記事はこちら
こう見ると、昨年の予想で当たっているのは、
野球は微妙に間違ってますし、
F1もコンストラクターズ(チーム)チャンピオンは当ててますが、
マクラーレンのハミルトンの活躍はまったくノーケアでした。
競馬では、昨年の皐月賞に関して、
「一番強いと思うヴィクトリー・・・」という言葉に光を感じますが、
結果的にグダグダ予想ということで、



正解は、『把瑠都、十両優勝』のみでした。



ということで、あまり今年も期待できそうにないコーナーですが、
今年もめげずにやってみたいと思います。



【野球】
もう開幕してしばらくたっていますので、
競馬で考えれば、スタートして1コーナーに入ろうかというところで、
馬券を買うようなもんなので、
この予想はあんまり意味がないかもしれませんし、
その上今年もバリバリ、クライマックスシリーズなんてものがあるので、
これまた無意味な予想となってしまうかもしれませんが、
ひとまずやってみたいと思います。


まずはセ・リーグ。リーグ戦の予想はこちら。

1位・中日
2位・阪神
3位・巨人
4位・横浜
5位・ヤクルト
6位・広島



こんな感じでしょうかね。
普通ですね。誰もが考えつく予想ですね。
中日は今年も負けないでしょうねぇ。
開幕早々、川上が離脱しましたが、
それでもいいピッチャーがたくさんいますし、
昨年の日本シリーズで好投した山井が中継ぎで出てくるようなチームですから、
戦力面では一番安定しています。
なにより勝ち方、勝負どころをみんなわかっているのが強み。
まず崩れないでしょう。


2位は阪神ですが、正直「くりあがって」というところ。
本来は巨人で行こうと思っていましたが、
最近の試合からすると、やっぱりチームがバラバラな感じは否めません。
もうチームとして成立しているのかが疑問です。
さっき集まってきたような雰囲気がプンプンするので、
シーズンが進んでいけばだいぶまとまってくるんでしょうけど、
それでもベースがそんな感じだと、
やっはり中日・阪神の結束力には勝てないかなぁと思います。
ラミレスはこれから尻上がりに上がってくるでしょうが、
イ・スンヨプは今年は悪い意味で危険だと思いますし、
阿部・二岡・高橋あたりも例年同様故障が心配。
坂本は良い選手ですが、
10代の若者に巨人の屋台骨を背負わせるのは酷です。
グライシンガーも昨年ほど活躍できるとは思っていないので、
選手層の薄さを考えて3位にしてみました。


阪神は目下絶好調で開幕ダッシュ中ですが、
正直阪神ファンの私としては、「いつか止まるでしょうな」という気持ちでいっぱいです。
昨年9月の歓喜と悪夢を知ってる立場としたら。
ただ新戦力が増えた打撃面は評価できます。
もともといいピッチャーはいるチームなので、
打力があがれば、自動的に勝ち星は増えると思います。
新井、そして平野!いいトレードをしました。
絶対オリックスは騙されてると思います。
この平野がやってくれれば、
阪神の得点力はグイグイあがることでしょう。
フォードは、5月真ん中くらいまで頑張ってくれれば満足です。
あとは桜井がなんとかしてくることでしょう。
やっぱり選手層で言えば、巨人より阪神が上じゃないですかねぇ。


ちなみに最近は、桧山が狂ったように打っているので、
個人的にちょっとテンション上がっています。
明日神宮のチケット買いました。
でも雨です。なんとかしてください。


横浜は相変わらずの左投手不足。
個人的に文星芸大付属から来たルーキーの佐藤に期待しています。
ヤクルトの佐藤由規よりいいピッチャーだと思うんですがね。
あと6チャンネルの野球中継で、
腹立つくらいにドラマ・『ルーキーズ』の宣伝をしていますが、
あれは決定的に逆効果だと思います。腹立たしいだけです。
野球ファン全員を敵に回していると思います。
ヤクルトは現在まずまず好調ですが、
やっぱりこちらもピッチャーが絶対的ではないです。
韓国から林という、素晴らしい抑えが加わりまして、
勝ちパターンに持ち込めば強そうですが、
同点で7回・8回とかになると、なかなか厳しい采配を強いられそうです。
上位に進出するには、このへんの力が問われてきそうな気がします。
広島は・・・、頑張って欲しいです。
阪神ファンとして、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。ええ。


続いてパ・リーグですが、こちらは難しいです。
どうなってもおかしくないです。
予想はこちら。


1位・ロッテ
2位・ソフトバンク
3位・楽天
4位・日本ハム
5位・西武
6位・オリックス



最下位以外はかなり悩みました。
オリックスはなんというか、パワプロうまい人がプレイしたら、
すごい勝つんじゃないでしょうかね。パワプロの世界ならばですけど。
でも話は現実ですからね。ええ。


1位ロッテは、単純に投手力です。
やっぱり戦力は安定している気がします。
2位ソフトバンクは、今年は投手陣でケガ人が多いですし、
打撃陣も巨人同様、一年間フルは期待できないメンバーなので、
今年はあまり期待できない気がします。
そして3位は・・・、現在急上昇・急降下を繰り返す楽天。
福盛が抜けた穴が本当にシーズン前から心配で、
その不安がいきなり開幕2連戦で的中してしまったのですが、
それから新ストッパー・ドミンゴをすぐさま配置転換して、
だいぶ安定した試合運びになってきました。
先発の力はパ・6球団で一番かもしれませんね。
ただ、やっぱり不安は中継ぎです。接戦で勝てるかどうか。
中継ぎさえ揃っていたら、優勝候補にしていたかもしれません。


日本ハムは昨年の記事で、「燃え尽きた」と表現した結果、
あっさり再点火してリーグ連覇。
今年もあまり戦力的には強いように思えないんですが、
終わってみると、「結局日ハムか」みたいなことになりそうな気もします。
ただ、いろいろ戦力分析すると、
やっぱりちょっと落ちると思うんですけどね。不思議なチームです。
まぁダルビッシュがいますからね。サエビッシュがいますから。
クライマックスシリーズまで行ったら強いでしょう。
目下好調の西武は、やっぱり一年間を考えるとどうなんでしょう。
結構下位予想している解説者も多いようですが、
確かに乗っている時は強そうですけど、
なんか落ちる時は、ドドッと落ちそうな気配もします。
やっぱりチームがちょっと若い気はしますね。


そんな感じで結論は、

セリーグ・・・中日
パリーグ・・・ロッテ


これで行きます。


【F1】
こちらも開幕3戦が終わりまして、
いろいろ結果が出てますが、
やっぱり今年はフェラーリが1つ抜け出していて、
そのままライコネンがチャンピオンになって、
フェラーリがチャンピオンになって、また来年という感じじゃないでしょうかね。
ライバル・マクラーレンに比べると、
やっぱり安定した速さを持っていますし、
マッサも時々凡ミスがありますが速いですからね。
マクラーレンのハミルトン・コバライネンコンビより、
結果は出してくるんじゃないでしょうかね。


でも今年のF1の見所はむしろ、このトップ2の下、
3番目のチームがどこになるか、
これが各メディアでも『開幕前の注目点』として扱われてました。
私の開幕前の予想では、希望的観測も含めて、
ウィリアムズ・トヨタにがんばってほしかったんですが、
やっぱり始まってみると、昨年2位(実際は3位)のザウバー・BMWが、
昨年同様順当に上がってきましたね。
しかも昨年より、マクラーレンとの差が縮まっている印象。
こうなったらやっつけて欲しいですね。上位2チームを。
前回のクビサのポール獲得はなかなかセンセーショナルでした。
まだ決勝での速さは差がありそうですが、
マクラーレン次第では、フェラーリの対抗馬になってきそうです。


スーパーアグリ・ホンダは、今年はひょっとして、
スーパーアグリとしての最後の年になるかもと思っていたら、
どうやらこのままだと、次のスペインにも参加できないかもしれなくなってきました。
琢磨がかわいそうです。和久井映見に『琢磨がかわいそう』という曲を歌ってほしいです。
わかる人にはわかっていただけるギャグかと思います。
本家ホンダは、昨年よりかはマシですが、
すっかりアッパーミドルクラスになってしまいました。
トヨタの方が今年もホンダより上ですが、
毎回入賞圏争いというところでしょうか。
レッドブルもイマイチですし・・・。
フェラーリ・マクラーレン・ザウバーBMWの下で、今トップにいるのは、
ウィリアムズのロズベルグとルノーのアロンソということになるでしょう。
ロズベルグの一発の速さ、アロンソの粘り強い走り。
両チームともチームメイトが新人2世ドライバーで、
まだF1の世界で苦しんでいる感じですから、
これからはこの2人に注目して中継を見ていこうかなと思います。


ドライバーズチャンピオン・・・ライコネン
コンストラクターズチャンピオン・・・フェラーリ



【競馬】
競馬・・・、なんか昨年あたりからもうわけわかんなくて、
若干馬券を買うのが恐くなってきてますが、
めげずに頑張りたいと思います。
ちょっと今の競馬は、一昔前に比べて、
レベルが下がっている感じはしますね。
粒揃いというよりも、飛びぬけた馬が出てこないという感じ。
その中でも最近強いと思うのは、ダイワスカーレットと、
有馬記念を勝ったマツリダゴッホでしょう。
マツリダゴッホは香港のG1に挑戦しますが、期待できそうです。
そしてダイワスカーレットは、今のところヴィクトリアマイルで、
ライバル・ウオッカと対決ということになりそうですが、
ちょっと今の力関係だと、ダイワがひとつふたつ抜け出した気がしますね。
これから世界を目指すに当たって、いいレースを期待したいです。


そんな感じで、国内のG1戦線を考えますと、
もうどのレースも混戦でグチャグチャです。
こないだ桜花賞がありましたが、もうムチャクチャでした。
そして今週は皐月賞・・・、おそらくムチャクチャでしょう。
例えるなら、朝青龍と白鵬がいなくなった大相撲みたいに考えていただきたいです。
もうどうなるのかさっぱりわかりません。


一応皐月賞の馬券としては、マイネルチャールズを買うことになると思います。
中山2000メートルで安定してますからね。
こんなに中山2000ばかり走っている馬も珍しいです。
皐月賞を勝つことしか考えていないようなローテーションですので、
やっぱり最上位に考えるべきでしょう。
ただレース内容は、毎回勝ってはいるものの毎回迫力不足ではあります。


人気が出そうな武豊・ブラックシェルも、まだまだレースが下手。
届かない可能性の方が高い気がします。
そして欲をかいて早めに勝負をかけても、また良くないでしょう。
であれば、ショウナンアルバが、気性難はあるものの、
前半から飛ばして先行逃げ込みを図れば、
私は一番魅力的な気がします。
ただ今日枠順が発表されまして、
なんとショウナンアルバは、めでたく大外枠ということで。
んー、どうなんでしょう。昔サニーブライアンの逃げ切りもありましたけど。
やっぱりマイネルが一番計算できそうです。


さて、今後のG1の予想ですが、
天皇賞・春は復帰戦の内容が良かったアサクサキングスで、
かなり自信を持っています。
ポップロックは、やっぱり相手なりにのタイプな気がするし、
今のこの馬には3200メートルは長そうですし。
「天皇賞はやはり菊花賞馬」という格言に素直に従いたいですね。
あともう一頭注目なのは、出走してくればホクトスルタン。
親子4代天皇賞制覇がかかっています。


NHKマイルカップは、トライアルで不利がありつつ3着のアサクサダンディと、
毎日杯で強かったディープスカイの1点で行こうと企んでます。
これも結構自信があります。
ヴィクトリアマイルはダイワ・ウオッカの大本線から3連単でしょうか。
オークス・ダービーは・・・、予想を放棄したいと思います。
わかるわけないです。


皐月賞・・・マイネルチャールズ
天皇賞・・・アサクサキングス
NHKマイルカップ・・・アサクサダンディとディープスカイ
ヴィクトリアマイル・・・ダイワスカーレット
オークス・ダービー・・・試合放棄




そんな感じでお送りしてきました小予想ですが、
まぁいくら予想しても、もう4月ですから、
なんの効力もない気がしますね。ええ。
にもかかわらず、こんなにダラダラと書いてやりましたよ。
完全に自己満足ですから。ええ。
でも、「それがブログじゃん?」「それがブログやん?」って気がしてます。
「そんなブログって、ええやん?ステキやん?」そんな感じです。


そして最後にもうひとつ、自信のある予想をしてみたいと思います。
それは、これです。


把瑠都、休場。


どうなりますかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
スポーツ、遅ればせながら小予想。 uchi-aぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる